プレシーズンへの道:ゲームプレイシステムのアップデート

Gentleman Gustafによる

再びプレシーズンが到来し、ジャングルにアイテム、マスタリーといった、LoLのシステム面の再構築に必要な時間ができました。今年、ゲームシステムのどの要素を向上させたいか考えた時、思い浮かんだのは「順応性」でした。それぞれの試合が独特のものと感じられ、プレイヤーたちにはその変化に順応することを迫る、そういった新しいゲームプレイの要素を導入したいのです。その一方で、ゲームプレイに明白な差が生まれるほどの、プレイスタイル選択の余地をプレイヤーに提供したいと考えています。


ジャングル

まずはジャングルのことからお話します。ジャングルはお決まりのルートではない、より自由な選択の余地を持たせる形で改良できると考えています。全体的なゴールとしては、ジャングル内により多くの目標物を配置し、どれを優先すべきかの順位付けの要素を強化します。


プラント

かつてジャングルモンスターに「スマイト」の報酬を付与したのは、プレイヤーが任意のモンスターに「スマイト」を使用し、選択した特典を取得できるという自由度をもたらすためでした。このシステムは良いスタートを切ったのですが、時間が経つにつれてプレイヤー間に差異が生まれました。つまり、「スマイト」をどのモンスターに使用するかの「最適解」を知っているプレイヤーと、そうでないプレイヤーとに分かれたのです。そのためこのシステムは個々のプレイヤーの習熟度を発揮できるものではなく、お決まりの作法のようになっています。さらに、プレイヤーに使いどころを決断させるこのシステムは、相手プレイヤーに対して「スマイト」を使用したいプレイヤーに、「スマイト」の運用と管理に神経を使わせる原因になっています。集団戦の準備のためにラプターを「スマイト」し、集団戦では敵のADCに「スマイト」し、その後はたぶんドラゴンに、と。

そこでプラントの登場です。ある程度ランダムに出現する、インタラクティブなプラントをゲームに導入します。これらのプラントはジャングラーに(また、ある程度は他のプレイヤーにも)、「スマイト」とは無関係で、かつ試合に影響する決断の機会を与えます。


キャンプ

ジャングル内のキャンプ(モンスターがいる場所)の数を増やすことにより、選んだチャンピオンに応じて異なるルートを選択できる余地が生まれます。ルートの効率化はプレイヤーのスキルと言っていいものですが、現在の最適ルートの一つは、ただ一本道でジャングルを突き進むものとなっています。キャンプ間を巡るルートにバリエーションを増やすことにより、単に一番近いキャンプから順にクリアしていくのではなく、プレイヤーそれぞれの好みに応じたキャンプの優先順位が創られます。しかしそういったルートのバリエーションの豊富さは、「最良」と「最悪」のキャンプがほぼ決まっている「スマイト」の報酬とは相いれなくなります。


サポート系防御アイテム

「イージスの盾」は長年にわたり、バランス調整に問題を抱えています。オーラ系アイテムは*強力*です。何しろ、効果範囲に味方がいれば、個人が受けるステータス効果がチーム全体では最大5倍になるのです。一方、オーラ効果の強さは気付かれにくいものです。その結果、オーラ系アイテムはもはや必須となるまでに過剰に強化されています。プレイヤーには自由なアイテムビルドを組んでもらいたいのですが、「イージスの盾」が鉄壁のごとくそれを阻んでいるのです。

その一方「イージスの盾」は、味方をデスしにくくするという数少ないアイテムの一つであり、この役割を無くしたくはありません。しかし「イージスの盾」がある限り、他のサポートアイテムのほとんどは、そのオーラ効果の存在により霞んでしまいます。たとえ「イージスの盾」と釣り合うように強化したとしても、今度はジャングラーが「イージスの盾」を購入するようになるだけです(過去のメタで起こったように)。全体的なアイテムビルドの未来を見据え、「イージスの盾」からオーラ効果を消去します。

代わりに、サポートたちがそれぞれのプレイスタイルと目的を実現できるよう、さまざまな事柄に特化した新たな防御アイテムを複数作成しています。万能防御アイテムを購入する代わりに、サポートが商品棚を見ながら「自分のプレイスタイルにぴったりの方法で味方を守れるのはどのアイテムだろう?」と目移りするようにしたいのです。

そういったアイテムはすでにいくつかあります。「ミカエルのるつぼ」は味方1人を行動妨害から守り、「アーデントセンサー」は味方1人をばっちり回復し続けるのに役立ちます。これらのアイテムのアイデンティティをさらに際立てつつ、防御系サポート(タンク、ディスラプター、ヒーラーを問わずです)に有用な新アイテムの数々を追加することは可能だと考えています。


マスタリー

最後はマスタリーです。前回のプレシーズンでアップデートされたマスタリーシステムの狙いは、マスタリーを各プレイヤーのプレイスタイルにとって意味のあるものとすることです。あらゆるプレイヤーとチャンピオンにとって、自分の役割とプレイスタイルに合ったマスタリーが各レベルに存在すると感じられるようにしたいのです。

マスタリーツリーの各レベルに複数の選択肢を持たせることもその一環です。現状のツリーにはいくつか穴がありますが、この機会を利用してその穴を埋めようとしています。さらに、大幅に改善の余地がありそうな「異常な」マスタリーもいくつか存在し、これらをより満足できるものにしつつ、プレイヤーがそのマスタリーを選んだ意図が今まで以上に分かりやすくなるようにしたいと考えています。全体として、プレイヤーがマスタリーを選ぶにあたって「たぶんこれが効率いいんじゃないかな」ではなく、「これが欲しい!」と感じられるようにしたいのです。

これらの変更のさらなる詳細が近日公開予定です。2017年プレシーズンの最新情報をお見逃しなく!


2 years ago