シーズンの現状: ミッドシーズンのフォローアップ

Meddlerによる

皆さん、こんにちは!

ミッドシーズンの変更が加えられてからひと月ほど経った今、現在の状況についての私たちの考えを共有したいと思います。さらに、ゲームプレイにおける今後の計画についてもお話しします。今回は、チャンピオン、アイテム、ジャングルのオブジェクトなどについてです。新しいクライアントやマッチメイキング、スキンなどについてはまた別の機会に。


ゲームの現状:

ドラゴン

  • 奪い合いになる頻度、ゲームにもたらす多様性の両方において、エレメンタルドラゴンには今のところ満足しています。

  • • ドラゴンの巣の中の紋章や、スコアボードのアイコンの視認性に問題がありましたが、最近の変更によりこうした問題を修正することができたようです。

  • クラウドドレイクのバフが弱いというフィードバックが大量に寄せられています。しかし、それぞれのバフがチームの勝利にどのように貢献しているのかを見ると、数字上の差はほとんどないのです。私たちは数値を増減するよりも、それぞれのバフが与える恩恵を実感できているか否かについて調査中です。

  • クラウドドレイクのバフは、最も使い方に左右されやすいもので、特に連携の取れたチームがその恩恵を受けやすくなっています。そのため、変更を加える前に、プロチームがどのように使いこなすかを見てみたいのです。調整はいずれ必要になるかもしれませんが、現在はまだそのタイミングではないと考えています。

リフト・ヘラルド

  • ドラゴンバフほどチームの勝率を大きく上げるものではありませんが、リフト・ヘラルドの獲得はゲームを大きく左右しているようです。

  • 一度きりの出現、非常に長いバフ持続時間という試みは、いつ取るのか、誰に取らせるのかといった決断をより面白いものにしているようです。これは、今回の変更の主な狙いでもありました。

  • 多くのチームがいまだにリフト・ヘラルドの変更を重要視しておらず、結果として取るべきタイミングに取ることができていません。プレイスタイルの調整には時間がかかりますから、これは予想されていたことではあります。

  • 現時点でリフト・ヘラルドに変更を加える予定はありませんが、引き続き注意して見ていきたいと思います。

メイジ

  • ミッドシーズン後、私たちは個々のチャンピオンのバランス調整を進めてきました。これにより、スキル構成の変更が(パワーとは別の視点から)プレイにどのような影響を与えているのか理解しやすくなるはずです。

  • 今のところ、いくつかのスキル構成の変更はうまくいっているようです(例えばマルザハールの固有スキルがより健全なプレイスタイルを作ったり、ザイラが植物の女王らしくなったり)。

  • まだ評価段階のものもあります(例えばブランドは見た感じ丁度よさそうですが、評価を下せるだけのプレイ数に達していません)。

  • ヴェル=コズはまだまだでしょう。変更によって、彼はアルティメットスキルをうまく活用するための能力に大きな制約を受けています。なんらかのフォローアップを行い、彼のアルティメットスキルが固有スキルのスタックを得ることに貢献できるよう調整したいと思います。

魔力アイテム

  • 期待通りの働きをしてくれています。まだどの魔力型チャンピオンがポピュラーで、どの魔力アイテムがよく購入されるのかは定まっていないようです。より長期的に観察して評価しようと思いますが、今のところは妥当な動きのようです。

  • プロトベルトは弱く見えますが、「アイテムに備わったダッシュ能力」の持つ潜在力を考慮して、むしろ最初は弱めに設定し、本当に必要になった際に強化するというのが得策でしょう。

  • モレロノミコンとは異なる需要を満たす、魔力 + 20%のクールダウン短縮アイテムを出したいと思っています。これはアイテムビルドに柔軟性を持たせるのが狙いです(古いアテネの血杯のようにモレロノミコンと効果の大部分が重複してしまうと、ほとんどのチャンピオンでどちらかのアイテムだけが採用されるようになってしまうのです)。

タリヤ

  • 判断を下すのは早計です。彼女の扱いの難しさを考慮すれば特にそうです。

  • 彼女は望まれたとおりに働いているように見えますが、同時に平均的に見て力不足のようにも見えます。ただし、彼女を使い慣れている人のプレイは問題ないようです。2つの小さなバフを2回実装する予定(計4つ)ですが、最初のバフの後にしっかりとチェックし、やりすぎのないようにします。

タリック

  • 使いやすい位置にいます。主な問題は、6.10での修正にも関わらず特に混戦状態ではアルティメットスキルの視認が難しいことです。6.11ではさらなる調整を行ってこの問題を修正したいと思います。

  • さらに「このチャンピオンはダメージ無効状態ですよ」ということが一目で分かる、汎用視覚効果を用意できないか検討中です(タリックのアルティメット、トリンダメアのアルティメット、キンドレッドのアルティメットなど)。

デスタイマー

  • ミッドシーズンでの変更後はちょうどいい長さのようです。少数の「間延びしてしまった試合」と、それよりもちょっと多い「拮抗した試合」があることは把握しています。そうした試合は進行の遅いものもあれば、激戦だったりするものもあるため、私達の視点からすれば、「もっとよく出来たかもしれないけど、まずまず」の結果だと言えます。

  • ただし、「最終盤でもないのに、1回の集団戦でタワーを5つ破壊してさらにネクサスまで破壊してしまうような試合」の数は少なくなっているようです。

タワー

  • 試合の序盤では明確な脅威となり、全体的にはやや硬くなりました。意図したとおり、劇的な変化はありません。序盤のタワーダイブを完全には無効にしたくなかったのと、レーン戦や試合の時間を延ばしたくなかったのが理由です。

ジャングルタイマー

  • いまだに検証中です。レッドとブルーバフ周辺での戦闘を増やしたかったためにタイマーを追加し、実際にそのような展開が見られました。ですが、タイマーが特定の種類のジャングラーを大人しくさせてしまったかどうかを検証しています。これはタイマーの実装前にも懸念されていたことで、現在も議論が進んでいます。

  • もうひとつの懸念は、タイマーがゲームを簡単にしてしまったのではないかということです。私たちとしては、これはゲームにおけるプレイヤースキルの測り方が変わっただけだと思っています。タイマーが無かった頃は、敵チャンピオンがレッドやブルーバフを持っていることを確認し、バフの残り時間で出現時間を判断するという能力が問われました。ジャングルタイマーが実装されてからは、これはプレイヤースキルとしては重要なポイントではなくなりました。インベードへの対処、もしくは警戒といった、違うスキルが必要になってきます。上記で挙げた点(タイマーは特定のジャングラーを優遇し過ぎ?)に問題がなければ、このトレードオフはOKでしょう。

将来のゲームプレイに向けて

引き続き、各パッチでバランス調整を行っていきます。今後の数パッチにおいて集中したいポイントもあります。私たちは今、今後の変更について自信を持ってお話しできるめったにないタイミングにありますから、今回実験的にそれを試してみようと思います。いつもこのような事ができるわけではありません。どのパッチで何が実装されるか、何を最初にリリースできるかも、通常は確定していません。

以下の内容はあくまで計画中のものであり、実装を保証するものではありません。プランが変更になる可能性があることはご了承ください。


6.12

  • ランダムミッドにおける複数のチャンピオンとアイテム、システムの変更。

  • ハウリングアビスとツイステッドツリーラインのチャンピオンマスタリー追加。

  • マークスマンが主に使用する6種のアイテムの調整。何人かのチャンピオンにおける妖夢の霊剣 + ブラック・クリーバービルドとその他のビルドのバランスを取り戻すことが目的です。

6.13

  • サポートに特化したパッチです。サポートの経験値やしっくりきていないアイテム(例えばルビーサイトストーンやフォビドゥンアイドルなど)、サポートチャンピオンのバフや調整などを行います。

  • 最近メイジに行ったような大きなアップデートではなく、速やかに行える小さな変更の集まりになるでしょう。

  • サポートのチャンピオンマスタリーやグレードの計算方法が改善されます。

6.14 - 6.15

  • World Championship予選に傾注したバランス調整を行います。予選は主にパッチ6.15でプレイされると想定されています。6.14では多くのプロシーン向けの変更が実装されますが、6.15はより(ゲームプレイの面においては)小さいパッチで、6.14で意図されていなかったものを修正します。

  • ランダムミッドに関するフォローアップも含まれる可能性がありますが、6.12以降で大きな問題がどれだけあったかによります。

6.16-6.18

  • World Championshipに主眼を置いた調整を行います。予選向けのものと同じパターンですが、6.16と6.17では他のパッチ以上にプロシーンに主眼を置きます。
  • 6.18ではこれら2つのパッチによって生じた問題を修正していきます。

これらのパッチのどこかで実装されるもの

  • ライズのアップデート(ビジュアルと音声の再構成、バランスとゲームの健全性に加えオリジナリティに主眼を置いたスキル構成の変更)。

  • 少なくとも1体の新チャンピオンの追加。

  • さらに、この投稿では触れなかったたくさんの変更。

今回の「シーズンの現状」はここまでです。またお会いしましょう!


10 months ago