悪魔の誕生:ティーモ

ADillonMostDirty, Mhijaによる

好き嫌いがはっきり分かれるチャンピオンではありますが――もし、彼のことが大好きなら、あなたはイカれています。だってティーモは最悪ですから。

私たちはJeff Jew(プロデューサー)、Colt Hallam(シニア・ゲームデザイナー)、Brandon Beck(CEO)にインタビューを行い、この最高のモンスターキャラクターがどうやって生まれたのか――そして何よりも、誰がこの世に彼を解き放ったのかについて話を聞きました。


ティーモ、始まりは悪夢のように

ティーモなんかを思いついたのは、いったいどこのサディストですか?

BRANDON BECK:ティーモはかなり初期、まだ何も決まっていなくて、様々なアイデアを出し合っている頃に生まれました。リーグ・オブ・レジェンドの世界観がやっと決まりかけていた頃です。ティーモを思いついた結果としてヨードルが生まれ、それによってアムムのようなチャンプの受け皿ができたんです。だから全てはティーモのおかげだと言えます。

JEFF JEW:恐ろしい悪の化身から、小さくてかわいらしい誰もが好きになれるようなものまで、幅広いキャラクターを揃える必要があると考えていたんです。個人的にモーグリやイウォークのようなキャラクターのファンだったので、小さくても強いキャラクターを開発することに関心がありました。チャンピオンリストの中には、不遇な環境を乗り越えることで勇気づけてくれるような存在も必要だと考えていました。ティーモとアムムの後に、コーキやトリスターナのように、もっと小さくて勇猛なキャラクターのデザインも始めました。それらが集まって、とっても楽しくて元気のある個性を持った集団が、チャンピオンリストの中に誕生したんです。


“…でも彼はとってもカワイイんです!”

どうしてティーモはあんなに(腹が立つほど)カワイイんですか?

JEFF JEW:ティーモの見た目は本当に気に入っています。リーグの中でも特に時代性にとらわれない普遍的なデザインでありながら、素晴らしくニッチで愉快なキャラクターだと思っています。多くのプレイヤーにとって彼が一番のお気に入りであることには理由があるんです。彼の見た目が、そのゲームプレイとはまるで異なるところが面白いんですよね。こんなにかわいいキャラクターが、実はとんでもないウザキャラだなんて、実際に試合で彼の所業を見るまで分かりませんからね。

COLT HALLAM:彼の見た目から、私たちはすぐに彼をキュートな斥候にすることに決めたんです。実際にボーイスカウトリーダーの知り合いがいたので、彼を大いに参考にさせてもらいました。

JEFF JEW:同じように小さくてかわいらしいキャラクターが他にもいくつかいたんです。彼らはとってもいいキャラクターたちだったので、同じ種族にしようということになりました。そうして「嘘はつけない、帽子が好き」などといった種族の設定を考え始めたものの、まだ種族名は決まっていなかったんです。ですがある日、Paul “Pabro” Bellezzaが現れて、「Jeff、わかったぞ!」と言ってきたんです。なんでも前の晩にスター・ウォーズのヨーダとヤドルの夢を見て、「ヨードル」と口にしながら目が覚めたんだとか。

イラスト: Quirkilicious


ティーモのスキルについて

どうしてティーモはあんな「煽り」キャラになったんですか?

BRANDON BECK:この吹き矢を持った小さな斥候を初めて見た時のことはよく覚えています。すぐに何か「釣り」っぽいこととか「煽る」ようなことをゲーム内でやらせるのがいいと感じました。だから、あんなクソ面倒な存在になったことに違和感はないですね。

JEFF JEW:彼は素早いキャラクターであるべきだと思っていました。ガレンやカタリナのようなキャラクターがいる世界で、この小さな存在はどうやって戦うのか?彼はパワーで上回ることはできません。彼は非常にすばしっこく、吹き矢で敵の視界を奪い、敵を疲弊させます。キノコのアイデアを思い付いた時に、全てがまとまり始めました。彼の性格が固まってきて、逃げながら戦うだけのキャラクターから、エリア全体に罠を敷き詰め、敵全員を怒り心頭にさせる、イタズラ好きなクソ野郎へと変わったんです。

面白い経緯があるんです。冗談じゃなく、彼はもともと核爆弾を撃っていたんです。大好きなゲームへのオマージュを入れたいと常々思っていたんですが、それはステルス状態からのレーザー照準まで再現した、完璧な「NUCLEAR LAUNCH DETECTED」でした(注1)。凄く良かったんですけど、最終的にはみんな冷静になって、システムとして機能しにくいし、私たちが目指すゲームのペースや雰囲気にも合わないということでやめました。

イラスト: Tvonn9

COLT HALLAM:これはADCやメイジなどのチャンプの役割が固まる遥かに前のことだったので、私たちは単に面白いゲームプレイを探していたんです。開発当初、ティーモはチームメイトのために偵察して道案内をするキャラクターでした。彼のもともとの固有スキルは「案内役」や「先導者」というような感じで、味方の移動速度を上げ、通り道の視界を一時的に確保するようなものでした。これについては、笑える話が2つあるんです。まず1つに、ティーモは耐久力がアホみたいに低いキャラクターでしたから、案内役なのにあっという間に倒されていました。2つ目は、私たちが使っていたツールがイマイチだったせいで起こりました 。視界を確保するスキルですが――もう既にお分かりかもしれませんけれど――100ユニットごとに透明のミニオンを置いていくものだったんです。もちろんあっという間に、“強烈”な処理速度の低下が起こりました。

核爆弾はアルティメットスキルの2番目のアイデアだったんです。最初のアイディアは規模は小さいものの、もっと恐ろしいものでした。それは強烈な毒矢で超強力な継続ダメージを与えて6秒間も敵を眠らせるんです。当初、対象はダメージを受けたら目覚めるというものでしたが、後で無敵状態に変更しました。さらにマナも消耗させるんです。それも決まった量をね。だからメイジでもなければ完全にマナが枯れ果ててしまうんです。完全な近接ファイター地獄ですね。当然のことながら、これも核爆弾のアイデアも長くは続かなくて、最終的に斥候だから罠を設置するのがいいということで、それに落ち着きました。


最後の仕上げ

ティーモの代名詞であるキノコはどうやって生まれたんですか?

COLT HALLAM:ティーモのキャラクターを仕上げなければならない時期が近付いてきて、私はどうやって彼の地雷を機能させるべきか頭を抱えていたんです。下手をすると苛立たしいだけのものになってしまいますからね。最終的に継続ダメージにすることは決まりましたが、その時点ではビジュアルは全く存在していなかったので、どうすべきか途方に暮れていました。そんなある朝、サモナーズリフトをぼーっと眺めていて、あるものを見つけたんです。ジャングルの中の小さなキノコです。私はアーティストのところに走っていって、半狂乱で頼みました。“これをマップから切り取れないか?そう、それ!「拡大」して!”ってね。結果は完璧でした。爆発するキノコに毒の継続ダメージ。なぜか回転していましたけど、“まあ分かりやすいし、いいか”って感じでした。実際のところ、どうして回転しているのかは未だに誰もわかっていないと思います。

そして皆さんご存知のように、それが最終的な完成形になりました。リリース後にもいくつか変更は行いましたけどね。彼にアナグマのダンス(注2)をさせたりしましたし、後々、ステルスと速度の面を少し調整しました。でも一番大事な変更はまだ行われてないんです。アナグマティーモは既にキノコを持っていますから、矢をヘビに変えたいんです。それでオマージュが完成しますからね。


ティーモの豊富なスキン

ティーモのスキンはどうやって生まれたんですか?

JEFF JEW:当時、私がスキンを統括していたんですが、確か、他のチャンプに2つスキンが出る間に、どういうことかティーモには7つも出ていたと思います。もっとも、それを正当化するデータはちゃんとありました――ティーモのスキンはプレイヤーの間で大人気だったんです。まあ、私に言えるのは、ティーモのスキンで気に入らないものなど1つもないということですかね。

私のお気に入りのスキンは宇宙飛行士ティーモですが、それには理由があるんです。私がスキンを担当していた頃、自分の誕生日が近づいてきたある日にChance “SpaceStallion” Roweが私の席にやってきて、プレゼントがあると言ったんです。彼は暇な時間を利用して新しいスキンのプロトタイプを作ってくれていました。それが宇宙飛行士ティーモです。もちろん私は1パーセントも私情を挟まずに、心から「実装しよう!」と答えました。


好きか、嫌いか

え!?ティーモを好きな人なんて本当にいるんですか!?

JEFF JEW:彼は本当に両極端で、かわいらしくて、しかもクソったれなキャラクターですね。好きであれ、嫌いであれ、論争の種になります。彼は間違いなく、もっとも独特で特徴的なチャンピオンであり、リーグ・オブ・レジェンド全体を繋ぐ架け橋と言えます。帽子がクールでかわいいし、新しいプレイヤーに訴求するという意味ではどのチャンピオンよりも一番貢献しているでしょう。最高のマスコットですよね。個性的なチャンピオンたちの中にあって、中立的な立場でいながら魅力がありますし、リーグの多様性を表すのにうってつけの存在です。何よりも、彼のかわいらしさの持つ魅力は国境を越えますからね。

COLT HALLAM:どんなゲームにも悪役が必要ですが、私たちの悪役はかわいいんです。好きであれ、嫌いであれ、彼の周りには常に情熱が溢れます。彼のグローバル(マップ全域)タウントは本物です。この小さい害獣をブチのめした時の満足感は最高ですし、逆に体力が少ない時にキノコを踏んで倒された時の悔しさも言葉にできません。ケタケタ笑いながら操作しているプレイヤーと、憎しみと怒りで震える対戦相手とに、はっきりと二分されるのが素晴らしいんです。

BRANDON BECK:ティーモは現在のリーグ・オブ・レジェンドを象徴する存在になりました。具体的には、チャンピオンリストの幅広さについてです。彼はそのリストにおいてシリアスとコメディの境界線上に立っている存在で、彼が多様なプレイヤーから愛されている理由はそこにあると思います。ティーモはゲームを明るいものにしましたし、彼のおかげで様々な他のチャンプが生まれました。最終的には、彼の持つ様々な要素が上手く重なりあって、リーグでもっとも好き嫌いが分かれるキャラクターになってしまったというのはとても面白いですね。

プレイヤーがティーモに強く惹かれたことに刺激されて、様々なものが生み出されました。帽子であったり、不可解なほどに多いスキンだったり(ごめんね!)、宇宙飛行士ティーモのミニゲーム(注3)だったり、teemodiesのストリーム(注4)だったりね。彼の持つ多面性が好きなんです。彼の持つ独特な個性によって、プレイヤーはリーグ・オブ・レジェンドと繋がり、熱中することができます。なんといっても、彼はゲーム内の計測単位ですしね!

新規プレイヤーにとって、彼はリーグ・オブ・レジェンドを知っていくうえでのいい道標になります。私たちは力強さやカッコよさだけでなく、ユーモアも表現したいんです。皮肉なのは、かわいらしい見た目とは裏腹に、ティーモはあなたの死体の上で喜びのダンスを踊るような最悪のゲス野郎だということですね。数年前にリークされて、未完のままに終わった「ドミニオン」のシネマティックシーンを思い出してください。ティーモが現れて、クスクス笑いながら宙返りをしてモルデカイザーをブラインド状態にし――そして無残に殺されます。それこそ、まさにティーモなんです。

イラスト: robynlauart

(注1)Blizzard Entertainment社の「スタークラフト」に登場する、あるユニットの特殊攻撃のこと

(注2)”Badgers Dance” – 2003年に英国のアニメーター Jonti “Weebl” Picking により作られたFLASHアニメーション

(注3)2013年の公式エイプリールフールイベントで公開されたミニゲーム

(注4)Riotのエンジニアが作った、ティーモが死ぬ瞬間だけを配信するライブストリーミング


3 years ago


関連コンテンツ