ようこそ、IWCIへ: 参加チームを紹介!


聞こえますか?街は息づき、通りを車が走り抜けていきます。時間はもうすぐ真夜中。パーカーのフードを被り直して、あなたは先へと進み続けます。建物が1つ、また1つと時計の針のように流れていきます。ヘッドフォンで聞く音楽のボリュームを上げて、時間を確認。あと12時間。ペースを上げ、目的地に向かって急ぎます。中に入ると、階段を照らす、派手な明滅を繰り返すネオンサインに、あなたは一瞬たじろぎます。屋上に到着しました。眼前には、街が光の海となって夜空の下に広がっています。遠くには厳として立つスタジアムの塔が見えます。あなたは深呼吸をしてこう自分に言い聞かせるのです。「あと12時間――僕の未来が決まるまで、あと12時間」

数週間におよぶ激戦の末、各地域における戦いは終わりを告げ、新興地域の勝者たちは栄冠を手にしました。しかし祝福のファンファーレも鳴り止まぬうちに、8組のワイルドカードチームはメキシコシティへと赴き、4月16日から23日までの間、2016 International Wildcard Invitational(IWCI)での激戦に身を投じることとなります。彼らのここまでの旅を振り返り、各ワイルドカード参加チームの分析をしてみましょう。

参加チーム紹介

バナークリックで拡大
  • 北ラテンアメリカ, Lyon Gaming (LYO)

    地元地域では圧倒的な強さを誇るにもかかわらず、Lyonは大きな国際トーナメントに過去3年間参加できていません。これまでに彼らはIWCIトーナメント参加へのチャンスを2014にPEX、2015にはKLGに奪われており、2度も南ラテンアメリカのチームに望みを絶たれていることになります。彼らが主要なイベントで最後に活躍したのは2013 World Cyber Gamesで、そこではWorld Elite、CJ Entus、OMGといった世界トップクラスのチームに続く4位で戦いを終えました。

    今回、Lyonは地元の観衆の前で戦うチャンスを得ました。ファンの期待を裏切らないためにも、ファイナルズに勝ち上がるために持てる力の全てを出し尽くして戦いに挑むことでしょう。

    Lyon Gaming (LYO)
    Top Daniel "Jirall" del Castillo – メキシコ
    Jungle Marcelo "Thyak" Ramones - メキシコ
    Mid Uri "Uri" Schölderle – ウルグアイ
    AD Carry Ali "Seiya" Bracamontes – メキシコ
    Support Diego "Arce" Arce Chang – ペルー

  • 南ラテンアメリカ, Isurus Gaming (ISG)

    Isurus Gamingはラテンアメリカで最も確立された組織と強さを持つチームの1つであり、過去には様々なゲームの国際大会で結果を残しました。しかし、リーグ・オブ・レジェンドではチャンスを逃し続け、競技シーンにおいてIsurusがまだ成功を掴めていないゲームの1つとなっています。

    かつてはアルゼンチン人プロを多く有していましたが、現在のISGのメンバーはほぼ若いチリ人プレイヤーによって占められ、国際大会への出場経験も限られています。Zeicroを除けば、メンバーたちは4月2日に行われたグランドファイナルでLast Kingsを相手に圧巻の3-0で勝利した前回のCLS Spring Splitまで、公式トーナメントに参加したことがありませんでした。経験不足は否めないものの、このチームは次のIWCI王者になるという、眼前に迫るチャレンジを真っ直ぐに見据えています。

    Isurus Gaming (ISG)
    Top Franco "Pride" Sanzana – チリ
    Jungle Claudio "ClatoS" Navarrete - チリ
    Mid Benjamin "Emp" Ramírez – チリ
    AD Carry Juan "Zeicro" Fierro – チリ
    Support Leandro "Newbie" Marcos – アルゼンチン

  • ブラジル, INTZ eSports (ITZ)

    このブラジル人チームのINTZは圧倒的なトーナメント最有力優勝候補であり、十分な競技シーン経験を持っています。しかし昨年、2015 IWCIでグランドファイナルに進出したものの、時差ボケやその他のトーナメントでの不利な状況を訴えるなどの騒動の中、トルコチームのBesiktasに敗北しました。キャリアを通してこのブラジル人プレイヤーたちが主な目標としてきたのは、INTZは他の新興地域とは一線を画す存在であり、世界のトップチームを相手に戦う実力があることを世界に示してみせることです。

    INTZ (ITZ)
    Top Felipe "Yang" Zhao – ブラジル
    Jungle Gabriel "Revolta" Henud - ブラジル
    Mid Gabriel "tockers" Claumann – ブラジル
    AD Carry Micael "micaO" Rodrigues – ブラジル
    Support Luan "Jockster" Cardoso – ブラジル

  • トルコ, SuperMassive eSports (SUP)

    SuperMassiveはこのトーナメントで実力を証明してみせる必要があります。最近になってBesiktasの元IWCI王者(TheokelesとThaladrin)の2人を加えたものの、結成して間もない故に連携不足からチームの圧倒的なポテンシャルを活かしきれず、TCL Winter Seasonでは8-6という冴えない成績に終わりました。

    SuperMassiveは新しいチームですが、元IWCI王者や2015 Mid-Season InvitationalにおいてジャンナでFakerを倒した元BesiktasのDumbledodgeのようなベテランプレイヤーなど、スタープロ選手たちの活躍に期待をかけています。

    SuperMassive (SUP)
    Top Berke"Thaldrin" Demir – トルコ
    Jungle Furkan "Stomaged" Güngör - トルコ
    Mid Koray "Naru" Bıçak – トルコ
    AD Carry Nicolaj "Achuu" Ellesgaard – デンマーク
    Support Mustafa Kemal "Dumbledoge" Gökseloğlu – トルコ

  • オセアニア, The Chiefs eSports Club (CHF)

    The Chiefsのチームメンバーの内、Spookz、Swiffer、Swip3rRの3名は、オセアニア地域を代表するチームとして3年前に初めてIWCIに出場したTeam Immunity(2013年、2014年のOPL王者)に在籍していた頃からずっと一緒にプレイしています。このチームには特筆すべき実績と歴史があり、2015年にはOPLチャンピオンシップで2度優勝し、さらに最近では2016 Spring Splitで再び勝利して、今年のIWCIへの切符を手にしました。

    ただし、彼らの前には険しい道のりが待っています。オセアニアチームは国際大会で強豪相手には勝利できるものの、ランキング下位の対戦相手につまづいてしまうことで知られています。さらなる望みと高額の賞金が懸かる中、The Chiefsの大きな課題は、2016 IWCIを通して安定した活躍をみせることができるかどうかです。

    The Chiefs (CHF)
    Top Brandon "Swip3rR" Holland – オーストラリア
    Jungle Samuel "Spookz" Broadley - オーストラリア
    Mid Simon "Swiffer" Papamarkos – オーストラリア
    AD Carry Derek "Raydere" Trang – オーストラリア
    Support Bryce "EGym" Paule – オーストラリア

  • CIS(独立国家共同体) (LCL), Hard Random (HR)

    欧州チームとして見られることも多いAlex IchのGambit Gamingを除けば、Hard RandomはCISの歴史において最も成功したチームの1つです。彼らは3つのチャンピオンシップと4つのファイナルズを戦い、さらに過去3度のメンバーチェンジを経験しています。これはつまり、このチームはスター選手のみに頼るのではなく、確固とした地盤を築き、トップクラスのコーチを雇うことで活躍して来たという事実を示しています。

    このチームは精神的な強さと成熟度によって、敗北や過酷な競技シーン環境を乗り越えてきました(例えば、彼らはIWCIが開催される様々なホスト国に向かう際に、最も長い距離を移動しなければならない地域の一つです)。母国で開催されれば間違いなくIWCIに勝利できると自負するこの猛者ぞろいのチームが、今年のIWCIが開催されるアステカの街にどうやって順応するのか、注目です。

    Hard Random (LCL)
    Top Dmitrii "Smurf" Ivanov – ロシア
    Jungle Oleksandr "PvP Stejos" Glazkov - ウクライナ
    Mid Mykhailo "Kira" Harmash – ウクライナ
    AD Carry Vladyslav "aMiracle" Shcerbyna – ウクライナ
    Support Kirill "Likkrit" Malofeyev – ロシア

  • 東南アジア, Saigon Jokers (SAJ)

    2012年4月、Saigon Jokersは第1回目のGarena Premier Leagueシーズン中に結成され、もともとは2000人のベトナム人候補者の中から選ばれた10名によって構成されていました。その最初のシーズンにおいて、彼らはリーグ内で3位に終わっています。

    しかしその後、それも同じ年に、Jokersはなんと東南アジア地域のファイナルズにまで登り詰め、最初は第2ラウンドでSingapore Sentinelsに負けたものの、敗者復活グループでの再戦でSentinelsに勝利し、World Championshipsにまで駒を進めました。長い歴史と経験があるにもかかわらず、このベトナム人チームがIWCIトーナメントに参加するのは今回が初めてとなります。

    Saigon Jokers (SAJ)
    Top Hoàng "Row" Duy Phương – ベトナム
    Jungle Trần "Jinkey" Công Cam - ベトナム
    Mid Mai "Lovida" Việt Long – ベトナム
    AD Carry Nguyễn Phước "Celebrity" Long Hiệp – ベトナム
    Support "Tsu" Anh Duy – ベトナム

  • 日本/LJL, DetonatioN FocusMe (DFM)

    彼らはLJLが始動して以来、毎シーズンを1位か2位で終えている日本の強豪チームであり、昨年はIWCIとIWCQの両方への参加権を獲得しました。IWCIにおいてはKaos Latin Gamersを相手に勝利できたのみで、IWCQでは初日にChiefsとBangkok Titansに勝利する素晴らしい活躍を見せたものの、その後は1勝もできずに終わりました。

    2016年には元LoL Champions KoreaのプレイヤーであるCatchとviviD(現Eternal)をジャングルとサポートに迎え、元Rabbit FiveのADCであるZerostがAD Carryとしてプレイすることが決定。チームをまとめるのはDFMの2人のスター選手、YutaponとCerosであり、彼らは日本で最も技術の優れたプレイヤーとして知られています。今回のIWCIでは、新しくなったチームの国際経験を活かすことができるかに注目です。

    DetonatioN FocusMe (DFM)
    Top Yuta "Yutapon" Sugiura – 日本
    Jungle Yun "Catch" Sang Ho - 韓国
    Mid Kyohei "Ceros" Yoshida – 日本
    AD Carry Shotaro "Zerost" Ikeda– 日本
    Support Han "Eternal" Ki Hoon – 韓国

予選リーグ日程


1日目 - 2016年4月16日 現地時間(MX) 日本時間(4/17)
LAN (LYO) vs LAS (ISG) 16:00 6:00
LCL (HR) vs CBLoL (ITZ) 17:00 7:00
TCL (SUP) vs OPL (CHF) 18:00 8:00
JPN (DFM) vs GPL (SAJ) 19:00 9:00
OPL (CHF) vs LCL (HR) 20:00 10:00
CBLoL (ITZ) vs LAN (LYO) 21:00 11:00
LAS (ISG) vs JPN (DFM) 22:00 12:00

2日目 - 2016年4月17日 現地時間(MX) 日本時間(4/18)
OPL (CHF) vs CBLoL (ITZ) 16:00 6:00
GPL (SAJ) vs TCL (SUP) 17:00 7:00
LCL (HR) vs LAN (LYO) 18:00 8:00
CBLoL (ITZ) vs LAS (ISG) 19:00 9:00
LAN (LYO) vs JPN (DFM) 20:00 10:00
LAS (ISG) vs GPL (SAJ) 21:00 11:00
JPN (DFM) vs TCL (SUP) 22:00 12:00

3日目 - 2016年4月18日 現地時間(MX) 日本時間(4/19)
TCL (SUP) vs LCL (HR) 16:00 6:00
GPL (SAJ) vs OPL (CHF) 17:00 7:00
CBLoL (ITZ) vs JPN (DFM) 18:00 8:00
LCL (HR) vs LAS (ISG) 19:00 9:00
OPL (CHF) vs LAN (LYO) 20:00 10:00
LAS (ISG) vs TCL (SUP) 21:00 11:00
LAN (LYO) vs GPL (SAJ) 22:00 12:00

4日目 - 2016年4月19日 現地時間(MX) 日本時間(4/19)
GPL (SAJ) vs LCL (HR) 16:00 6:00
JPN (DFM) vs OPL (CHF) 17:00 7:00
TCL (SUP) vs CBLoL (ITZ) 18:00 8:00
OPL (CHF) vs LAS (ISG) 19:00 9:00
LCL (HR) vs JPN (DFM) 20:00 10:00
LAN (LYO) vs TCL (SUP) 21:00 11:00
CBLoL (ITZ) vs GPL (SAJ) 22:00 12:00

タイブレーク試合(必要な場合)

5日目 - 2016年4月19日、20日 現地時間(MX) 日本時間(4/20)
GPL (SAJ) vs LCL (HR) 23:00 13:00
JPN (DFM) vs OPL (CHF) 0:00 14:00
TCL (SUP) vs CBLoL (ITZ) 1:00 15:00
OPL (CHF) vs LAS (ISG) 2:00 16:00
LCL (HR) vs JPN (DFM) 3:00 17:00
LAN (LYO) vs TCL (SUP) 4:00 18:00
CBLoL (ITZ) vs GPL (SAJ) 5:00 19:00

1 year ago