ルーンの部屋 第九回:レイトゲームで力を発揮するルーン

Wrekzによる

※この記事はNAボードポストの翻訳です。記事中に登場するルーンの仕様や名称は開発中のものであり、今後変更となる可能性があることをご了承ください。


皆さん、こんにちは!

「ルーンの再構築」プロジェクトのWrekzです。今回も新たなルーンをご紹介します! 前回の投稿を行ったところ、ゲームの終盤に焦点をあてたルーンを見てみたいという意見が多く寄せられました。LoLは序盤に有利を築いて敵を圧倒していくプレイスタイルが有効なため、レーン戦で役立つ要素を失うことは大きな損失となります。しかし、その代わり終盤に強力なパワーを得られるというわけです。今回はそのようなルーンを二つ紹介します。以下をお読みいただいたら、ぜひ感想をお聞かせください!

まず最初は「強まる嵐」です。これは魔術パスのルーンであり、このパスの最後のスロットで利用可能です。

強まる嵐

10分経過する毎に、試合開始から経過した時間10分あたり魔力 +8、攻撃力 +6を獲得する(アダプティブ)。


簡単な表にしてみましたので以下をご覧ください。

経過時間 獲得する魔力の合計 獲得する攻撃力の合計
10:00 魔力 8 攻撃力 6
20:00 魔力 24 攻撃力 18
30:00 魔力 48 攻撃力 36
40:00 魔力 80 攻撃力 60

「強まる嵐」は終盤のパワーに大きく焦点をあてたものです。ハイリスクハイリターンで試合が長引くほど効果が増加します。通常は時間の経過とともに一定割合でパワーが強化されていくものですが、このルーンは時間の経過とともに強化量も増幅していきます。ただし、徐々にパワーが強化されていくわけではなく、10分間隔でしか強化されないため、終盤の強烈なパワースパイクの重要性が増します(30分、40分、50分時点)。30分経過後に得られるステータスだけでも恐ろしいほどなので、経過をしっかり見守りながら調整を行おうと思っています。終盤に強化されるルーンは概して慎重に調整する必要があり、その数も制限する必要があります。これらのルーンから得られるパワーの面白さや強さは、試合開始後すぐに安定して活かせるパワーを犠牲にするというリスクに見合うものでなければなりません。

次は魔術パスのもう一つのルーンです。今回はキーストーンではなく1つ目のスロットのルーンとなります。このルーンの名称はあくまでも仮です。

アルティメットの帽子

アルティメットスキルのクールダウン短縮とクールダウン短縮上限が5%増加する。さらにアルティメットスキルを使用するたびに1.5%ずつ短縮効果が増加する。効果は最大10回までスタックする。


特定のチャンピオンを使っていて、アルティメットのクールダウンをもっと短縮できたらいいのにと思ったことはありませんか?ヴァイ、カーサス、アムムはすぐに思い浮かびます。そして「アルティメットの帽子」はそれを可能にします。全体的なパワーを高めたりスキル全体のクールダウンを短縮したりする代わりに、アルティメットスキルだけに焦点を当てています。クールダウンが長くても短くても使い道があり、クールダウンの長いアルティメットスキルをもっと早く使いたい場合にも有効ですが、チャンピオンによっては戦闘中に二回アルティメットスキルを使うことも可能になるでしょう。全体的にクリエイティブな使い方が模索され、ビルドの違いが実感できるようになればいいと思っています。

余談ですが、開発初期段階にこのメカニズムをキーストーンとして実際に使ってみようとしたことがありました。しかし、序盤を犠牲にして得る類のパワーをキーストーンに付与するとバランス調整が非常に難しくなることがわかりました。終盤まで我慢するだけの価値が十分あるパワーを与えたところ、プレイパターンを捻じ曲げるほどの影響力を持ってしまったのです。集団戦中にビームを三回以上撃ってくるラックスというのはなかなかに怖いものがあります。このルーンをキーストーンとしての選択肢から外したことで、誰もが楽しく使える、かつ納得できるレベルのクールダウン効果を持ったアルティメットスキル専用のルーンを実現することができました。

お読みくださりありがとうございました!今回のルーンはいかがでしたか?他にどんなルーンを見てみたいですか?皆さんのご意見をお聞かせください!



「ルーンの部屋」のこれまでの投稿はこちらです。



1 week ago