王者アッシュでチャリティーキャンペーンをサポートしよう

Kushnoodによる

昨年は、王者スキンを購入してくださったすべての皆さんのおかげでWorldsの賞金総額がさらに増加しました。今年はさらにもう一歩進めて、王者アッシュによる収益の一部がWorlds 2017の賞金額に加わるだけでなく、世界的な3つの慈善団体への寄付を行い、寄付額もその収益に応じて決定されるようになります。それぞれの団体は以前のアンケート調査によってわかった“プレイヤーが関心を持っている3つの分野”―― (1) メンタルヘルスケア (2) 教育へのアクセス (3) テクノロジーへのアクセス――において慈善活動を行っています。私たちはこれらの慈善活動団体と提携して、一緒に目的を達成でき、出資が適切かつ経過を見守ることのできる、特別なプロジェクトと目標を策定します。



慈善団体

(リンク先はすべて英語サイトです)

BasicNeedsは低、中所得国で精神疾患やてんかんを患う人々を支援する持続可能なプログラムを構築しています。BasicNeedsは地元政府や地元の非営利団体の参加を促して教育を行い、長期的なメンタルヘルスの啓発および支援の実践モデルを実現しています。BasicNeedsは今後3年間で、このプログラムを新たに3つの国に拡大し、25万人以上の人々を支援することを目標としています。

Learning Equalityはインターネットの普及していないコミュニティーに質の高い教育へのアクセスを提供して、貧困の連鎖を断つ活動を世界中で行っています。彼らは独自のオフライン学習プラットフォームであるKolibriのリリースに向け開発を進め、十分な教育を受けられていない175ヶ国以上の学生たちに豊かなデジタル体験を提供します。

The Raspberry Pi Foundationは世界中の人々がコンピューターを使って学習したり、楽しんだりすることができるように、低コストのコンピューターを製作しています。売上の全額がCoderDojoなどのテクノロジー教育プログラムの資金にあてられます。The Raspberry Pi Foundationは南アメリカ、インド、中国、東アフリカで5,000以上のプログラミング道場の開設を計画しています。




寄付の仕組み

昨年と同様に、王者アッシュおよびチャンピオンシップワードの売上の25%がWorlds 2017の賞金総額に組み込まれます。

さらに、ライアットはWorlds 2017期間中の王者アッシュおよびチャンピオンシップワードの全収益の25%を使ってチャリティー基金を設立します。プレイヤーは後日、自分が一番支援したいと思う慈善団体に投票することができます——名誉レベルが高いほど、投票の重みが増します。もっとも得票数の多 かった慈善団体に全資金の50%が寄付され、残りの資金は半分ずつ他の2つの団体に寄付 されます。

慈善団体への投票方法については、投票の開始時に改めてお知らせします。


1 year ago


関連コンテンツ