目的を持って練習しよう!

Riot Aeon, L4T3NCYによる

まもなく、リーグ・オブ・レジェンドにプラクティスツールが登場します。そこで今回はプラクティスツールの仕組みや内容について解説します。まずはプラクティスツールで何ができるのかについてお話ししましょう。


プラクティスツールとは?

基本的にプラクティスツールはあなたの操作技術を鍛える場所であり、レベル1でのラストヒットや難易度の高いリヴェンコンボに磨きをかけたり、序盤のジャングルのギャンクルートを確認するためのトレーニングジムです。壁抜けフラッシュが可能な場所の確認や、特定のアイテムビルドでソロドラゴンできるかどうかなどを、カスタムゲームで何時間も無駄にすることなく試せる、シンプルでわかりやすい1人用のゲームモードです。LoLとスポーツの類似性がどんどんと高まっていく中、シュート練習を行える場所を用意するのは必然といえます!

このモードでは、特に以下の要素の練習に重点を置いています:

  • チャンピオンの操作とコンボ
  • ジャングルのトレーニング
  • ひたすらラストヒット
  • アイテムビルドのDPS(1秒あたりのダメージ量)確認
  • マップの習熟(ワードの配置、壁抜けフラッシュなど)

誰のためのもの?

すべてのプレイヤーのためのものです。ダイヤモンドからマスターを目指している人にも、シンプルにランブルのアルティメットスキルの仕組みを知りたい人にも、プラクティスツールは「これまで以上のあなた」になるために役に立つはずです。

使用可能なコマンドの種類は?

リリース時のプラクティスツールには以下のコマンドが含まれます。追加可能なコマンド候補は他にも複数存在しますが、悩んだ末に優先すべきものを選び出しました。上述した重点項目を念頭におきながら、あらゆるプレイヤーにとって役に立つLoLの基本を学べるものを優先しています。もちろん、皆さんの意見を聞きながら、LoLに今後追加されていくあらゆる要素をトレーニングできるよう、必要に応じてコマンドを追加していきます。

プレイヤーコマンド

  • クールダウン自動リフレッシュ
  • 体力自動リフレッシュ
  • マナ自動リフレッシュ(気、フューリー等も含む)
  • ゴールド追加
  • レベルアップ
  • レベルを固定(経験値を獲得しないように)
  • 指定地点にテレポート
  • リバイブ(デス中に本拠地で即復活)

ゲーム状態コマンド

  • タワー無敵の有効/無効
  • タワーの攻撃の有効/無効
  • ミニオン出撃の有効/無効
  • 試合時間を30秒早送り
  • 試合をリセット
  • 練習用の敵ユニット出現
  • 練習用の味方ユニット出現
  • 出現させた練習用ユニットをすべて消去

ジャングルコマンド

  • ジャングルキャンプ復活
  • ドラゴン出現(タイプ選択可能)

どうやって使うの?

参考例のトレーニングシナリオを紹介します。

シナリオ1:レベル1での無限ラストヒットトレーニング

  1. プラクティスツールを起動
  2. タワー無敵を有効化
    1. これによって意図せずにミニオンがタワーを破壊してしまうことを防ぎます。
  3. レベルを固定
    1. これでレベルアップしなくなるので、レベル1のダメージのままで練習を続けられます(または好きなレベルで固定)
  4. ショップで買い物をしたらレーンまでテレポート
    1. わざわざ歩く必要はありません。
  5. 試合を90秒間早送りしてミニオンをレーンに到着させる。
    1. わざわざ待つ必要もありません。
  6. 無限にラストヒットの練習を続けましょう!



シナリオ2:序盤のジャングルクリアの練習

  1. プラクティスツールを起動
  2. 買い物を済ませたら、開始地点のキャンプまでテレポート
    1. 歩いていく必要はありません
  3. 試合を60秒間早送り
    1. キャンプが出現するのをぼーっと待つ必要はありません
  4. あなたのジャングルルートを練習してみましょう!
  5. ある程度レベルが上がったたところで「試合をリセット」を押せば、ロードなしで即座に最初からやり直せます。.
    1. 特定のキャンプクリアをトレーニングしたい場合は、「ジャングル復活」ボタンを押すことで、そのキャンプを何度でも復活させることができます。

プラクティスツールの開発プロセスは他の機能におけるそれとは少し異なっています。長い時間をかけて機能に磨きをかけてからリリースするのではなく、基本的な要素を揃えた最小限のバージョンをできる限り早く皆さんにお届けすることを目標にしました(そうすれば、シーズン7の早いうちにトレーニングを開始できます)。そのため、少し足りない部分があるかもしれませんので、皆さんからの感想を聞いて、開発と同時進行でプラクティスツールを改善していきたいと考えています!

いずれにせよ、プラクティスツールはLoLの進化にあわせてアップデートしていく必要があるでしょう。そうでなければ、ゲームに追加される新要素をトレーニングすることができません(例:プラントはLoLに追加された最新要素なので、これは今後間違いなく追加する必要があります)。

プラクティスツールという名のトレーニングジムの扉はまもなく開放されます。お楽しみに!


7 months ago