Skip to main content

ケイン

無情の影

恐るべき影の魔術の卓越した使い手であるシエダ・ケイン。彼は己の真の運命――いつの日か自分が「影の一団」を率い、アイオニアが覇権を握る新時代を拓く、という未来のために戦っている。彼が手にする、自我を持つダーキンの武器「ラースト」はケインの心身を着実に侵しつつあるが、彼がそれを気に留める様子はない。あり得る結末はただ二つ――ケインが強い意志で武器をねじ伏せるか、邪悪な武器に完全に乗っ取られ、ルーンテラを滅亡の道へと誘う扉を開くかだ。

スキル

固有

緋眼の大鎌

ケインが用いる古代の武器には、ダーキンであるラーストが宿っており、二人は常に互いの支配権をかけて争っている。そして毎試合、どちらかが相手に取り込まれる運命にあるのだ。ケインは遠隔攻撃を行う敵を狩ることで影の技に磨きをかけ、ラーストは近接攻撃の敵に血みどろの白兵戦を仕掛けることで渇きを満たす。この闘争にケインが勝てば彼は大成して影の暗殺者へと変身を遂げ、ラーストが勝てばケインはダーキンに取り込まれ、主導権を奪われてしまう。
影の暗殺者: 敵チャンピオンと交戦時、最初の数秒間だけ追加魔法ダメージを与える。
ダーキン: 敵チャンピオンにスキルで与えたダメージの一定割合分、体力を回復する。

Q

飛影斬

前方にダッシュして、ダッシュ終了時に周囲の敵ユニットを斬りつける。ダッシュと斬りつけの両方が物理ダメージを与える。飛影斬は中立モンスターに対して追加ダメージを与える。
ダーキン:ミニオン以外のあらゆる敵ユニットに対して対象の体力の一定割合の追加ダメージを与える。

W

刃影襲

直線上のすべての敵ユニットにダメージを与えて、移動速度を大きく低下させる。
影の暗殺者:自身の代わりに刃影襲を発動する影分身を残す。影分身の刃影襲は射程が増加する。
ダーキン:少しの間だけ敵ユニットをノックアップする。

E

影抜き

移動速度が一時的に増加して、壁をすり抜けられるようになる。最初に壁をすり抜けた際に少量の体力を回復し、影抜きの効果時間が大きく増加する。ただし、敵チャンピオンと交戦中は効果時間が増加しない。
影の暗殺者:発動時の移動速度がさらに増加して、スロウ効果を受けなくなる。

R

真影侵壊

直前にダメージを与えていた付近の敵チャンピオンの体に侵入できるようになる。敵チャンピオンに 侵入すると、数秒間、自身が対象指定されなくなる。その後、侵入した対象の体から自身を引きはがし、大ダメージを与える。侵入中にこのスキルをもう一度発動すると、効果が早めに終了する。
影の暗殺者:真影侵壊の射程が伸び、さらにケインが対象から出てきた時に緋眼の大鎌の追加魔法ダメージ効果をリセットする。
ダーキン:真影侵壊は対象の最大体力の一定割合を追加ダメージとして与え、ダーキンを回復する。

スキル

固有スキル:緋眼の大鎌

ケインが用いる古代の武器には、ダーキンであるラーストが宿っており、二人は常に互いの支配権をかけて争っている。そして毎試合、どちらかが相手に取り込まれる運命にあるのだ。ケインは遠隔攻撃を行う敵を狩ることで影の技に磨きをかけ、ラーストは近接攻撃の敵に血みどろの白兵戦を仕掛けることで渇きを満たす。この闘争にケインが勝てば彼は大成して影の暗殺者へと変身を遂げ、ラーストが勝てばケインはダーキンに取り込まれ、主導権を奪われてしまう。
影の暗殺者:敵チャンピオンと交戦時、最初の数秒間だけ追加魔法ダメージを与える。
ダーキン:敵チャンピオンにスキルで与えたダメージの一定割合分、体力を回復する。

Q:飛影斬

前方にダッシュして、ダッシュ終了時に周囲の敵ユニットを斬りつける。ダッシュと斬りつけの両方が物理ダメージを与える。飛影斬は中立モンスターに対して追加ダメージを与える。
ダーキン:ミニオン以外のあらゆる敵ユニットに対して対象の体力の一定割合の追加ダメージを与える。

W:刃影襲

直線上のすべての敵ユニットにダメージを与えて、移動速度を大きく低下させる。
影の暗殺者:自身の代わりに刃影襲を発動する影分身を残す。影分身の刃影襲は射程が増加する。
ダーキン:少しの間だけ敵ユニットをノックアップする。

E:影抜き

移動速度が一時的に増加して、壁をすり抜けられるようになる。最初に壁をすり抜けた際に少量の体力を回復し、影抜きの効果時間が大きく増加する。ただし、敵チャンピオンと交戦中は効果時間が増加しない。
影の暗殺者:発動時の移動速度がさらに増加して、スロウ効果を受けなくなる。

真影侵壊

直前にダメージを与えていた付近の敵チャンピオンの体に侵入できるようになる。敵チャンピオンに 侵入すると、数秒間、自身が対象指定されなくなる。その後、侵入した対象の体から自身を引きはがし、大ダメージを与える。侵入中にこのスキルをもう一度発動すると、効果が早めに終了する。
影の暗殺者:真影侵壊の射程が伸び、さらにケインが対象から出てきた時に緋眼の大鎌の追加魔法ダメージ効果をリセットする。
ダーキン:真影侵壊は対象の最大体力の一定割合を追加ダメージとして与え、ダーキンを回復する。

ケインの戦術

ケインは狡猾で貪欲な悪夢のような存在であり、敵の体を、自身の目的を達するための乗り物程度にしか考えていない。この“無情の影”のアルティメットスキルはもちろん恐ろしいが、もっとも恐れるべきは、サモナーズリフトに存在するあらゆる壁から突然飛び出すことできるという点だ。

ケインは試合中にチャンピオンクラスを変更できるLoLで唯一のチャンピオンだ。敵チームに耐久力の低いキャリーが育っているなら、遠隔攻撃の敵を集中的に攻撃する影の暗殺者になればいい。味方チームがタンキーな前衛を必要としているなら、ダーキンのラーストがその役目を果たしてくれる。

“お前はただの道具、
武器はおれ自身だ”― ケイン

ヒント&トリック

ケインとラーストは「腹を空かせた少年」だと考えてほしい。レーンをギャンクして敵チャンピオンにダメージを与え、彼ら二人の飢えを満たしてやる必要があるのだ。変身するまでに時間がかかり過ぎれば、試合中盤の戦いに出遅れてしまう。

ケインの二つの進化形態には、それぞれに長所と短所がある。ダーキンの行動妨害スキルは予備動作が大きく、加えて敵の後衛に飛びつきにくい。一方の影の暗殺者は継続火力がとても低く、例えばスタンのような、敵を行動不能にする妨害スキルを持たない。敵のチーム構成をよく観察して、賢く選択しよう。

真影侵壊は一部の機動力の高いチャンピオンに対して面白い使い方が可能だ。敵チームのシェンがアルティメットスキルでボットレーンに向かうのを見かけたら、接近して侵入し、一緒に仲良く飛んでいこう。

“虚勢を張るなよ、
ザコが”― ラースト

その他