「これじゃないドミニオン」をプレイしよう!

L4T3NCYによる

懐かしのクローン祭りのワン・フォー・オールや、砂塵舞う戦場のアセンションなど、ゲームモードローテーションでは通常のリーグ・オブ・レジェンドのゲームモードにユニークなひねりを加える各種ゲームモードを開放します。今週のゲームモードは、「これじゃないドミニオン」です!

過去に通常ゲームモードのひとつとして開放していたドミニオンですが、オリジナルバージョンからかなりの変身を遂げてローテーションゲームモードに戻ってきました。その名も「これじゃないドミニオン」———ですが、そのゲームプレイのコアエッセンスである「キャプチャー&ホールド(制圧して守る)」は変わらず、さらにエキサイティングなものとなっています。ぜひお楽しみください!


マップの変更:

新マップは下の画像のようなレイアウトです。オリジナル版にあったマップ下方の2つのタワーがなくなり、制圧箇所はマップ全体で3箇所となりました。以前はマップのどこかで常に4v4が発生するなか、残りの誰かが延々と1v1を続けるというのが定番の戦い方でしたが、このマップ変更によりそれは変わることと思います。下方の通路は閉鎖され、設置されたレーザーがそのエリアに近付く敵を攻撃します。また、各チームはミニオンを発生させるために最低限1箇所を常に確保しておかなければなりません。


嵐の祭壇:

「嵐の刻印」というバフが設置されていた場所は、一定時間その場に留まると占拠でき、戦闘を有利にする「雷雲」のバフが付与される祭壇に変更されました。「雷雲」は通常攻撃及びスキルを命中させた相手の周囲3体の敵に、最大体力の4/5/6%分の確定ダメージを与える強力な効果を持っています。祭壇を占拠中、味方のチャンピオンも戦闘中4秒毎に「雷雲」を発動させることができるようになり、拠点攻防戦の勝利を約束するものとなるでしょう。


ウルトラミニオンの秘宝:

制圧することが出来ない下方拠点の横にはそれぞれ「ウルトラミニオンの秘宝」が設置されています。敵側にあるウルトラミニオンの秘宝を取得することで、自陣からウルトラミニオンが次のミニオンウェーブとともに召喚されます。ウルトラミニオンは高い体力と攻撃力に加え、拠点制圧をチャンピオンよりも早く行えます、決して侮ってはいけません。

バックドアを成功させて「ウルトラミニオンの秘宝」を獲得するのは、ドミニオンで中間拠点を制圧するのと同じぐらい楽しいものとなるでしょう。さらに、敵チームも拠点を再度制圧しなければならない手間をかけなくていいため、ゲームに集中することが出来ます。ウルトラミニオンの秘宝は、奪取された後一定時間で復活します。


トリンケットの仕様変更:

全てのプレイヤーは「シアー・ストーン」という近距離の視界を確保するトリンケットを使用します。茂みが多く存在するクリスタル・スカーのマップでは、ウルトラミニオンの秘宝を偵察したり、安全な場所を確保するために非常に使い勝手の良いものとなるでしょう。


ミニオンウェーブの仕様変更:

ドミニオンでは拠点を制圧すると、ミニオンはその場で消滅してしまいました。折角巨大なミニオンウェーブを携えて拠点を制圧したのに、その場で消えてしまってがっかりしてしまった経験のある方も少なくないでしょう。「これじゃないドミニオン」では、ミニオンは下方拠点から発生し、拠点を制圧した後も進軍し続けます。これまでに比べミニオンのコントロールが重要なゲーム要素となるでしょう。

他のローテーションゲームモードと同様、このモードでもポイントを獲得できるように、チャンピオンマスタリーを特別に調整しています。勝利すればキーを、あなた(またはあなたのグループメンバー)がS-、S、S+を試合で達成するとチェストを獲得できます。※他のローテーションゲームモードと同様、「これじゃないドミニオン」ではチャンピオンマスタリー6、7を獲得することはできません。

「これじゃないドミニオン」は金曜日から日曜日まで、毎日お昼ごろから深夜までプレイすることができます(月曜日の未明に終了します。通常は午前4時前後の終了を予定しています。なお、このスケジュールはランダムミッドの開放時間と同じです)。

これから数か月に渡り、ゲームモードローテーションではいろいろと試行錯誤を重ねていくつもりです。人気に応じて期間やプレイできるゲームモードが変更されたりするかもしれません。その過程での皆さんからのフィードバックにも注目していますので、ぜひ感想をお知らせください。それでは、GLHF!


5 months ago