【プレイ&トークVol.5】GGWPってどういう意味?

Akaderaによる

こんにちは。

試合が終わった時、みなさんはロビーでどんなふうに振る舞いますか? 何も言わずに退室する、チームメイトの健闘を称える、負けたことを愚痴るなど、思い思いに過ごすことでしょう。そんな中で「ggwp」(注: 下記参照)という言葉を見かけたことがあると思います。

これは「Good Game Well Played」を略した、定型のあいさつのようなものです。サッカーの試合終了後、対戦した選手たちが声をかけ合ったり握手したりしながら、ユニフォームの交換をします。野球やテニスなどでも、試合の前後には脱帽や握手といったあいさつを交わします。

これらはすべて「良い試合をしよう」や「お互い、全力を出して戦ったね」というような、対戦相手への敬意と感謝の表明です。相手の顔が見えないオンライン上で戦うリーグ・オブ・レジェンドのプレイヤーは、試合終了後に「ggwp」という4文字で敬意と感謝を表明することが一般的となっているのです。

注:ggwpは大文字でGGWPと書くと誤解を受けてしまうことがあります。チャットで使う時は必ず小文字で入力しましょう!

ggwp

「Good Game Well Played」どんな時に使うの?

「ggwp」は敬意と感謝を示すあいさつですから、どんな時でも気軽に使うことができます。20分から、長ければ1時間近く一緒にプレイしたプレイヤー全員に、「お疲れ様!」と肩を叩くような気軽さで伝えればいいのです。

さて、あいさつだから気軽に使えばいいとはいえ、「おはよう」を寝る前に言ってしまうようではいけません。「Good Game Well Played」の意味を知っておきましょう。

まず「Good Game」とはゲームがフェアで良い試合だったことを指します。全てのプレイヤーが同じ技量の対戦相手と戦い、自身のプレイヤースキルによって勝敗が決まる試合を実現することです。分かりやすく言うなら「良い試合だったね!」というやつです。 一方で「Well Played」はお互いにベストを尽くして最後まで戦えたかどうかです。ここでいうベストとは、ADCで一度もデスせずにキャリーしたとか、カ=ジックスでバロンスティールを成功させたとか、オリアナのRで敵5人をいっぺんにスタンできたとか、そういったことではありません(もちろんそれらができたなら素晴らしい! 胸を張りましょう)。ベストを尽くすとは、キルされてもあきらめないこと、タワーを折られても心は折られずにローテーションすること、チームが勝つためにはどうすればいいかを考え実行すること、必要とあらばチャットでチームに声をかけること、そしてなにより全力でその1ゲームを楽しみきることです。先ほど同様に簡単な言い回しに変えるなら、こちらはより「最後までお疲れ様」に近いニュアンスとなります。

上記をふまえて考えれば、「ggwp」は試合後に発言するのが妥当といえます。

お互いの健闘を称え合う

リーグ・オブ・レジェンドはみなさんご存じのとおりチームゲームですから、いつも思いどおりにことが運ぶわけではありません。相手が強すぎてちっとも活躍できなかった、味方が連続キルされて早々に腐ってしまった、チームでうまくコミュニケーションが取れなかった…など、悔しい思いをすることも当然あります。そこから負けてしまった場合など、とても「ggwp」を言うことはできないかもしれませんし、そう言われることを嫌味に感じてしまうかもしれません。もしくは、あんまりあっさりとゲームに勝ててしまったがために、自分が負かした相手に「お疲れ様」などと言うのは失礼かもしれないと感じることもあるでしょう。

けれど思い出してください。「ggwp」に含まれているのは「敬意と感謝」です。「この時間を一緒に過ごしてくれてありがとう」という気持ちを伝え合うことにためらいは不要です。負けて悔しい思いをしたなら、その悔しさをバネにする、あるいはリセットするつもりで、勝てて嬉しいなら素直な感謝の気持ちで、「ggwp = ありがとう、お疲れ様」と、伝え合うといいでしょう。

試合の後はノーサイドの精神

ラグビーでは試合終了の合図を「ノーサイド」といいます。試合が終われば敵味方(サイド)関係なく、仲間としてお互いをねぎらい合おうという精神の表れです。「ggwp」も同様に、敵味方や勝敗に関係なく発言してください。さっき戦った相手が今度は味方チームにいるなんてことは、リーグ・オブ・レジェンドでは日常茶飯事です。それならば敵も味方も関係なく、一緒にこのゲームを楽しむ仲間としてあいさつを交わしたほうが、清々しい気持ちでゲームを楽しめるはずです。多くのプレイヤーが思い思いにプレイしていますが、その一方で全てのプレイヤーがあなたと同じ日本サーバーというコミュニティーに属している仲間であることを心にとどめておいてください。

ggwpの精神であいさつしよう

私たちはプレイヤー全員が「ggwp」とお互いに声をかけ合ってほしいと思っています。些細なあいさつの一語ではありますが、そのひと言をかけ合うだけでゲーム後の空気はグッと良くなります。その言葉を皮切りに、ゲームの内容についてあれこれ会話が弾むこともあるでしょう。また、試合後に「ggwp」と言うことを意識することで、実際に自分が「Good Game」で「Well Played」なゲームにしようと、背筋を伸ばすことができるはずです。

そしてなによりも、どんな時でもあいさつは当たり前の、けれどとても大切なことです。当たり前のことを当たり前にできるあなたの姿こそが、他のプレイヤーから見たスポーツマンシップの象徴となっていくことでしょう。

ggwpを広めよう

ライアットゲームズでは、プレイヤーがスポーツマンシップを理解し、お互いに気持ち良いゲーム体験を共有できるようなゲーム作りを引き続き目指していきます。そしてリーグ・オブ・レジェンドをより良いコミュニティーにするためにはプレイヤーのみなさんの協力が不可欠です。今回ご紹介した「ggwp」のあいさつを、率先して行っていくのはもちろんのこと、「それってどういう意味?」と訊かれた際にはぜひ意味を教え、一緒に使っていこうと勧めてみてください。

自分の「ggwp体験」を語ろう!

今回お話した「ggwp」について、みなさんの実体験を募集します。内容はどういったものでも構いません。チーム一丸となって勝利した事や、友達との楽しい思い出などを是非お送りください。優れた内容を送っていただいたプレイヤーには報奨も?! 続報をお待ち下さい!


2 months ago