ダイアナへの新たな調整がPBEに導入

Squad5による

※この記事は2019年11月26日(太平洋標準時)にNAボードに投稿されたポストの翻訳です。

皆さん、こんにちは。PBE(パブリックベータ環境)にてダイアナにいくつか変更を行いました。ゲームプレイ上の変更に加え、ビジュアルエフェクトとサウンドエフェクトも新しくなっています。この記事では変更内容の詳細を紹介しつつ、ゲームプレイの大規模な変更に至った経緯をお話しします。

ビジュアルエフェクトのアップデート - これまで多くの初期チャンピオンに行ってきたのと同様に、ダイアナの全ビジュアルエフェクトに手直し以上の変更を加えています。例えば、アルティメットスキルの場合はビジュアルエフェクトが新しくなり、固有スキルについてはビジュアルの改良が行われています。

サウンドエフェクトのアップデート - こちらもビジュアルエフェクトと同じく、すべてのサウンドエフェクトに手直し以上の変更を行っています。新しくなったアルティメットスキルや固有スキルのサウンドエフェクトはもちろんですが、シールドとダッシュは特に変更が分かりやすいかと思います。




今回ゲームプレイに関して行った変更は、ダイアナがレベル6になるまでのレーン戦をプレイしやすくしつつ、ダイアナをプレイまたは相手にした際、経験値の獲得が易しすぎたり難しすぎたりしないようにしました。

まず、ゲームプレイ上の変更点として最も大きく変わったのが、現在のEスキル(崩月)とRスキル(月下美刃)を入れ替えたことです。また、それぞれ新しいスキルの割り当て先に合うよう、変更を加えています。

この2つのスキルのツールチップは、以下のようになっています(アイコンも新しくなりました!)。




Eになった「月下美刃」は調整を主体にした変更で、旧アルティメットスキルと機能的には変わらない馴染みのあるスキルにしています。Rになった「崩月」の変更については、新たにアルティメットのレベルに応じたダメージソースをダイアナのスキルに追加し、アサシンとしての単独でのキルや、大規模な集団戦で敵をまとめて引き寄せるようなビッグプレイを狙えるようになっています。

「月下美刃」を早期に使えるようになったことで、レーンの管理がしやすくなっています。また、単にレベル6になるまでしのぎ切る以外に、プレイに選択の幅が生まれます。ジャングラーとしてダイアナを使用する場合、このスキルはキャンプクリア能力を強化し、ギャンクのパターンを広げてくれます。

新しくなった「崩月」は、ダイアナをプレイした(また敵に迎えた)際に試合がより楽しいものになるよう、新たなきっかけとして機能してくれればと思っています。現ダイアナの核心となる問題の1つが、敵に攻撃をしかけた際にいつも同じような結果を迎えるということです。ダッシュを駆使して敵を追い込み、有利なときはリソースをあまりかけずにキルできますが、劣勢な場合は十分なダメージを与えられず、ただ負けるしかないということがよくあります。新しい「崩月」を1つの大きな転換点として設け、敵には爆発を回避するチャンスを残しつつ、ダイアナにとっては複数の敵に発動して追加ダメージを狙えるようになっています。

今回スキルを入れ替えたことは、ダイアナ使いのプレイヤーにとって懸念であるレーン戦と試合終盤の戦いを総合的に改善する手助けになると思います。




2つ目の変更点は、ダイアナをやり込んでいるプレイヤーほど気になる部分かと思いますが、固有スキルの仕様が変わります。

新しいツールチップは以下のようになっています(数値はレベル1のものです)。



現在の固有スキルとのメカニカルな違いは次のようになっています。

  • 攻撃速度は「崩月」のスキルレベルに影響されない(チャンピオンレベルに応じて上昇するように)
  • スキル発動後だけではなく、常に通常攻撃の攻撃速度が増加
  • スキル発動で通常攻撃の攻撃速度増加量が上昇するように
  • 固有スキルの範囲攻撃でマナを回復しないように

ダイアナの固有スキルには、多くの制約とメカニクスが組み込まれていました。これは、レーンとジャングルそれぞれにあわせて調整を施す必要があったためです。今回の変更にあたりこの仕様を精査した結果、基本ステータスとマナコストを調整するのではなく、制約とメカニクスを整理しシンプルな形に戻すことで、全体的な使用感を改善することにしました。

このバージョンの固有スキルが、現在の固有スキルの特徴であるスキルを繋いでいくゲームプレイを維持しつつも、最初の固有スキルに良い意味で先祖返りできていればと思います。


今回お知らせした以外にも多くの調整を行っており、またフィードバックを参考にして更なる調整をPBEで行っていく予定ですが、新しく生まれ変わった親愛なる月の神髄を皆さんにお披露目できる日を今から楽しみにしています。



1 week ago


関連コンテンツ