Skip to main content

イブリン

苦悶の抱擁

悪魔イブリンは美しく偽る。妖艶な女の姿で獲物を誘い出し、虜となった犠牲者に筆舌に尽くしがたい苦痛を与え、イブリンの快楽の糧とする。しかしその苦悶の抱擁に、人間は余りにも早く果ててしまう。一度きりのダンスでは、ほんの少しの快楽しか味わえない——ゆえに、イブリンはすぐに新たな獲物を探し始める。束の間の快楽の余韻が消えてしまう前に…。

スキル

固有

妖魔の影

非戦闘状態が数秒間続くと自身を妖魔の影で包む。発動中に体力が低下していると素早く回復する。レベル6以降は妖魔の影でカモフラージュ能力も獲得するようになり、敵チャンピオン、コントロールワード、タワーに近づかない限り敵の視界に映らなくなる。

Q

ヘイトスパイク

ヘイトスパイク - 指定方向に鞭を放ち、最初に当たった敵ユニットにダメージを与える。鞭が命中した対象は、イブリンから次に受ける3発のスキルまたは通常攻撃で追加ダメージを受ける。命中した対象が中立モンスターの場合は、ヘイトスパイクのクールダウンが大きく短縮される。ヘイトスパイクは最初に発動したあと最大3回まで再発動することが可能で、その際はもっとも近くにいる敵ユニットを貫通するトゲを一直線に放ち、トゲが当たった敵ユニットすべてにダメージを与える。ヘイトスパイクは自身が攻撃している敵ユニットを優先して攻撃する。

W

ラストダスト

対象の敵チャンピオンまたは中立モンスターに短時間呪いをかけ、一瞬だけイブリンの位置が対象の視界に映る。呪われた対象を通常攻撃かスキルで攻撃すると呪いが解かれ、 ラストダスト のマナコストが還元されて対象に大きなスロウ効果を与える。
呪いが数秒間持続した場合は対象にチャーム効果を与える。対象がチャンピオンの場合は魔法防御を数秒間低下させ、中立モンスターの場合はチャームの効果時間が増加して追加ダメージを与える。
ラストダストを使用しても妖魔の影のカモフラージュは解除されない。

E

ウィップラッシュ&強化ウィップラッシュ

ウィップラッシュ - 対象を鞭で貫いて最大体力の一定割合に応じたダメージを与える。また、このスキルには通常攻撃時効果が適用される。その後、少しの間だけ移動速度が大きく増加する。

妖魔の影に包まれると、次に行う ウィップラッシュ強化ウィップラッシュに変わる。
強化ウィップラッシュ -鞭で貫く前に対象に向かって自分の体を引き寄せ、ウィップラッシュの効果を対象とその周囲すべてに与える。

R

ウィドウメイカー

悪魔の力を解き放つ。対象指定されなくなり、自身の正面にいる敵すべてに大ダメージを与えてから後方に跳ぶ。また、体力の低下した敵には追加ダメージを与える。

スキル

固有スキル:妖魔の影

非戦闘状態が数秒間続くと自身を妖魔の影で包む。発動中に体力が低下していると素早く回復する。レベル6以降は妖魔の影でカモフラージュ能力も獲得するようになり、敵チャンピオン、コントロールワード、タワーに近づかない限り敵の視界に映らなくなる。

Q:ヘイトスパイク

ヘイトスパイク - 指定方向に鞭を放ち、最初に当たった敵ユニットにダメージを与える。鞭が命中した対象は、イブリンから次に受ける3発のスキルまたは通常攻撃で追加ダメージを受ける。命中した対象が中立モンスターの場合は、ヘイトスパイクのクールダウンが大きく短縮される。ヘイトスパイクは最初に発動したあと最大3回まで再発動することが可能で、その際はもっとも近くにいる敵ユニットを貫通するトゲを一直線に放ち、トゲが当たった敵ユニットすべてにダメージを与える。ヘイトスパイクは自身が攻撃している敵ユニットを優先して攻撃する。

W:ラストダスト

対象の敵チャンピオンまたは中立モンスターに短時間呪いをかけ、一瞬だけイブリンの位置が対象の視界に映る。呪われた対象を通常攻撃かスキルで攻撃すると呪いが解かれ、 ラストダスト のマナコストが還元されて対象に大きなスロウ効果を与える。
呪いが数秒間持続した場合は対象にチャーム効果を与える。対象がチャンピオンの場合は魔法防御を数秒間低下させ、中立モンスターの場合はチャームの効果時間が増加して追加ダメージを与える。
ラストダストを使用しても妖魔の影のカモフラージュは解除されない。

E:ウィップラッシュ&強化ウィップラッシュ

ウィップラッシュ - 対象を鞭で貫いて最大体力の一定割合に応じたダメージを与える。また、このスキルには通常攻撃時効果が適用される。その後、少しの間だけ移動速度が大きく増加する。

妖魔の影に包まれると、次に行う ウィップラッシュ強化ウィップラッシュに変わる。
強化ウィップラッシュ -鞭で貫く前に対象に向かって自分の体を引き寄せ、ウィップラッシュの効果を対象とその周囲すべてに与える。

R:ウィドウメイカー

悪魔の力を解き放つ。対象指定されなくなり、自身の正面にいる敵すべてに大ダメージを与えてから後方に跳ぶ。また、体力の低下した敵には追加ダメージを与える。

イブリンの戦術

対戦相手にとって、イブリンはまさに悪夢のような存在だ。狙った獲物にラストダストを使ってやれば彼らは狙われていることに気付くだろう。ただし——イブリンの位置は一瞬しか分からない。その後の時間は狙われた獲物にとってすさまじい精神的苦痛となるだろう。

一度姿を現したら、狩りを愉しむための時間はあまり長くはない。ヘイトスパイクの瞬間火力でダメージを与えてから強化ウィップラッシュでさらに敵を追い詰め、十分に敵の苦悶を味わったらウィドウメイカーで再び影の中へと姿を隠そう。

“苦しめた分は残さず味わうわ。最後の一滴まで”
- イブリン

ヒント&トリック

カモフラージュを試合開始直後から使えなくなったため、序盤のレーンに対する脅威は低下している。ただし、ウィドウメイカーが使えるようになれば対象指定されなくなることから、レベル6でのタワーダイブは最高クラスの脅威となるだろう。

ラストダストでチャーム効果を与えれば、魔法防御を低下させられる。味方に魔法ダメージを与える手段を持ち、かつイブリンに続いて攻撃できるチャンピオンが多くいるなら、彼女をピックするのは非常に効果的だ。

ジャングルの中立モンスターをクリアする時はQの使い方に注意が必要だ。ヘイトスパイクの初撃はしっかりと一番大きな中立モンスターに当てて、その後の再発動で追加ダメージを与えよう。リワーク前と同様に、小さな中立モンスターが直線状に並ぶように動いてまとめて攻撃しよう。

その他

“痛みがあって初めて喜びがあるのよ?”
- イブリン
“痛みがあって初めて喜びがあるのよ?”
- イブリン

その他