最新のチャンピオンプレビューニュース

無情の影 ケイン

彼がもたらすのは死のささやきか、それとも阿鼻叫喚か…?
1 week ago

チャンピオン開発エピソード:伝説の巨像、ガリオ

現実世界のガーゴイルは、要は見た目の凝った排水口ですが、もちろん我らがガリオは排水口ではありません――彼は、魔法使いたちをコテンパンにする動く彫像です。私たちはデマーシアの物語の中で彼が担う役割の重要性をさらに高めたいと考えましたが、そのためには彼をもっと大きくする必要がありました。
4 months ago

チャンピオン開発エピソード:カミール、スチールシャドウ

巨大な刃の脚を持つ貴婦人――文字だけでも強さが伝わりますよね。カミールはコンセプトアートの時点ですでに、かなり「ヤバい」チャンピオンでした。しかし、彼女を実際にキャラクターにするには、とある疑問に答えねばなりませんでした——自分の両脚をヘクステック式の刃に置き換えてしまう人間とは、いったいどのような人物なのか?
7 months ago

開発者ブログ:アイバーンのアニメーション

Lingyun "LukeHop" Huが最新チャンピオン「アイバーン」と、彼の個性を表現するためにアニメーションというツールをどのように活用したのかお話しします。
9 months ago

チャンピオン開発エピソード:すごくいいヤツ、アイバーン

リーグ・オブ・レジェンドでは誰もが誰かを倒そうとしています。人柄や物語がどうであれ、チャンピオンたちがサモナーズリフトでやることはひとつ——敵の体力バーを空にすること。そんな場所にナイスガイを登場させたらどうなるでしょうか?どこにいようとも、彼はとってもステキなことだけをします。たとえば……すべての動物たちに救いの手を差し伸べるとか?心優しきドルイド、アイバーンの登場です。
10 months ago

チャンピオン開発エピソード: ノクサスのミーム、クレッド

ノクサスの兵士がミームを作ったらどうなるでしょうか? おかしな質問に感じるかもしれませんが、歴史書をひも解いて、米兵がヨーロッパ中を歩き回っていた第二次世界大戦中の1940年代まで遡ってみれば、その答えが見つかります。当時、インターネット以前の時代のミームが、壁の落書きとしてヨーロッパ中に出現していました――大きな鼻に禿げ頭の男が壁越しに覗いている絵です。彼の名は「キルロイ」といいます。
11 months ago

チャンピオン開発エピソード: タリヤ、ストーンウィーバー 

最後に正統派のメイジをリリースしたのはいつでしたっけ? オレリオン・ソルは星を従え、エコーは敵にダイブして直接戦い、アジールはマークスマン的です。ヴェル=コズは砲台的な役割を持つメイジですが、多くの 人はボットレーンでのサポートとして使っているようです。そう考えると最後の正統派メイジは2013年4月のリサンドラだったのかもしれません。今回我々が考えたのは「大地の力を操るメイジ」です。
1 year ago

チャンピオン開発エピソード: タリック、ヴァロランの守護者

ビジュアルを修正そして改良されていくチャンピオンたちとタリックを並べてみると、体からクリスタルを生やしたデカ足のデマーシア人のイケてなさは目を覆わんばかりでした。時代遅れなビジュアルとスキル構成を併せ持つ彼は当然リメイクの最優先候補となりました。ただし我々は彼を全くの別人に変えるのではなく、代わりにこの宝石騎士を壮大なる冒険に送り出し「ヴァロランの守護者」として生まれ変わらせたのです。
1 year ago

チャンピオン開発エピソード: オレリオン・ソル

開発が一度振り出しに戻ってから「星を創りし者」が生まれるまでの経緯についてお話します。
1 year ago