Skip to main content

サイラス

解き放たれし者

かつて俺は囚人だった。お前たちと同じように。
生まれ持った特質のために、臆病者や偽善者たちによって牢に閉じ込められ、死を待つばかりだった。
復讐以外に、生きる理由はない。この鎖の他に、失うものなど何もない。
これから起きる革命──俺たちが起こす革命──そこではこの鎖こそが俺たちを自由にするだろう。
そして俺たちは二度と、鎖に繋がれることはない。

スキル

サイラスの戦術

サイラスをプレイする際は、無慈悲な魔法攻撃を浴びせて刃向かう相手に石と鋼の殴打をお見舞いしよう。鎖の鞭で敵に鎖を打ち付けたら、即座に通常攻撃を仕掛けてペトリサイトバーストで鎖を振り回して敵にダメージを与える。これを繰り返して敵を倒そう。さらに、逃亡で敵に拘束されることを避け、ちょうど良い位置についたら引き寄せる人質を選んで拉致しよう。生死を懸けた場面では、破壊力のある王殺しで迫害に終止符を打とう。

レベル6に到達したらすべての潜在能力を一気に解放し、乗っ取りで敵の力を大いなる目的──あなた自身の目的のために利用しよう。終盤では立て続けに複数のアルティメットスキルを乗っ取れるようになるので、敵チームの強みをそっくりそのままお返しし、革命成就を成し遂げよう。最期に跪くのは、彼らだ。

“俺は国を壊してやる”

ヒント&トリック

  • スキルを使用するたびに強化された通常攻撃を繰り出してダメージを最大化し、敵を粉砕しよう。最も効果的なコンボは、各スキル + ペトリサイトバーストだ。これを食らった敵は倒されるか、そうでなくとも瀕死でふらふらになるかのどちらかだろう。

  • アルティメットスキルの乗っ取りを発動する際には、その時点において一番必要なものや、少ししたら極めて重要になりそうなものなど、あらゆるオプションを考慮しよう。容赦のないダメージの必殺技は目の前の小競り合いでは決定打となるかもしれないが、強力な行動妨害スキルは次に直面する集団戦で勝利の決め手となるかもしれない。

  • 敵のアルティメットスキルを乗っ取りで奪うと、その後しばらくは同じ対象のアルティメットスキルを乗っ取ることはできない。的確な戦略のもと、ここぞという場面で乗っ取ろう。乗っ取ったアルティメットスキルを即座に使用する必要はないが、あまりにも長く躊躇っていると試合全体を通してのアルティメットスキル発動回数が減ってしまうので、注意が必要だ。対戦相手にしっぺ返しを食らわすベストなタイミングと能力を見極め、勝機をつかもう。

“つく側を間違えたな”

その他