第五回GGWP!!コンテスト結果発表!

こんにちは!

第五回GGWP!!コンテストへのたくさんのご応募ありがとうございました!

みなさんに知って頂きたい、と感じた体験談を宇崎うそさんが毎回漫画化します!ぜひ皆さんのLOLであったGGWPな話を聞かせてください!







投稿者: Starsapphireさん

投稿内容:

https://boards.jp.leagueoflegends.com/ja/c/player-behavior-moderation/2cfokU6U-uu5ggwpiii?comment=0002

*本文抜粋
ご存知の通り、初心者のプレースメントはゴールド上位から始まります。
その時のチームも、例にもれず私以外はゴールド1やゴールド2の人たちで構成されていました。「プレイスメント1戦目です。よろしくお願いします!」
ロビーでそうあいさつした私に、他のプレイヤーは「大丈夫、頑張ろうね」などと、暖かい声をかけてくれました。
ただ一人、レネクトンだけは「俺、こういう雰囲気好きじゃないんだよね…‥」とつぶやいていましたが。
そんな中、唯一自信のあったチャンピオン、ソナを選んでゲームが始まりました。
それまできちんとノーマルで練習していたつもりだったのですが、同じようにプレイしていても、何かが違います。
ただ自分が緊張しているだけなのか、それともランクの空気によるものなのか。
3分過ぎ、ボットとトップで競り合いが起き、私がファーストブラッドを取られてしまいました。
相方のジンクスが相手ADCをキルして1−1交換、トップでは相手ジャングラーをレネクトンが相打ちで捌ききり1-1交換。FB分、相手チームが有利の展開です。
(やっぱりやってしまった……)不安が高まる私に、ジンクスが「無理しなくていいからね」といった内容だったでしょうか、優しく声をかけてくれました。
「QやWでマナを使いすぎないで、必要な時のために残しておいて」など、今になって考えれば基本的なことを、チャットで丁寧に指示を出しながら、着実にファームを積み重ねるジンクス。
ゲームはレネクトンやMidのルルがそれぞれキルを取る中、相手ミッドのアーリがロームしてきたところ、私も含めてダブルキルを取られたもののカウンターで返し、ボットのファーストタワーを獲得。そのままドラゴンまで繋げました。
そのままリー・シンのトップガンクで有利を得たレネクトンがタワーを獲得。順調にマップを制圧していきます。
その間もジンクスは、「ULTはピールのために取っておいて!」など、一つ一つ指示を出してくれました。
最終的にジンクスは20キル。30分ほどのゲームで、初めてのランク戦は勝利に終わりました。
終了後、「ありがとうございました!」といったところ、全員がねぎらいの言葉をかけてくれて、ホッとしたのを覚えています。というかレネクトン、お前も優しいのか。なんだそれは。ツンデレか。
何を言われたかは覚えていませんが、ツンデレだったことだけはよく覚えています。
翌日、昨日のゲームを振り返るために戦績サイトを覗いてみて、あることに気づきました。
昨日のゲーム前に確かめてみた時点では、私以外は全員がゴールドだったはず。でも、ジンクスのランクはプラチナ5になっていたのです。
最初に思ったのは、あれだけうまかったら当然だな、ということ。
でも、しばらくして気が付きました。
ティアーの昇格戦はBO5。少なくとも3つは勝たなくてはなりません。
1日でプレイできるゲームの数を考えれば、ジンクスにとってあれは昇格がかかった重要なゲームだったはずなのです。
重要なゲームなのに、プレースメント初戦の頼りないサポートが相方に来て、FBを取られて、マナ管理もおぼつかなくて、スキルも無駄に打ちまくる。どんなに心優しいプレイヤーでも、少なからず苛立ちはあったはずです。
それでも、不満を口にする代わりに、落ち着いてアドバイスを与え、自分の役割をきちんと果たすことを選んだということになります。実際に、そのアドバイスがあったからこそ私が動けた部分は少なくありません。
他人に優しくできるのは、それ自体が強さなのだと感じ、自分も同じように「優しくできる強さ」を持ったプレイヤーになりたいと強く思ったゲームでした。
冒頭の記事の元となったニュースを見たとき、このゲームを思い出しました。それがマナーの良い行いだからとか、そうしないとレポートされるからとか、そんな消極的な理由で暴言を我慢するのでは、いずれ抑え切れなくなるときがきます。
でも、自分が暴言を吐かないことが単純に勝利につながるのだと考えれば、ぐっと言葉を飲み込む気にもなりやすいのでは。そんな思いで、冒頭の記事を投稿しました。
私は今でもまだまだ至らないところはありますが、ソロランクで出会ったADCさんに、一緒にデュオして欲しいと言われることも増えました。
あのときのジンクスのように、スキルでゲームを、言葉で気持ちをキャリーできるプレイヤーを目指してプレイしています。



運営からのコメント

強い心を持ったプレイヤーは、コミュニケーションでもきっちり味方を力づけてくれます。チームメイトにやさしくして、きっちりと自分の役目をこなすことがランクアップの秘訣なのかもしれませんね。

作者紹介: 宇崎うそ

宇崎うそさん(https://twitter.com/U_s0)はヨードルをこよなく愛するコミュニティー・アーティストです。ルルを中心に、ポッピーやソラカ、まんまる目玉のフィズなど表情豊かで可愛いイラストが特徴的です。


次回のGGWP!!コンテスト開催をお楽しみに!



1 year ago


関連コンテンツ