パッチノート9.3:物語エディション

Riot Ashekandiによる

アニー: トラブル

アニー、ティバーズ、ルーンテラ

小さなアニーについて、ひとつ忘れちゃいけないことがある。彼女のそばにはいつも頼れる相棒がいるってこと。そうでしょ、ティバーズ?

カタリナ: 短剣のメッセージ

カタリナ、スウェイン、ノクサス

暗殺者にとって、剣は武器の一つに過ぎない。己の標的を知れ。暗殺場所を知れ。どんなものでも、殺しのための道具となり得るのだ

マスター・イー: 帰郷

マスター・イー、アイオニア

再び故郷に戻ったマスター・イーは、自らの過去と対峙し、来る未来に向けての準備を始めることとなる

ウディア: 新バイオ

ウディア、リー・シン、フレヨルド、アイオニア

ウディアは、ただの人間ではない。太古より存在するフレヨルドの動物の精霊を宿す、野生の力をたたえた「器」――それがウディアである。
新バイオでは、ウディアの生い立ちが明かされます。特異な能力を持って生まれた彼は、“スピリットウォーカー(精霊と共に歩む者)”となる運命を背負っていました。しかしながら、時とともに増大していくその力は彼自身を混沌へと導き、その肉体を傷つけることとなります。さらに今回、リー・シンとの関係性に少しだけ手を加えて、ウディアが精霊世界と密接な関係にあるアイオニアの地で、自らの能力をさらに深く理解していく道程を知ることができます。

セジュアニ: 新バイオ

セジュアニ、アッシュ、グレーナ、フレヨルド

苛烈で情け容赦のないセジュアニは、フレヨルドで最も恐れられる部族のひとつであるウィンタークロウの戦母だ。彼女の部族は常に過酷な自然の中で生き残りをかけた戦いを強いられており、厳しい冬を乗り切るためにノクサスやデマーシア、アヴァローサンを襲撃しなければならない状況にある
セジュアニの新たなバイオでは、彼女の生い立ちを取り巻く状況が見どころです。これを通じて、セジュアニが自分こそがフレヨルドを支配するにふさわしいと考えるに至った経緯が理解できることでしょう。先日公開されたコミック『アッシュ:アヴァローサンの戦母』の中では、キャラクター同士の関係性にさらなる広がりが見られ、セジュアニが「ウィンタークロウの戦母」と呼ばれるようになった理由も描き出されます。

ジャーヴァンⅣ: 新バイオ

ジャーヴァンIV 、ガレン、シヴァーナ、シン・ジャオ、デマーシア

ジャーヴァン王子はデマーシアの王位継承者だ。母国の大いなる美徳の鑑となるように育てられた彼は、己に課せられた多大なる期待と、戦場で自分を証明したいという自らの願いの間で調和を図らなければならない
ジャーヴァンIV のバイオに彼の生誕時の状況を追加しました。ここでは、父親が若き王子にデマーシアの未来を託すに至った理由が明らかになります。さらに、成長の過程でジャーヴァンが父親の家令長であるシン・ジャオと交流し、デマーシアの外の世界についての教えを受けるようになった様子が描かれます。また、新バイオではノクサスとデマーシアの関係についてのジャーヴァンの考えや、未来の王の守護者としてそばに仕えるガレンとシヴァーナとの個人的な交流も改めて描いています。

2 weeks ago