Ask Riot:最近ポロキング多くない?

Rumtumtummersによる

Ask Riotへようこそ!

今週はゲームモードローテーション、スマーフ、ライズのバランス調整、そしてFakerについてです。

ゲームモードローテーションで、ポロキングの伝説とアセンションが他のモードよりも多く登場するのはなぜですか?

これからもできるだけ多くの新しいゲームモードを開発し、リリースしていきたいと考えています(今年はブラッドムーンとダークスターをリリースしました!)。が、ダークスターのようなゲームモードを毎月のように開発するというのは残念ながら不可能です。そこで、次に新モードがリリースされるまでの間は、通常のゲームモードの合間にちょっと息抜きをしたいときのため、人気のモードを開放しておく方がいいと考えています(つまり、アセンションやポロキングなどです)。ゲームモードローテーションが始まる前は、新しいモードが追加されるまで、通常のゲームモードのみしか遊べない期間が長く続くことがありました(ときには3か月間も)。今のやり方なら、たとえ過去にプレイしたことがあるゲームモードでも、週末に気軽に楽しめるものを提供できるのです。

さらに、人気の高かった古いゲームモード(ワン・フォー・オール、ヘクサキル)を新クライアントに対応させる作業も引き続き進めてはいますが、その作業は新モード(ブラッドムーンやダークスターなど)の開発と並行して行われていることもあり、もうしばらく時間がかかってしまいそうです。ですが良いお知らせもあります――ドゥームボット 悪夢のAIが新クライアントでプレイ可能になりました!最近リリースされたゲームモードは最初から新クライアント上で開発されているので、ほとんど手をかけずに簡単に復活させることができるのです(つい先日、ブラッドムーンがプレイ可能になりましたが、ダークスターも間もなくです)。

L4T3NCY、リードデザイナー、ゲームモードローテーション

ライアットはスマーフについてどう考えていますか?LoLのような競技性の高いゲームでスマーフは許されるものだと思いますか?

これについては以前にも少しお話ししましたが、私自身は、スマーフはやはりメリット以上にデメリットの方が大きいと思っています。競技性の高いゲームがプレイヤーに保証すべきものは、公平なマッチメイキングですが、あるプレイヤーのスキルレベルが他のプレイヤーのスキルレベルと一致していない可能性があるとなると、これは空約束以外の何物でもなくなってしまいます。

私たちがスマーフに対して強硬策をとっていない理由は(完全にやめさせるのが難しいことは別にして)、プレイヤーがスマーフを行うにあたり、まっとうな理由も存在するからです。主な理由は以下の3つです。

  1. スキルレベルの異なるフレンドと一緒にプレイしたいから。レベル差のあるフレンドと一緒にプレイしようとすると様々な制限があるので、新しいアカウントを作ってしまう方が簡単だから。
  2. ELOの減少を気にせずに新しいチャンピオンや新たなポジションを試してみたいから。
  3. メインアカウントでのランクやチャンピオンマスタリーの上昇が頭打ちとなったので、新たなサブアカウントを使うことによって「自分は成長している」という実感を再び得たいから。

これらの問題に対処できる良い方法が見つかれば(実際、いくつか検討中のアイデアはあります)、「実際のスキルレベルを偽装すること」だけを目的に新アカウントを作る行為に対しては、より効果的な対策をとれるようになるでしょう。

Ghostcrawler、デザインディレクター

ライズのバランス調整が難しい理由は何ですか?

ライズのバランス調整が難しい理由は、彼は特定の状況で他のチャンピオンよりもはるかに強くなってしまうからです。

主な要因は以下のとおりです。

  • ライズのアルティメットはチームメイトとの連携によってこそ真価を発揮する。結果として、ランダムにマッチメイキングされたチームと比較して、連携の取れた組織立ったチームでのライズのパフォーマンスは、はるかに高いものとなる。
  • ライズは他の多くのチャンピオンと比較して、サーバーとの接続遅延が少ないこと(低Ping)によって得られるメリットが大きい。
  • ライズの習熟曲線は長く、急こう配である。つまり、使い始めたばかりのプレイヤーと使い込んでいるプレイヤーの間の平均的なパフォーマンスの差が、他のチャンピオンよりも大きい。

これらの「強くなる要因」が同時に実現したときに、ライズはもっとも強くなります。そしてこの“もっとも強い時”を念頭に置いてバランス調整をしなくてはならないのです。ですが、組織立ったチームで、接続の遅延が非常に少なく、100試合以上の経験を積んだプレイヤーがプレイすることを前提にライズのバランスを調整すると、ランダムにマッチメイキングされたチームで、接続の遅延がそこそこあり、10試合ほどしか経験のないプレイヤーが操作した場合には大きく苦戦することになります。もちろん、あらゆるチャンピオンにこのような格差はありますが、ライズは「格差の幅」が他のどのチャンピオンよりも極端に大きくなってしまうのです。

Meddler、リード・ゲームプレイデザイナー

Fakerを弱体化する予定はありますか?彼にはカウンタープレイが存在せず、レーンで対面だった場合が辛すぎます。

惜しかったですね、Crown。

Rumtumtummers、マネージングエディター

ご質問のある方はAsk Riotにアクセスし、お使いのLoLアカウントでサインインしてください。そして質問のガイドラインを確認の上ご質問ください。

Ask Riot

なお、私たちはすべての質問を読みますが、そのすべてに回答するとは約束できないことをご理解いただければと思います。なぜなら、質問の内容によっては他の場所で既に回答されているものもあれば、ここには相応しくないものである場合もあるからです。たとえば、ここで新機能や新コンテンツの発表を行ったり、別の場所で既に詳しく話されている問題を取り上げることはありません(ただし、個別のポイントを明確化することはあります!)。

ですが、私たちは耳を傾け続けていますので、これからもどんどん質問してください。あなたの質問は、あなたが関心をお持ちの事柄に関わっているライアターに必ず伝えられます。


2 weeks ago

タグ付け: 
Ask Riot, Q&A