10バン開始

Dragglesによる

パッチ7.11より、ドラフト形式で行われるサモナーズリフトの全ゲームモード(※日本ではランク戦のみ)のバンフェーズで1チームあたりのバンの数が3から5に増加します。この機能は今パッチ期間中に、順次全地域に導入されます。これを受けて、ランク戦をプレイするために必要となるチャンピオン所有数が16から20に増加しますのでご注意ください。

事前に告知していた通り、通常の試合での10バンの形式はプロシーンのそれとは異なります。仕組みが変更されていますので、以下で詳しくご説明します。


形式

希望ピック表示フェーズに変更はありません。すべてのプレイヤーが使いたいチャンピオンを表示できます。

このあとに新たなバンフェーズが続きます。最大の変更点は全員が1体ずつチャンピオンをバンできることです。バンは10人すべてのプレイヤーが同時にします。チーム内で調整できるように、確定前にバンするチャンピオンを“仮選択”して表示することができますが、相手チームがバンしようとしているチャンピオンは見えません。味方チームが仮選択しているチャンピオンはプレイヤーのチャンピオンアイコンの横に表示され、バンを確定すると、それらのチャンピオンは画面上部に表示されます。味方チームが誰をピックして誰をバンしようとしているのかは、数パッチ前に導入されたインジケーターによって簡単に把握できます。

両チームが選択を確定させたら、各チームのバンが相手チームに表示されます(敵チームとの間でバンが重複する可能性もあります)。その後、ピックフェーズが通常どおりに始まります。


デザイン

10バンを同時に行う大きな狙いは、チャンピオン選択におけるプレイヤーの影響力を高めることです。私たちはチャンピオン選択の順番に左右されることなく、誰もがバンによってレーンでの勝率を底上げできるようにしたいと考えています。現在のシステムでは、例えばブルーサイドで2番目にピックするプレイヤーはバンができず、全体では4番目のピックとなり、パワーピックやカウンターピックを行える可能性は非常に低くなります。ドラフトにおいてすべてのプレイヤーの影響力を高めることで、この差が今よりも平均化されるはずです。

これによって初めて、誰もが直接のカウンターとなるチャンピオンを自分のレーンから排除できるようになります。例えば、あなたのメインチャンピオンが機動力の低いサポートメイジなら、ブリッツの心配をする必要がなくなりますし、チームメイトにティーモをバンしてもらわなくても、トリンダメアを確保できます。プレイヤーが同時にバンすることで、チャンピオン選択にかかる時間も30秒~2分ほど短縮され、素早く試合を始められるようになります。 

では、ソロやフレックスにeSportsと同じ形式を導入しない理由はなんでしょうか?これは連携の取れたプレイヤーからなるチームと、マッチメイキング組まれた個々のプレイヤーからなるチームとではバンに求められている性質が大きく異なるからです。チーム組織間での試合では、相手チームの戦術をある程度理解していることから、力量の低いプレイヤーやチャンピオンプールの狭いプレイヤーを狙い撃ちしてピックやバンを方向転換することができます。

現在のキューでドラフトを2段階に分けた場合、最悪のシナリオでは、最後にピックするプレイヤーが2回目のフェーズで酷いターゲットバンに直面することになります。あなたが4番目のピックだった場合は、少なくとも3つか4つのバンがあなたのポジションに向けられるのが当たり前になるでしょう。さらに、2段階のバンを導入すれば、チャンピオン選択にかかる時間が最大2分間延長されることも考慮しています——そのような状況で誰かが意図的に(または意図せずとも)試合を回避(ドッジ)すれば、他の9人が感じる苦痛がさらに増すことになります。

これで通常のゲームプレイとプロのゲームプレイの間に差が生まれてしまったことは認識しており、現在はeSportsで採用されているスネークドラフト形式を、組織されたチーム向けのモードに導入する作業を進行中です。ただし、まだ完成には程遠く、“将来的には実装”といった状況です

これから数日のうちに、同時バン形式に決めた理由や、私たちがテストしてみた他のバン形式などについて、詳細な説明を行う/devブログを投稿します。


FAQ

  • バンの制限時間は?

    全体的なバンフェーズのタイミングのテストは今も続いていますが、現時点では35秒です。

  • 何もバンしたくない場合は?

    デンジャラスな人生を楽しみたい、そんな皆さんのために“バンなし”を選択するオプションを追加します。これは、2人以上のチームメイトが焦ってギリギリのタイミングで同じチャンピオンを選択してしまう(結果としてどちらかがバンをしなかったことになり、対戦回避扱いとなってしまう)ケースに対しての安全装置の役割も果たします——そういった場合には、回避ペナルティを背負うことなく、自動的に“バンなし”になります。

  • 今でもバンを確定させる必要がありますか?

    いいえ。ただし、何かを仮選択する必要はあります!まだテスト中ですが、なるべく問題が起こらないように、現在は以下のルールを採用してみています。


    • バンを仮選択して確定すると、そのバンがロックされ、チームメイトは選択できなくなる
    • バンを仮選択して確定しなかった場合も、バンフェーズの終了時にはそのチャンピオンがバンされる
    • 時間切れになった時に2人以上が同じチャンピオンを仮選択していた場合、そのチャンピオンはバンされる。ただし、仮選択チャンピオンを重複させていたプレイヤーは試合回避扱いにはならない。これはフェーズ終了間際で誰かが確定した場合を考慮してのもの。基本的には、バンフェーズ中のいずれかの時点でチャンピオンを選択していれば回避を避けられる。
    • バンを仮選択せず、確定もさせなかった場合、対戦回避となる

    もし、これが上手くいかない場合は変更を行います。

  • チーム内で2人以上のプレイヤーが同じチャンピオンをバンしようとした場合はどうなりますか?

    一人のプレイヤーがバンを確定させた瞬間に、チーム内の他のプレイヤーはそのチャンピオンを選択できなくなります。バンフェーズ終了ギリギリで2人のチームメイトがほぼ同時に確定させた場合は、回避ペナルティを避ける最後の手段として、後から確定させたプレイヤーがデフォルトで“バンなし”扱いになります。

  • 両チームのプレイヤーが同じチャンピオンをバンしていた場合はどうなりますか?

    相手チームとバンが重複する可能性はあります。時間切れ前に敵のバンが見えるようにしてしまうと、相手に別のチャンピオンを見せておいて、ギリギリまで待ってバンを変更する戦術が効果的になってしまいます。さらに、両チーム間のバン重複を許容することで、現メタにおける特定の強チャンピオンが毎試合バンされてしまう可能性も減らせます。誰のことかは言うまでもないでしょう。

  • 自分がピックの意思を示したチャンピオンを、チームメイトがバンしようとした場合はどうなりますか?

    以前と同様に、これはシステム上許可されています。変更後はチャンピオン選択中に表示される内容が増え、ピックの意思表示を見逃しやすくなってしまうであろうことから、チャンピオン選択グリッドに味方チームの仮選択チャンピオンを明確に示すインジケーターを追加しました。

  • 特定のチャンピオンが毎試合バンされることにはなりませんか?

    そうならないことを願っています。全体的にバンの重複が可能なデザインにした理由がこれです。プロの試合で採用されているスネーク形式なら、後にバンするプレイヤーほど、そのパッチのメタを考慮したバンを行わなければいけない責任を感じてしまいます。メタバンには特殊なケースも存在し、特に高ランク帯では、使用率が低くメタから外れているシャコのようなチャンピオンでも、突出して上手いプレイヤーが複数存在しているので、そういったチャンピオンがバンされ続けるリスクはあります。ただし、このシステムで、これらの特殊なケースを考慮してバランスを取るのはほぼ不可能です。ランクにかかわらず、常にバンされているチャンピオンがいないかどうかを監視しておき、必要があれば変更を加えます。……あるいは、他のチャンピオンすべてをOPにするのが一番手っ取り早いかも。

  • カスタムゲームやツイステッドツリーラインはどうなりますか?

    カスタムゲームは古いマッチメイキングサービスに依存しているので、10バン導入開始時点では、カスタムドラフトピックとツイステッドツリーラインには変更はありません。この不整合性はいずれ解消します。


    • ドラフトピック
      • マッチメイキングサービスを現在のものに移行するまで、このキューに変更はありません。6バン、交互
    • トーナメントドラフト
      • 今後はeSports形式の10バンを使用しますが、ピック/バンの流れは少し見た目が変になり、しばらくは分かりにくいかもしれません。この形式を試す機会を誰もが得られるようにして、今後のパッチでUIを整理していきます
    • ツイステッドツリーライン・ランク(フレックス)
      • バンに変更はありません。6バン、交互
  • eSportsの10バン形式を使って練習したい場合はどうすればいいですか?

    トーナメントドラフトのカスタムゲームではeSportsのドラフト形式が使用されるようになりますが、リリース時は見た目が少し変になるでしょう。いずれはパッチでUIを整理して、スプリットドラフトの流れに合ったものにします。


5 months ago

タグ付け: 
Ranked Play, Bans