チームファイト タクティクス パッチノート11.8

作者MinionsRpeople2
  • クリップボードにコピーされました

打ち上げパーティーの打ち上げにようこそ!

ついに「宿命」セットの最終パッチ。みんなで派手に、盛大に見送りましょう!セット最終パッチ(時には終了前の2パッチ)がお祭りモードになるのはTFTの恒例行事となっていますが、実はこれには世界大会が2つ前のパッチで開催されるため、その後はリスクを取ってでも楽しさを優先できるという理由があるためなんです。というわけで「獣たちの宴」の最終パッチでは、特に猛威を振るっている構成には若干のバランス調整を加えた上で、とっておきの大型変更をたくさん用意しました。強く思い出に残る展開が生まれることを心から願っています!
Rodger "MinionsRpeople2" Caudill

パッチハイライト

システム

幸運のランタン

幸運度アップ!ランタン出現率アップ!
  • ゴールドのドロップ率とドロップ量が上昇
  • レアアイテム(ニーコが助ける!、へら、自然の力)のドロップ率大幅上昇
  • 25%の確率でランタンが出現しないパターンを撤廃し、代わりに25%の確率で3ステージすべてでランタンが出現するよう変更

特性

フォーチュンはこれまででも十分すぎるほど「楽しさ優先」特性でしたが、今回はさらにドロップの幅を広げる変更を行いました。新しいドロップを最初に引くのは果たして誰でしょうか!一方、スピリットには若干のナーフが入っています。こちらはアイテムの変更点も関係してくるので合わせてご覧ください。
  • フォーチュン:フォーチュン(3)の12連敗ボーナスに新しいドロップパターンを追加(確率40%)
  • フォーチュン:フォーチュン(6)にケチなドロップパターンを追加(確率4%)
  • フォーチュン:フォーチュン(6)でのブーツ出現率:1% ⇒ 4%
  • スピリット - 増加攻撃速度:20/35% ⇒ 18/30%

チャンピオン

ティア3

ダリウスとニーコは先日のバフにより強力なキャリーになりました。ただ今回、幸運のランタンに変更が入ったことで★3完成の難易度が全体的に下がるため、既に十分な強さを発揮しているこの2体のリロール系ティア3キャリーには若干のナーフを加えています。
  • ダリウス - 「フォーチュンギロチン」リセット時のダメージ低下率:25/20/10% ⇒ 25/20/15%
  • ニーコ - 「弾ける花弁」ダメージ:250/350/450 ⇒ 250/325/425

ティア4

オレリオン・ソルは(基本的に)メイジ構成でしか使われないため、ナーフされた数値は2倍にしてお考えください。オレリオン・ソルをメイジ構成以外で使っている人は、この「宿命」最終パッチでどう活躍させるかしっかり考えを巡らせてみてください。
  • オレリオン・ソル - 「星炎の息吹」ダメージ:325/500/1400 ⇒ 300/475/1300
  • ケイル - 「聖なる上昇」の波状ダメージ:100/140/350 ⇒ 110/150/350

ティア5

さあお楽しみのティア5です。コンテンツクリエイターの皆さんはYoutubeのサムネイル映えする見出しに事欠かなそうですね。せっかくなので変更点も作例と共に紹介しましょう。
  • “Riotのどのゲームでもすぐぶっ壊れになるアジール” アジール - 「皇帝の分砂嶺」:200/350/8888 ⇒ 225/375/18888
  • “大幅ナーフでゲーム崩壊?”リー・シン - 体力:1000 ⇒ 999
  • “★3オーンで勝ち確!?” オーン - 「突撃」ダメージ:150/250/750 ⇒ 175/275/9999
  • “サミーラのナーフがキツイなら★3にすればいいじゃない!” サミーラ - 「インフェルノトリガー」基本ダメージ:15/25/40 ⇒ 10/20/777
  • “衝撃のラスト…” セト - 「ショーストッパー」ダメージ:40/60/400% ⇒ 40/60/800%
  • “セトを二回もバフするのはやりすぎ!” セト - 「ショーストッパー」サブ対象へのダメージ割合:20/30/200% ⇒ 20/30/400%
  • “スウェインのナーフがヤバすぎるんだが…” スウェイン -「龍帝戴冠」最大体力増加量:60/75/100% ⇒ 60/65/100%
  • “バフが入ったジリアンでマスター到達” ジリアン - 「リワインドフェイト」復活ディレイ:3.5/3/1秒 ⇒ 3/2/0.5秒

アイテム

経緯説明:ソラリのロケットは、パッチ11.4まで序盤に連勝を目指すくらいしか使いみちがないアイテムでしたが、11.5で「スピリット・トリスターナ」構成が発見されると前衛の代わりにソラリのロケットを利用する手法がプレイヤーの間で洗練されていきました。その後チームは猛威を振るうこの構成を把握し、即座にパッチ11.6でソラリのロケット(とトリスターナ)をナーフしています。これについては「ナーフのせいで構成が完全に死んでしまった」という感想を抱いたプレイヤーが多かったのですが…迎えたパッチ11.8、中盤戦の前衛ゼロ構成の強さを重く見た私たちは、スピリット特性とソラリのロケットを再び、しかも両方ともナーフしています。
  • ソラリのロケット - シールド量:300/350/450 ⇒ 300/350/400


  • クリップボードにコピーされました