パッチ7.5 - エイトロックス再考

Gentleman Gustaf, ricklessabandonによる

ダイバーのクラスアップデートに取り組むことになれば、真っ先に取り上げられるのがエイトロックスでしょう。なぜなら、彼はゲームの健全性に関わる根本的な問題を抱えているからです。私たちはそれが理由で、その問題の一部を解決できるまで、殺戮の古代戦士に対するバランス調整を保留していました。そして彼をその状態のまま、想定以上に長く放置してしまいました。正直に言って、本来ならもっと早く、少しずつでも彼の問題への対処に乗り出すべきでした。そこでパッチ7.5では腕まくりをして、今後より安全にエイトロックスに対する調整を行っていけるように、できる限りの対処を行いました。

エイトロックスは優勢な時には大量のダメージを与えられ、敵チーム全員から攻撃でもされない限りあらゆるダメージを回復できるので、まるで戦の神であるかのように感じられます。ブラッドサーストの回復力はエイトロックスの体力が減少すると強化されるので、彼の体力を減らせば減らすほど彼を倒しにくくなります。仮に彼のライフスティールを超えるくらいのバーストダメージを与えたとしても、ブラッドウェルの復活のおかげで、敵は彼をもう一度倒さなければなりません。

逆に彼が劣勢な時はどうでしょうか?ブラッドウェルの強みを活かすにはスキルで体力を消費する必要があり、そのせいで倒されてしまう可能性が拡大します。そして倒された時は、固有スキルの復活を再使用できるようになるまで、彼はさらに弱い状態になってしまいます。

勝利と敗北の間に紙一重の差しか存在していないことから、エイトロックスは私たちが言うところの“伸るか反るか”のゲームデザインの問題が特に顕著に現れた例となっていました。ゲーム序盤の劣勢をもっと楽に挽回できるようにする必要があり、その代わりに、彼が優勢になった時にも相手がしっかりと対処できるようにする必要があります。


変更後の殺戮の古代戦士

以上を念頭に置きながら、以下の変更を行いました。

  •   固有スキル - ブラッドウェル(クリックでツールチップを表示)

    スキルを使用することで「ブラッドウェル」が満たされていく。100%になると「ブラッドウェル」は4秒かけて減少していき、その間は新たなバフである「ブラッドラッシュ」を獲得する。

    このバフの効果時間中は、敵チャンピオンにダメージを与えるか、敵チャンピオンからダメージを受けると、その効果時間がリフレッシュされる(そして「ブラッドウェル」が100%になる)。

    ブラッドラッシュ - 基本攻撃力が25%増加し、攻撃速度がレベルに応じて20~50%増加する。体力がゼロになると、最大体力の30%を回復して復活する。一度復活すると、次に復活できるようになるまでに、180~120秒待つ必要がある。

まず最初に、エイトロックスが剣を持ったただの悪魔である時と、殺戮の古代戦士に変貌している時との違いを、対戦相手から見てわかりやすくしました。これからの彼は「ブラッドウェル」によって徐々に強化されていくのではなく、「ブラッドウェル」が100%になった時に、「ブラッドラッシュ」という新たなバフを獲得するようになります。これにより、“通常の”状態と“オーバードライブした”状態の違いがより明確になりました。

  • 基本的なスキルの調整(クリックで詳細を表示)

    体力コストが大きく減少、またはゼロになりました。「ブラッドサースト」の回復量は減少体力に対する割合で増加します。「ブレード・オブ・トーメント」は攻撃力に応じて強化されます。


      Q - ダークフライト


    • 使用時に「ブラッドウェル」を20%満たす
    • 少ししてから指定範囲に向かってジャンプし、着地時に周囲の敵ユニットに10/35/60/95/120 (+合計攻撃力の110%)の物理ダメージを与え、範囲の中心にいるすべての敵ユニットを1秒間ノックアップする


      W - ブラッドサースト/ブラッドプライス


    自動効果:建造物以外に対して通常攻撃を3回行うごとにボーナス効果を適用する

    W1 - ブラッドサースト

    • 非発動時 - ブラッドサースト:ボーナス効果適用時に30/45/60/75/90 (+減少体力の5%)の体力を回復する。

    W2 - ブラッドプライス

    • ボーナス効果適用時に「ブラッドウェル」を20%満たす
    • 発動時 - ブラッドプライス:ボーナス効果適用時に30/60/90/120/150 (+増加攻撃力の75%)のダメージを与える。


      E - ブレード・オブ・トーメント


    • コスト:30体力
    • 使用時に「ブラッドウェル」を20%満たす
    • 指定方向に収束する2つのエネルギー波を発射し、命中したすべての敵ユニットに70/110/150/150/190/230 (+増加攻撃力の70%)の魔法ダメージを与え、移動速度を2秒間、30/35/40/45/50%低下させる。

最初にエイトロックスをデザインした時、私たちは“リスキーな吸収能力を持つタンク”というテーマによって、彼を戦略的にニッチな存在にすることは可能だと思っていました。しかし今では、スキル使用時に大量の体力を消費してしまうせいで、ただでさえ耐久力の低いファイターである彼がすでに抱えているリスクをさらに拡大するのは不可能だと考えています。今回の変更で、エイトロックスはスキルの使用では体力を失わなくなりました。

「ブレード・オブ・トーメント」に関しては、遠距離からのファームやハラスなど、主にリスクを軽減するために使われているので、ある程度のコストを設定するのが妥当だと思います。ただし、現在体力の一定割合だったコストを固定値に変更し、「ブラッドサースト」の回復を攻撃力に応じて増加するものから、減少体力の一定割合に応じて増加するものへと変更しています。

これによってタンキーなファイター向けアイテム――さらに状況によっては純粋な防御アイテム――を選択しやすくなり、より直感的に体力アイテムをビルドできるようになればいいと思っています。彼の耐久力を高める選択肢が増えれば、手強い相手との戦闘の際にもすぐに倒されることなく、「ブラッドラッシュ」でダメージを与えられる時間を得られます。


今回の変更でエイトロックスが最終的に目指すべき状態になったというわけではありませんが(それには、より長期的なプロジェクトが必要になるでしょう)、そのようなアップデートが行われるまでの間、少なくとも彼に通常どおりのバフやナーフを行えるだけの状態にできたことを願っています。


9 months ago

タグ付け: 
Aatrox