ティーモのゲームプレイ 変更がPBEにて実装

※この記事は2月22日(太平洋標準時)にPBEボードにポストされた投稿の翻訳です。


ティーモメインの皆さんこんにちは、Riot Jagです。今日はLoL随一の可愛さを誇る悪魔の実験的仕様変更についてお知らせします。なお今回のゲームプレイに関する変更は皆さんから早期フィードバックを寄せていただくことを目的としてPBEに実装されるものであるため、期間終了後には元のティーモに戻ります。その後は開発を進め、数ヶ月以内にVFXアップデートと同時にリリースする予定です。ひとまず今はPBEへと偵察におもむき、プレイ感を確かめていただければと思います。


では最初に、私たちの目標をお知らせします。

  1. ティーモプレイヤーに更なるティーモ感を提供する(もっと毒を!もっとステルスを!)
  2. 対戦相手側の対策に関する諸問題を解決する(主にブラインド効果と毒キノコまわり)
  3. 高MMR帯での境遇を改善しつつ、低MMR帯でのモンスター感を低減する

楽しみすぎて長文など読んでいられない!という方はこちらをどうぞ:

  • 「毒たっぷり吹き矢(E)」は固有スキルに移動、さらに他の毒効果との相乗効果を追加
  • 「やぶからヨードル」のステルス効果がインビジブルからカモフラージュへ変更となり、Eへ移動
  • ブラインド効果がより楽しく(分かりやすく)
  • 毒キノコ増量!

毒の相乗効果
旧毒たっぷり吹き矢の効果はティーモの固有スキルとなりました。その効果はティーモ自身のレベルに応じて強化されていき、さらに攻撃対象が他の毒を受けている場合に追加ダメージを与えるようになります。この変更に合わせ、「目つぶしダーツ(Q)」も毒効果とみなされるようになります(毒キノコ(R)もこれまで同様に毒効果を与えます」)。カシオペアやトゥイッチと組めば毒たっぷり吹き矢で強烈なボーナス毒ダメージを出せるようになるため、サポートティーモ運用も可能になります!


移動中もステルス!
やぶからヨードルが新たにEへ移動となったため、ティーモは移動しながらステルス状態へ移行できるようになりました。また効果時間内であればステルス状態を維持したまま茂みから出ることも可能に!ただしステルス効果はインビジブルからカモフラージュ(ステルス分類についてはパッチノート6.22参照)へ変更されているのでご注意ください。こちらの変更については、特に皆さんからのフィードバックを楽しみにしています(まずは実際にプレイしてみてくださいね!)。


ブラインドによる嫌がらせは新たなステージへ!
今回の変更では、ブラインド効果を受けた相手の通常攻撃が脇にそれるようになっています(攻撃はティーモの近くにいる味方にも命中しません)。近接攻撃型のチャンピオンにダーツを当てれば、相手はやみくもに武器を振り回す姿を晒すことに!これについては説明よりも見てもらったほうが分かりやすいでしょう。




キノコ増量!
今回の変更では、毒キノコの体力がスキルレベルに応じて増加するようになります。あなたを恐れて毒キノコ処理しまくる敵サポートも、今までのように簡単には毒キノコを排除できなくなるわけです!また、試合終盤にストックできる毒キノコの数を増やすことも検討中で、今回は最大保有数がRのレベルに応じて3、4、5個と増加していきます。


続いてはティーモが支払う代償についてもお話していきましょう。ここまではティーモプレイヤーを喜ばせる強化のみを紹介してきましたが、これに見合う代償を決めるのはかなりの難題です。今回の変更では以下のようにしてみました。


インビジブルをカモフラージュへ変更
ステルス中に移動できるようになった(さらに茂みも出られる)上に完全に消えてしまえては、相手は対抗手段を取りようがなく不公平だと考えました。


目つぶしダーツのダメージ低下
今回のティーモはステルス中に移動できるため、標的に接近しやすくなっています。これに合わせて、以前ほどの速さでバーストダメージを出せないように調整しました。


毒キノコのダメージ低下
マップの反対側にいる耐久力の低い敵チャンピオンをキノコ一つで体力半分まで削れるという状況には、私たちも長い間違和感がありました。しかしそれこそが終盤戦において彼がチームに貢献する最大の要因であったため、現在までそのままにしてきたという経緯があります。それも今回の強化により本件もついに解決可能になったと判断し、ダメージを多少減少させることにしました。ただしキノコの毒を受けた敵には毒たっぷり吹き矢の強化ダメージが乗るため、ティーモが標的の近くにいればこれまで以上のダメージを出すことができます。


やぶからヨードルの攻撃速度アップ効果がEスキルにポイントを振った際に上昇
(従来はレベルアップで上昇)

今回の変更でステルス効果がEスキルに移動したため、このスキルのレベルを上げた際に攻撃速度を上昇させるのが適切だと判断しました。これにより、チャンピオンのレベルアップ時には攻撃速度が上昇しなくなります(代わりにEにスキルポイントを振ることで上昇します)。


最後に高MMR帯/チーム組織同士での試合について:
ティーモの新しいEは彼自身と味方チームにとって、高スキル帯でこそ影響力が大きくなると考えています。また、固くなった毒キノコの処理がこれまでより難しくなることも考慮すると、ティーモの価値はチーム組織同士での試合でこそ高くなるでしょう。この点についてはやりすぎないように十分な配慮をしていきますが、今回の変更でティーモは他のチャンピオン達に並ぶ準備を一歩進めることになります。


概要は以上です!
より詳細な情報については以下に一覧で示してあります。フィードバックがあればぜひお知らせください。よろしくお願いします!


基本ステータス
- 基本マナ回復量:1.92 ⇒ 2.5
- レベルアップごとのマナ回復増加量:0.09 ⇒ 0.15
- レベルアップごとのマナ増加量:20 ⇒ 25


固有スキル
- ティーモの通常攻撃が10~50のボーナス魔法ダメージを与え、さらに毒が4秒かけて24~192の継続魔法ダメージを与える
- 毒デバフがかかった相手に対する毒たっぷり吹き矢(オンヒットおよび継続ダメージの両方)が50%強化される


Q
- 基本ダメージ低下:80/125/170/215/260 ⇒ 80/115/150/185/220
- 魔力反映率低下:0.8 ⇒ 0.6
- 効果に毒デバフ追加


W
- 発動時にステルス効果が消えないよう変更


E
- 新発動効果:発動から1秒後にティーモが3~5秒間カモフラージュ状態になる。効果発動中は自身に25/22.5/20/17.5/15%のスロウがかかり、効果終了後から3秒間は攻撃速度が20/30/40/50/60%上昇する。茂みにいる間と移動していない間はカモフラージュ持続時間が減少しない。


R
- 基本ダメージ低下:200/325/450 ⇒ 150/250/350
- 魔力反映率低下:0.5 ⇒ 0.4
- 毒キノコの体力:6(スキルレベルによる増加なし) ⇒ 6/8/10
- 保持できる毒キノコの最大数:3(スキルレベルによる増加なし) ⇒ 3/4/5




7 months ago


関連コンテンツ