9.4:物語エディション

Riot Ashekandiによる



セジュアニとウディア: 『呪われし者の沈黙』(作者:Odin Austin Shafer)

セジュアニ、ウディア、フレヨルド

ウディア自身も苦い再会を果たしたいとは願っていなかった。セジュアニは一瞬柔和な表情を浮かべたが、すぐにそれは狡猾な笑みへと変化した。「だろうな」と彼女は笑った。「だからこそあんたに来てほしいのだ、旧き友よ」

ケイル: 新バイオ

ケイル、モルガナ、デマーシア、霊峰ターゴン

対立や混沌が訪れると、多くの人々はケイルがいつか戻って来てくれるという願いに望みを託す…その一方で、そのような日が二度と訪れないようにと願う者たちもいる
ケイルのバイオがアップデートされ、誕生時の出来事や妹であるモルガナとの関係がより深く描かれたものとなりました。ケイルは最終的にデマーシアの正義の代行者となりますが、それによって妹との関係に亀裂が入ります。ケイルがデマーシアを離れて数世紀が経った今も、彼女の聖像や聖画像(イコン)はデマーシアの文化、そして法にもに大きな影響を与えています。

モルガナ: 新バイオ

モルガナ、ケイル、デマーシア、霊峰ターゴン

魔法が再び世界にあふれ始めた今、モルガナはその夜明けが近づきつつあることを感じている
モルガナの新バイオでは、彼女が姉とともに母親から受け継いだ力と、その力により崩れてしまった姉妹の関係について語られています。父の死によって二人の間に入った亀裂は修復できないものとなり、モルガナはデマーシアの影に身を潜めて姉が再び現れるときを待ち続けています。

3 months ago


関連コンテンツ