第六回GGWP!!コンテスト開催のお知らせ

Akaderaによる

こんにちは!
第六回GGWP!!コンテストのお知らせです。

あなたとチームメイトの思い出が漫画に!

ゲーム内で起こったチームメイトとの素敵な思い出について語り合いませんか?このイベントはみなさんのゲーム内であった良い思い出を紹介しあうコンテストです。

どういった試合内容であなたがどういう風にいいと感じたのかをできるだけ詳しく書いてください(試合のURL等、実際の試合がイメージしやすくなるものも可能な限り添えてください)。

良い体験や自分も同じような体験をしたことがあると感じた内容には、ぜひ返信をしてみてください。

投稿内容例:

ゲームURL:http://matchhistory.jp.leagueoflegends.com/ja/#match-details/JP1/xxxxx/xxxxx

こんにちは、私にはノーマルをやる時によく一緒に行く2人の友達がいます。
ロールは基本固定で、私はADCをやり、2人はそれぞれサポートとミッドに行きます。なんでも今年はみんなでフレックスキューに行くための練習なのだとか。
その日もいつものように夕方から3人で遊んでいました。
前日見た某動画を見まくった影響か私はこの日ヴェインをうまくなりたいと思い、一切調べもせずに実戦投入しました。
結果は散々で、開始10分で0/3/0、タワーも折られ、ドラゴンそれまで順調だったミッドもずるずると失ってしまいました。
これはダメだ、と思いサポートと一緒に15分になってサレンダーを出しました。
4人が賛成した時に、ミッドをプレイしていた友達から「ヴェインは後半強いからまだ頑張ってみようよ!」と言われ、結局サレンダーは否決されした。
正直、負けを確信していた私はあまり乗り気ではありませんでした。
しかしその後のミッドインヒビ前で起こった集団戦で辛くも勝利、私は死んでしまいましたがミッドがクアドラキルを決めました。
「俺がキャリーするよ、でもゲームを決めるのはADCのお前だから。頼んだよ!」と言い、その後しばらくバロン前やドラゴン前で負けない用に集団戦を繰り返していました。
そうこうしているうちに私の装備は整い、最後の集団戦でトリプルキルを獲得してそのままGG。
試合の後、彼から「大器晩成型ADCはあきらめちゃいけない」「ランク戦にみんなでいくんための練習だから、劣勢の時に諦めないで逆転をするにはどうすればいいか考えよう」という話になりました。
私はランク戦にあまり行かないので、いわゆる勝ち方をあまり意識できていないんだなと思いました。
まだまだヴェインは使いこなせていませんが、今年はみんなで楽しい1年になりそうです。

投稿募集期間は2/9(金)の15時までです。
一番良い思い出の投稿内容は毎回漫画化されますので、奮ってご参加ください!

投稿はこちらから!




過去記事:


1 year ago


関連コンテンツ