All Campus Series決勝戦

LeagueUチームによる

ライアットゲームズが贈る夏のお祭り、All Campus Seriesの最終ステージが、9月30日(土)に開催されます。決勝戦に進出した「東大LoLサークル(東京大学)」と「東京アニメ・声優専門学校LoLサークル」の2校がレッドブル・スタジオ東京で直接対決します。

All Campus Series 2017 決勝戦会場の案内

決勝戦はどなたでも来場頂けます。会場には、All Campus SeriesのStage1で上位16チームに入ったサークルのメンバーに贈られる日本未発売のリーグ・オブ・レジェンド公式グッズが展示されるほか、来場者へのスペシャルプレゼントとして、ティーモハットもご用意していますので、学生サークルチームの頂上決戦の観戦・応援に、ぜひお越しください。

日時:

  • 2017年9月30日(土)
  • 学生入場 12:00~
  • 一般入場 12:30~
  • 開演 13:00~
    ※予定は変更になる可能性があります。

会場:
レッドブル・スタジオ東京ホール5F
東京都渋谷区渋谷 1-3-3
http://www.redbullstudios.com/tokyo/studio

入場について:
学生の方は12:00から優先受付を行います。優先受付の際は学生証の提示が必要となります。一般の方は12:30から入場受付を行います。
会場の規定人数に達した場合、入場制限がかかりますのでお早めにご来場ください。

会場注意事項:
当日の会場内への飲食物の持ち込みはご遠慮ください。
また、会場内に喫煙所はございません。

試合形式:
Bo3形式、パッチ7.18

配信:
LeagueU公式チャンネル
https://www.twitch.tv/leagueuofficial



MC:堀内華央理


実況:いぇーがー (茨城大学)

解説:リクルート (埼玉大学)


解説リクルートによる決勝出場チームの注目ポイント:

  • 東大LoLサークル(UT)は個々人のハンドスキルが高く、中盤以降の完璧なローテーションは、プロチームにも引けをとらないほどです。TOP/MIDのソロレーナー2人のユニークなピックも特徴と言えるでしょう。
  • 東京アニメ・声優専門学校LoLサークル(TSA)はジャングルとサポートの2人が序盤から積極的に動いてマップをコントロールして、ゲームの主導権を握る展開が得意です。中盤以降は、チーム構成の強みを活かしその狙いを忠実に遂行します。チーム連携力も高く、以前よりもさらにパワーアップしている印象を受けます。

決勝戦の来場者にはティーモハットをプレゼントします。ぜひ友達と一緒に会場にお越しいただき、All Campus Seriesを最後までお楽しみください。

※ティーモハットの配布は受付にて先着順とさせて頂きます。


東大LOLサークル(UT)の紹介

今大会圧倒的な強さでトーナメントを勝ち上がり、無敗で決勝戦へと駒を進めたのが、東京大学の東大LOLサークル(UT)です。以下、サークルから頂いた紹介文と、代表のshu8さんのインタビューをお届けします。


サークル紹介文:

『東大LoLサークルは、とにかく楽しむことを目標に2016年秋に設立したサークルです。初心者からチャレンジャー、ARAM狂まで幅広い層のメンバーが所属しています。 そんなメンバーたちが、オフラインイベントやリーグ戦などの様々な交流を通してワイワイ楽しむ、フレンドリーさ溢れるサークルです!興味をお持ちの方はツイッターのDMから気軽にご連絡ください!』
https://twitter.com/utokyo_lol


UTサークル代表インタビュー:

- サークルの雰囲気は?

shu8:今は最高に雰囲気が良いです。以前はチーム内でも知識やスキルに個人差があり、気まずい雰囲気になってしまうこともありました。でも今大会を通して、コミュニケーションも円滑になりシナジーが生まれて、今はチームとして試合を楽しむことができています。Discord上ではサークルの観戦ルームがあり、OBも含めてサークルのみんなも集まって応援してくれています。

- 対戦相手のTSAについて?

shu8:先日のウィナーズファイナルではP/Bの観点から仕方なかったとはいえ、序盤のゲーム展開ではTSAに押されてしまい苦戦しました。でも、後半になり僕達が勝てたように、「チーム連携」の点ではこちらに分があるのではないかと見ています。

決勝戦への思いは?

shu8:僕個人はジャングルというロールで、決勝戦に向けてさまざまなチャンピオンにも対処できるよう練習したいです。今年の東大LoLサークルは大学チームとしては異例と言えるほど、知識とスキルがあり、チームとしての完成度が高いです。「優勝しないといけない」という気持ちです。


東京アニメ・声優専門学校(TSA)の紹介

2017年3月のLeagueU Grand Tournament優勝チームであり、学生世界大会にも日本代表として出場した強豪チームの東京アニメ・声優専門学校(TSA)。今回のAll Campus Seriesではウィナーズファイナルで一度東大LOLサークルに敗れましたが、ルーザーズブラケットを勝ち上がり、決勝戦に進出します。以下、サークルから頂いた紹介文と、代表のescridaoさんのインタビューをお届けします。


サークル紹介文:

『東京アニメ・声優専門学校LoLサークル』はリーグ・オブ・レジェンドが好きな人たちが集まってできたサークルです!主に個々の実力の向上や、他大学さんとの交流を目的に活動しています。活動内容はみんなでノーマルやARAMをしたり、LJLやLCK等プロの試合を一緒に観戦したりしています。』
https://twitter.com/tokyoanimelol


TSAサークル代表インタビュー:

- サークルの雰囲気は?

escridao:良い意味で「いつも通り」だと思います。今までも非常に仲の良いサークルで、今大会でも仲良く伸び伸びとプレイできていると思います。最近の出来事としては、All Campus SeriesのStage1では、皆が一緒にLOLで遊ぶ機会が増えたのも良かったです。

- 対戦相手のUTについて?

escridao:今年から本格的に大会で勝ちに来ていて、とても勢いのあるチームと見ています。予選のBo1では負けてしまいましたが、決勝戦のBo3形式では幅広い戦略が組めるため、僕達にとって有利に働くのではないかと思っています。

- 決勝戦への思いは?

escridao:シンプルに「みんな頑張れ」という思いです。今回代表の僕はプレイヤーとしては出場していませんが、みんなを応援しています。優勝して、TSAが日本一の学生eSportsサークルになれるよう頑張ります。




リーグ・オブ・レジェンドでつながるキャンパスライフ
LeagueU公式サイト

https://leagueu.jp.leagueoflegends.com/



2 months ago