ラムスアーマージロ

「OK」

ラムス――謎に包まれたこの生き物を、聖なる存在と崇拝してやまない者は多い。一方で、ただの動物に過ぎないと見る者もいる。その素性は誰にも分からない。人々は棘の付いた甲羅を持つラムスについて様々な説を打ち立てる。ラムスの姿が確認された場所では、半神だ、いや神聖なる神の遣いだ、魔術で姿を変えられたただの獣だ、などと論争が巻き起こる。真実がどうであれラムスは沈黙を守り、独り砂漠を彷徨って、他者と関わろうとはしない。

ラムスを超越者と見る者もいる。人間と同じ世界に住む古代の神として、シュリーマに救いの手を差し伸べるというのだ。頑強な甲羅で身を固めた守護神は、助けを求める者の前に、文字通り、転がり出でる。迷信深い人々は、ラムスを変化の先触れと見る。その地で何か大きな変化が起こる時、ラムスが姿を現すという。また、ラムスは絶滅に瀕する種の最後の生き残りだと考える人々もいる。彼らは、ラムスがこの土地を彷徨っている時にルーン戦争が起き、魔術で分断された砂漠に取り残されたと語る。

巨大な力、魔術、彼を取り巻く謎など、ラムスに関する噂には限りがない。シュリーマの人々は、彼の素性を解き明かそうと躍起になっている。予言者や司祭、あるいは錯乱した狂人は、ラムスの住処を知っていると主張するが、アーマージロがどこに生息しているか、実際には判明していない。とはいえ、ラムスは人々の目に触れるより遥かに古くから存在していた。それは古代シュリーマの遺跡にある壁画の数々が証明している。壁にある砕けたモザイクに、ラムスの姿が描かれているのだ。超越の儀が始まった頃に造られたとされる巨大な石の記念碑にも、ラムスを象ったものがある。これぞ不死の半神である証拠だとラムスを崇める人々は言う。一方、その見方に懐疑的な人々は、ラムスはある種の生き物に過ぎない、とあっさり切り捨てる。

ラムスは、救うに値する巡礼者が助けを求める時に、その姿を現すと伝えられる。また、ラムスの恵みを受けた者は、大きな転機を迎えるとも――ある広大な王国の世継ぎは、激しい大火に巻き込まれたところをアーマージロに救われた。その後、世継ぎは即位を拒み、山羊を育てて暮らしたという。また、ある年老いた石工は、ある時ラムスと短くも深遠な会話を交わし、これに触発されて巨大な市場を建設した。そこは後に、たいそう賑わうナシュラメイの中心部へと発展した。

ラムスの導きは悟りの道を開く――ラムスに心酔する者たちは、神たるラムスの加護を受けんと、念入りな儀式を執り行う。揺るぎない忠誠を独特の儀式で示すのだ。彼らは年に一度、寄り集まって街の中で憑かれたように前転を繰り返す。いうまでもなく、かの有名な「ころころ」を模した動きだ。毎年、何千というシュリーマの民がラムスの姿を求め、危険を孕んだ砂漠の奥地へと入ってゆく――ラムスを見つけることができれば、ひとつだけ、叶えるに値する願いが聞き届けられる、とする教えを信じて。ラムスが甘味を好むと心得た巡礼者たちは、ラムスの恵みを受けようと、ラバに捧げ物を山と積む。甘い山羊の乳、蜜蠟で固めた蟻の巣を詰めた箱、蜂蜜を満たした壺――彼らの多くは砂漠の奥地から生還することはない。今ではラムスが半神であると考える者は少ないが、砂漠を旅する者たちは、目覚めると食料が全てなくなっていたという不思議な目に遭うことがある。

ラムスが真に神の遣いであるのか、超越者であるのか、ただの強靭な獣であるのかは定かではないが、ラムスが驚異的な耐久力を誇ることは広く知られている。ある時、ラムスは難攻不落と名高いサイラムの砦に入った。威風堂々とそびえ立つこの稜堡は、錯乱した魔術師が設計したとされる。その内部は、窺い知れない魔力が引き起こす恐怖に満ちていると囁かれていた。この世のものとは思えない異形の野獣、炎が巻き上がる通路、闇を司る悪魔に守られ、決して立ち入ることのできない地下道――しかしラムスが侵入してから一時間も経たないうちに、巨大な砦は崩壊し、もうもうと塵が渦巻いた。そこからラムスが猛スピードで回転しながら去っていくのが目撃されている。なぜラムスが暗黒の門を潜って砦に入って行ったのか、その理由を知る者はいない。もちろん、玄武岩でできた砦の壁の内側で、どのような秘密を見たのかも知る由はない。甚大な洪水があった年には、ラムスは広大なイマッリの湖をたった二日で渡り切った。そして何キロも地面を掘り、巨大な蟻塚を破壊して女王蟻を退治した。その巣から出でる娘蟻たちは、近くの農場に壊滅的な打撃を与えていたのだ。

ラムスが弱者を救う英雄として登場する逸話もある。シュリーマ北部の集落がノクサス軍の襲撃を受けた時、シュリーマの民は部族の違いを越え、一丸となって超越者の寺院の下にある領地を守ろうとした。しかし彼らは人数においても、戦闘技術においても侵略軍には遠く及ばず、敗北するのは誰の目にも明らかだった――ラムスが現れるまでは。ノクサス軍とシュリーマの民は、あの幻といわれる生き物を目にし、驚きのあまり動きを止めた。放心する彼らの合間を、ラムスは猛然と転がって行った。ラムスがそびえ建つ寺院を通り過ぎると、建物の土台が揺らぎ、巨大な石塊が落下して侵略者たちを押し潰した。一瞬のうちに戦力を喪失したノクサス軍は退却し、シュリーマの民は喜びに沸いた。ラムスは愛するシュリーマの集落を救ったのだと声高に語る者は多いが、ラムスがかの地を守ったのは、単に大好きなサボテンの花が咲くからだと言う者もいる。また、ラムスは単に寝ぼけて転がり出ただけで、寺院を破壊するつもりなど毛頭なかったと主張する者もひとりいる。

何れにせよ、ラムスの話はシュリーマの民の間で大切に語り継がれる。シュリーマに住む子供なら誰でも、ラムスの謂れを十以上は語ることができるだろう――うち半分は、その場で咄嗟にでっちあげた説であるとしても。伝説のアーマージロの逸話は、古代シュリーマが栄華を極めていく間に次々と増えていった。ところが、帝国が崩壊する間際には、ラムスが現れると暗黒の時代が訪れると囁かれるようになる。

しかし、弱者を助け美食を好むラムスが、果たして破滅の先触れになどなり得るのであろうか?隊商は北へ

隊商は北へ

オージャンはナイフを使って、堅い木材の縁を柔らかな曲線に削り取る。まだ八歳の彼は決して熟練した職人とは言えない。手の中にある木材はどこか丸みを帯びつつも、棘のある形を取り始めた。

姉のジャーマが寝台からのり出し、訝し気に顔を歪める。

「それ、何のつもり?ロクシャの糞でも作ってるの?」とジャーマは言った。「そんなもの、誰も買わないわよ」

「糞なわけないだろ。偉大な、凄まじい力を持つ神様だよ。立派な鎧を着てるだろ?それに、これは売り物にはしないよ。お守りだからね」

「ねえ、あたしたち、商人なのよ。あるものは、何だって売らなくちゃ」

隊商はカチャカチャと音をさせながら砂漠を進む。荷車には床から天井まで、香辛料の壜がぎっしり積み込まれている。隙間にある僅かな空間が家族の寝床だ。

「南から、何かが追ってくる!」御者台でオージャンの母親が叫んだ。鞭を振るう音が聞こえた。駱駝を走らせようとしている。

ジャーマは窓から顔を出し、宝物にしている飾りの付いた小さな望遠鏡を覗いた。

「クミロよ!矢を持ってこなくちゃ」とジャーマは言った。「あんたが持ってるロクシャの糞を狙ってるんだわ」

オージャンも窓の外を見た。犬ほどもの大きさがある甲虫が何百匹も群れ、追いかけてくる。

ジャーマが、弓と矢筒に入った色とりどりの矢を持ってきた。矢を放つと、一匹に命中した。しかし、大群はたじろぐことなく追いかけてくる。

「矢は何本あるの?」オージャンが訊いた。

「四十本くらい」とジャーマが矢筒を見て答える。とてもじゃないが足りない。

前方から母親の声が聞こえてくる。「振り切るよ。つかまっときな!」

再び鞭がしなり、荷車が大きく揺れて、オージャンは床に振り落とされた。

ジャーマがまた矢を放つ。今度は二匹まとめて仕留めた。しかし、すぐ他の奴がその場を埋める。

「あれ使いな!左の棚にある!」母親が叫ぶ。

オージャンは身をかがめて荷車の奥に分け入り、ランプ油と丸めた布を持って出てきた。油に布を浸し、矢尻に巻き付ける。火を点けて、慎重にジャーマに渡す。ジャーマが火の点いた矢をクミロの群れに放つ。クミロは炎に包まれ、甲高い鳴き声を上げた。オージャンはほくそ笑んだ。

姉弟は炎の矢で群れを攻撃した。オージャンが矢に火を点けるや否や、ジャーマが放つ。クミロが燃える匂いが漂う。荷車はスピードを上げ、クミロを引き離す。あと少しで振り切れる。

しかし次の瞬間、オージャンは寒気を覚えた。クミロがギラギラ光る翅を広げ、空に浮かび上がったのだ。それは真黒な雲のように見えた。

頭上でクミロが荷車にドスンとぶつかる音を聞き、オージャンはたじろいだ。更にもう一匹。羽板が甲虫の重みと衝撃できしむ。

「しっかりつかまって!」外から母親が叫ぶ。荷車は左に鋭いカーブを切った。甲虫が屋根から振り落とされる。だが、再び頭上で何か引っ掻くような嫌な音がした。また乗ってきやがった。

天井の梁を鋏が突き破り、巨大な虫が荷車の中に転がり落ちてきた。ジャーマがダガーを抜き、甲虫に突き立てた。しかし頑強な背甲を貫くことができない。オージャンを背後に押しやると、ジャーマは刃を振りかざした。追い詰められ、必死に構える。

破れた天井から更にクミロが入ってきた。口を開け、鋏をカチャカチャいわせて威嚇している。オージャンは寝台の下に飛び込んだ。鋏で捕まれそうになるたび、死に物狂いで甲虫を蹴とばす。彼はポケットから丸い木彫りを取り出した。

「ラムス、お願いだ、ぼくの言うことをきいて」彼は囁いた。「助けて!」

甲虫が屋根に落ちてくるたび、荷車の揺れが激しくなる。荒海を進む船のように、前後に大きく揺れたかと思うと、急に、世界が横に傾く。荷車は完全にバランスを失い、砂の上で横滑りした。

オージャンは降ってくる物からかばうように頭を抱えた。埃が舞い、視界が奪われる。体が壁に叩き付けられる。耳鳴りがし、荷車が方向を変えるたびに頭がずきずき痛んだ。一瞬の静けさの後、オージャンは腕が引っ張られるのを感じた。母親が瓦礫から彼を引きずり出そうとしていた。光が眩しい。

親子は荷車の瓦礫の中で身を寄せ合い、クミロが飛び回って立てる埃にむせて咳き込んだ。甲虫がにじり寄ってくる。母親が、パクパクと開く甲虫の顎を一突きした。更に一匹、ジャーマに噛みつこうと這い上ってきたクミロを串刺しにする。むかつくような臭いを放ち、黄色いはらわたが砂に飛び散った。三匹目のクミロが荷車の上から飛び降り、三人の背後に着地する。鋏で足を挟まれ、ジャーマが悲鳴を上げる。

不意にクミロが動かなくなり、攻撃を止めた。前のめりになり、触角がだらりと垂れる。静寂の中で、オージャンは遠くで何かがブンブンと回っている音を耳にした。西の地平を見やると、激しく砂塵を巻き上げながら近づいて来る物が見える。親子は武器を構え、新たな襲撃者に備えた。

棘の付いた球体が、巻き上がる砂から突進してきた。近くにいた甲虫に激しくぶつかると、甲虫は一溜りもなくドロドロに潰れた。

球体は猛スピードで転がり続け、甲虫を片っ端から潰していく。甲虫は鋭い鋏を振りかざして威嚇するが、球体の勢いは止まらない。瞬く間にクミロは一匹残らずいなくなった。

舞い上がる砂塵が収まってくると、球体から甲羅の棘が突き出ているのが見えた。

「あれは......」ジャーマが言う。

「ラムスだ!」オージャンは叫び、お礼を述べようと丘を駆け下りた。

ラムスの甲羅は螺旋状の鱗が複雑な模様を描き、爪は刃物のように鋭かった。ラムスはゆっくりと毛で覆われた甲虫の脚を噛みちぎった。体液が口の端から零れる。

姉弟はただ唖然として見つめていた。

母親がアーマージロに近づき、深々とお辞儀をした。

「助けてくださってありがとう。感謝します」

親子が見つめる前で、ラムスが甲虫の足をバリバリと噛み砕く。そのまま数分が経過した。

ラムスは壊れた荷車に転がって行き、瓦礫を引っ掻きまわした。そして再び姿を現したときには、オージャンが彫ったアーマージロを手にしていた。そっくりとは言い難いが、ラムスを象っていることは分かる。

「ありがとう」オージャンは言った。「よかったら、あげるよ」

ラムスは跪き、木彫りに噛みついて真っ二つに割った。そして背を向けて数歩歩き出すと、口の中の木屑をペッと吐き出した。ジャーマが笑いを押し殺す。

「ウーン...」とラムスは唸り、

別の甲虫の脚をもぎ取ると、それを引き摺りながら砂漠を転がって行った。

三人はラムスが遠く地平線に消えるまで見送った。

オージャンはラムスがいた場所に走って行き、割れた木彫りを拾った。ポケットにしまいこむと、お辞儀をする。

「お守りだからね」