パッチノート 7.17

Aether, Costy, Gentleman Gustaf, Luqizillaによる

皆さん、こんにちは!

ここ最近の例に漏れず、バランス調整は今回も軽めではありますが、とはいえ7.17は決して“小さな”パッチではありません――オーンが(数多くのトップレーナーのように)数世紀におよぶ隠遁から姿を現し、さらには5人の新たなスターガーディアンがサモナーズリフトヴァロラン・シティパークへと降り立ちます。……おっと、「ヴァロラン・シティパークなんて初めて聞いた」という皆さん、新ゲームモード「スターガーディアン」にご期待ください! また、これらの新コンテンツに加えて、購入したアイテムが配置されるスロットを事前に指定できるようにもなります。

注記: 7.17のパッチ期間は通常よりも長いものになります――ですので、パッチノートではお馴染みの“このパッチ期間中に~”という言い回しがでてきた場合、いつもより長い日数がかかると考えておいてください。次にお会いするのは、Worldsで使われる予定のパッチとなるでしょう。

それでは、ご武運を!
Paul "Aether" Perscheid Phillip "Costy" Costigan Mattias "Gentleman Gustaf" Lehman Lucas "Luqizilla" Moutinho

ミッドパッチアップデート

2017/9/8
スターガーディアン バランスアップデート

痛ぇ! 「射撃目玉怪獣」による投射攻撃の分裂した際のダメージを少々やわらげました。……でもまだ避けた方が安全ですよ。

2017/9/5バグ修正

タワーの攻撃対象

バグ修正 敵タワーがユニットをキルした後で新たな攻撃対象を指定する瞬間に、味方チャンピオンが敵チャンピオンを攻撃すると、その味方チャンピオンが敵タワーから攻撃対象に指定されない不具合を修正しました

2017/9/1バランスアップデート

オーン

プレイヤーが新しいチャンピオンでのプレイに慣れるまではある程度の時間を要するものですが、オーンの場合それがいつもよりも長くかかってしまっているようです。彼の基本スキルをより安定した感触で使用できるように調整し、そのプレイをより習得しやすいものにします。
ショッピングをお楽しみください固有スキル - 歩く鍛冶場のミニショップに表示されるアイテムが正しく更新されるようになりました
準備完了 Q - 溶岩隆起による溶岩柱の発生タイミングを、スキル使用後1.25秒 1.125秒に早めました
足元注意 Q - 溶岩隆起で溶岩柱が発生したとき真上にいる敵は、強制的に位置を移動させられるようになりました
壁の中 Q - 溶岩隆起で発生する溶岩柱の位置がわずかに壁にかかる場合、その壁の脇に柱が発生するようになりました。位置が壁の中心部だった場合は、溶岩柱は発生しません
ファイヤーアップ! W - ふいごの息の射程距離が500 550に増加しました
フレームオン! W - ふいごの息を使用した際のオーンの移動速度減少が65% 50%になりました
すみませんでしたねE - 灼熱の突撃のダッシュで通り抜けた際、敵をノックバックすることはなくなりました

8/25/2017 バランス調整

オーン

数日前にリリースされたオーンの勝率はあまり良いとは言えません。そこで、下記のバフをこのいかつい鍛冶師に適応します。一方でオーンのチームメイトのみなさんに大事なメッセージがあります。我先にと「名匠」の追加アップグレードを買うのはおすすめしません アップグレードはゲーム終盤に追加ステータスを付与するのが目的であって、コアビルドよりも優先されるべきではありません。
レベル毎増加体力 85 90
基本体力回復 7.18 9
レベル毎増加体力回復 0.6 0.8
レベル毎増加攻撃速度 1.3% 2%
R-鍛冶神の呼び声 クールダウン時間 150/115/80 秒 130/100/70 秒

8/25/2017 バグ修正

ガーゴイルストーンプレートの変更巻き戻し

”パッチ”ワーク式に行う予定のガーゴイルストーンプレートの不具合修正の第1回目は、思わぬクレッドとの不具合を発生させてしまいました。不具合が修正されるまでクレッドを使用不可のままにしておくことはできないので、今回のパッチでおこなった不具合修正の変更内容を前パッチ7.16の状態に巻き戻し、クレッドを使用可能な状態にしました。
やり直し パッチ7.17で行われたガーゴイルストーンプレートへの変更を巻き戻しました

8/24/2017 バグ修正

オーン

       
バグ修正 オーンが本拠地の外で​装備品を鍛造し、オーン専用ミニショップが更新される際にラグが発生していましたが、それを軽減する措置を行いました。次のパッチ7.18までの間、オーン専用ミニショップは基本アイテムのみを表示し、何か装備品を鍛造しても更新されなくなりました。
バグ修正のおまけ 上記の修正により、オーン専用ミニショップは高すぎるアイテムを表示することがなくなりました。

トップに戻る

チャンピオン

オーン

山の下の焔、オーンがパッチ7.17期間中にリリースされます! それまでの間、LoLの最新チャンピオンの情報をこちらでチェックしておいてください。
なお、本パッチにおけるオーンの「Q - 火山噴火」という日本語名称は、次のパッチで「Q - 溶岩隆起」に名称変更されます。オーンのQを見れば見るほど、火山が噴火していないことに気づいたため、より適した名称に変更することになりました。混乱させてごめんなさい。

ドレイヴン

固有スキルで敵チャンピオンをキルしたときに獲得する基本ゴールド量が減少。また、死亡時の名声スタック減少量が増加。

“対面した相手をボッコボコにできるレーン番長っぷり”はドレイヴンをドレイヴンたらしめている特徴の一つですが、こうしたパワーは“序盤で完全に抑え込まれてしまった場合は中~終盤での伸びを阻止されてしまう”という大前提の上に成り立っています――つまり、ドレイヴンが中盤以降の集団戦で活躍するためには、レーン戦を終えた時点でレベルとアイテムの両面において対面を上回っている必要があるわけです。しかしながら現状、この前提が満たされているとは言えません――ドレイヴンのゴールド獲得を阻止するためには彼を散発的に倒すだけでは不十分であり、チーム全体で何度もギャンクして倒し続けなければならないのですから。そこで今回、死亡時の名声スタックへのペナルティを増やし、また敵チャンピオンを倒したときに得られるスタックに関係のない基本ゴールド量も減少させることにしました。

固有スキル - リーグ・オブ・ドレイヴン

死亡時の名声スタック減少量 50% 75%
チャンピオンキル時の獲得基本ゴールド 50 25

エズリアル

Qの攻撃力反映率が増加。

エンチャンターたちで賑わうボットレーンの現状を考えれば、エズリアルが活躍できていないのも無理もないことでしょう――エズリアルがなんとか敵をポークしたとしても、すぐにシールドや回復スキルで対抗されてしまうのですから。そこで、エズ君が持つ“MAHOU”の影響力を高める方法がないか、考えてみることにしました。

エズリアルの持つ「Q - ミスティックショット」は長射程、低クールダウン、低マナコストと三拍子揃っており、序盤のレーン戦では強力なハラス手段として役立ちます。しかし、試合が進行して敵が複数のスキルを使えるようになると、彼自体の脅威度は低下します。そして、そうなる理由はエズリアルならではのアイテム構成も関係しています――彼がパワースパイク(レベルやアイテム、ゲーム展開により、そのチャンピオンの強さが“トガる”瞬間を指します)を迎えるのは、「女神の涙」のスタックが最大に達して「ムラマナ」が完成する時点、かつそれは大抵の場合「トリニティ・フォース」の完成ともほぼ同じタイミングなのです。こうした“2つのアイテムの効果が組み合わさってダメージが大きく増加する”という仕組みは気に入っていますので、序盤のレーン戦における強みと、2つのアイテムによるダメージの急上昇を以前にも増して活かせるようQの攻撃力反映率を向上させることにしました。

(注: MAHOUとはマジカル的なアレを意味します)

Q - ミスティックショット

反映率 合計攻撃力×1.1 合計攻撃力×1.25

ヘカリム

Rのチャージ中にEの効果時間が経過しない。Rのフィアー効果時間が移動した距離に応じて変動。

逃げ惑う相手を疾駆して追い立てる――。不死の騎兵であるへカリムに込められたアイディアは極めて魅力的です。だからこそ、“相手に駆け寄ってから至近距離で「R - スペクターズ・オンスロート」を放つ”という、あまりお馬さんらしさが感じられない戦法が主流となってしまっている点は問題だと言えるでしょう。そこで今回、「R - スペクターズ・オンスロート」ならびに「E - チャージ」との兼ね合いを調整することにしました。これにより、遠距離からの攻撃的なエンゲージを仕掛けたとき、もっとウマい具合に騎兵らしさを味わえるはずです。

E - チャージ

NEW止められない、止まらない 「スペクターズ・オンスロート」のチャージ中に効果時間が経過しなくなりました

R - スペクターズ・オンスロート

フィアー効果時間 1秒 0.75~1.5秒(ヘカリムが亡霊の騎士たちと移動した距離に応じる)

レオナ

固有スキルのマーク持続時間が短縮し、代わりに発動したときのダメージが上昇。Qのクールダウンが低スキルレベルで短くなる代わりに、スキルレベル5で長くなる。

普段の試合では常にその力を誇示してきたレオナですが、頂点を決める戦いで存在感を示すことには昔から苦戦してきました――そんなわけで、今回の調整は“超上級プレイヤーの試合で真価が発揮されるようなパワーを与える”ことを目的としたものになります。「固有スキル - サンライト」はデュオボット(ADCとサポートの二人組のことを指します)の足並みが揃っていない場合、以前のように“発動して当然”という感じではなくなりますが、連携の取れた二人組であればこれまで以上に効果を発揮できるはずです。また、「Q - シールド・オブ・デイブレイク」のクールダウン調整により、イニシエートしたあとはひたすら剣を振り回すしかなかった彼女も低レベルの小競り合いにおけるチーム支援能力が向上することでしょう。

固有スキル - サンライト

マーク持続時間 3.5秒 1.5秒
ダメージ 20~105(レベル1~18) 25~144(レベル1~18)

Q - シールド・オブ・デイブレイク

クールダウン 9/8/7/6/5秒 6秒

マオカイ

固有スキルがワードに対して発動しないように。

前回のパッチにてワードに対する通常攻撃時の作用の統一化を行いましたが、マオカイはこの対象から漏れていました。というわけで、今回の変更はそれに対応するためのものとなります。

固有スキル - 魔樹液

ワードは人ではありません 「魔樹液」はワードへの攻撃時に発動しなくなりました

アーゴット

Rのスロウ効果時間と再発動可能時間が増加。Eがチャンピオンに当たらなかった場合のWの攻撃不可時間が減少。Wのロックオン持続時間がWの命中時に更新されるように。

膝にショットガンを備えたこのナイスガイは、残念ながら少々苦戦しているようです。そんなアーゴットを救うため、「R - デスグラインダー」を決めたあとの“獲物を嬲るための猶予”を引き伸ばしました――これにより、もっと確実にミンチショータイムを披露できるようになるはずです! また、皆さんがアーゴットに期待していた動き――敵をロックオンしてショットガンで蜂の巣にする――を実現しやすくするため、「W - パージ」のバグや「E - ディスデイン」の仕様も修正しました。

W - パージ

狙いを定めて 「パージ」することでロックオンの持続時間が更新されるようになりました。この変更により、「パージ」発動中にロックオン対象が変わってしまうのを防ぎます

E - ディスデイン

姿勢制御 「パージ」中に「ディスデイン」を発動し、チャンピオンの投げ飛ばしに失敗した場合に、すこし早めに「パージ」が再開されるようになりました(攻撃不可時間が~1.375秒 1秒に短縮)

R - デスグラインダー

スロウ効果時間&再発動可能時間 3秒 4秒

ゼド

基本攻撃速度が上昇。Wによる影の持続時間が増加。

ゼドにはもう少し強化する余地が残っていますが、とはいえバーストダメージについてはかなり良い具合だと考えています。そこで今回は、この“影の頭領”がもっとNINJAっぽく動けるよう、「W - 影分身」で相手を欺くためのチャンスを増やすことにしました。これにより、ミニオンウェーブのコントロールやスプリットプッシュが容易になり、より攻撃的にスキルを使える機会も増えるはずです。

基本ステータス

基本攻撃速度 0.644 0.651

W - 影分身

影の持続時間 4.5秒 5秒

トップに戻る

一部のチャンピオンの名前変更

本パッチで、一部のチャンピオンの名前が変更されます。対象となるチャンピオンは以下の通りです。

  • フォーチュン ミス・フォーチュン
  • フェイト ツイステッド・フェイト
  • フィドル フィドルスティックス
  • ハイマー ハイマーディンガー
  • ブリッツ ブリッツクランク
旧クライアントのUIでは文字数制限により、上記チャンピオンについては名前の一部を省略せざるを得ませんでしたが、新クライアントのUIでは本来のフルネームでの表示が可能となったためです。詳細はこちらの記事でご確認ください!

トップに戻る

アイテム

アーデントセンサー

攻撃速度と体力吸収バフの効果量が減少し固定値に

アイテムビルド途中のキャリーに攻撃速度増加バフ&体力吸収バフを与えられる「アーデントセンサー」は、ラッシュアイテム(できる限り早期に購入すべきアイテム、という意味です)として十分なパワーを持っています。そのうえでさらに、ゲームの進行に従って効果が上昇していくというのは、少々強力過ぎたと言えるでしょう。
攻撃速度増加バフ 20~35% 25%
体力吸収バフ 20~35 25

ガーゴイルストーンプレート

今シーズンに導入されたこの「ガーゴイルストーンプレート」は、タンクにとって集団戦で生き残るための強力なツールとなっています。とはいえ、このアイテムと長く付き合っていくためには、幾つかの問題を解決しておかなければなりません。まず今回は、このアイテムの発動効果と「シンダーハルク」の作用において、増加体力ボーナスが二重に適用されていたバグを修正することにしました――つまるところバグ修正の一つではありますが、この現象がチョ=ガスのアルティメットや「ソラリのロケット」のシールドにも影響していたため、独自のセクションに記載した次第です。

なお、ストーンプレートについては“バグを一つ修正しておしまい”というわけではありません。今後も数パッチに渡り、さらなる変更をしていく予定です。
バグ修正 ストーンプレートの「金属化」を発動して体力増加量を計算するとき、シンダーハルクによる体力増加+20%の分も含めて計算していたバグを修正しました。シンダーハルクの体力増加+20%は常に、ほかの体力増加効果の後に計算されます。つまり、「金属化」はこれまで、本来得るべきメリット以上の効果を得ていたということです
算数の時間 例えば、周囲に敵が3体以上いて、かつ体力増加分が1,000の状態でシンダーハルクを持ち、ストーンプレートの「金属化」を発動させると1,640の体力を増加させることが可能でしたが、本来は1,400のはずでした(これらの数値で基本体力が考慮されていないのは、基本体力の部分においてはストーンプレートの体力増加効果が適切に計算されていたためです)

トップに戻る

優先アイテムスロット

アイテムセットで、アイテムを特定のアイテムスロットに割り当てることができるようになりました!

この変更は、「ゾーニャの砂時計」を発動しようとしてブーツを連打してしまったことがあるすべてのサモナーのためのものです。
お好みに通りに 優先アイテムスロットはアイテムセット(「コレクション」タブにあります)の新機能です。設定はアイテムセットごとに保存できるので、正しいチャンピオンとマップにアイテムセットがきちんと割り当てられていることをご確認ください!
クリックしてね アイテムセットに追加されたアイテムは、右上の隅にグリッド状のアイコンを表示するようになりました。このアイコンをクリックすることで、そのアイテムを置く優先スロットを割り当てられます
かぶっても大丈夫 同じ優先スロットに複数のアイテムを割り当てることができます。ただし、各アイテムで指定できる優先スロットは一つのみです
とっても親切 優先アイテムスロットに割り当てたアイテムを購入すると、インベントリは自動的に並び替えられ、そのアイテムは優先スロットに置かれます。ただし、他の発動型アイテムがそのスロットにある場合は並べ替えられません
とっても自由 優先スロットを設定している場合でも、試合中、自由にインベントリの中身を並び替えることができます!
やっぱりやめた 試合中にアイテムセットを入れ替えると、優先アイテムスロットの設定も入れ替わります。“デフォルト”のアイテムセットには優先スロットの割り当てはありませんのでご注意ください

トップに戻る

名誉

ときにはすぐに次の試合を始めたいということもあるでしょう。そこで、対戦結果画面を閉じた後に名誉を獲得した場合、通知を得られるようにしました。
おや? 前の試合で得た名誉を確認し損なったときは、通知が表示されます

トップに戻る

ゲームモードローテーション

ブラッドムーン

ブラッドムーンは2017年8月25日(金)〜2017年8月27日(日)9月1日(金)〜2017年9月3日(日)の各日正午12時~翌朝3時59分の期間限定でローテーションに登場します。霊魂、デーモンヘラルド、そして敵チャンピオンを生贄に捧げ、ポイントと「悪魔の印」バフを獲得しましょう。このバフがあれば、インビジブル状態になって敵を追い詰められます!

狩りに参加できるのは、LoLで最も恐ろしい20体のチャンピオンのみです(その内10体はこのゲームモード限定のフリーチャンピオンになります)。

フリープレイ

  • アーリ
  • アカリ
  • エリス
  • イブリン
  • カタリナ
  • ケネン
  • ルブラン
  • レンガー
  • シャコ
  • タロン

チャンピオンを所有していれば使用可能

  • カミール
  • ダイアナ
  • エコー
  • フィズ
  • カサディン
  • カ=ジックス
  • リー・シン
  • パンテオン
  • ヤスオ
  • ゼド


ブラッドムーンの夜が近づくにつれ、さらなる情報が解禁されますのでお楽しみに。それでは皆さん、良い狩りを。

トップに戻る

近日開催のイベント

新スキン:スターガーディアン

紳士淑女の皆様、今こそ輝かんことを。このパッチでは5種類のスターガーディアン・スキンが登場します!

新ゲームモード:スターガーディアン

謎に満ちた新たなスターガーディアン・チーム降臨の証人となり、モンスターの攻撃から街を守る新ゲームモード――「スターガーディアン」に参戦しましょう。*9月8日3時00分~9月26日15時59分の期間中、スターライトを守るための戦いが、5人協力のPvEモードとして展開されます。カスタムマップでのミッションをクリアすればスターライトトークンが手に入り、このトークンをクラフトするとニューホライズンワードとミステリーチャンピオン(ランダムな恒久チャンピオン)になります。なお、ゲームモード「スターガーディアン」ではすべてのスターガーディアンスキンがフリープレイの対象となります。

「スターガーディアン」イベントについてのさらなる情報にご期待ください!

* 【訂正】新ゲームモード「スターガーディアン」の開始時間変更を告知いたしましたが、全世界と同じタイミングの日本時間9月8日(金)午前3時開始に再度変更されましたことをお知らせいたします。

トップに戻る

対戦履歴

パッチ7.17期間中に、ライアットのAPIポリシーの変更に準じて対戦履歴の内容を更新します。これにより一定のガイドラインに従うことを条件として、サードパーティーのWebサイトが非ランク試合のデータを収集・開示できるようになります。詳しくは、Riot Developerサイト(英語)をご確認ください。
平常運転 非ランク試合の履歴が公開されるようになります

トップに戻る

バグ修正

  • チョ=ガスのおすすめの初期アイテムとして、開始時のゴールドを上回る価格のアイテムは表示されないようになりました
  • ムラマナが消費したマナの15%を正常に回復するようになりました
  • ルインドキング・ブレードによって一度の通常攻撃でブラック・クリーバーがスタックを2つ付与することはなくなりました
  • ルインドキング・ブレードの発動効果やワーウィックのW - 血の追跡を含む一部の移動速度増加効果が、エネルギー充填状態の攻撃によって妨げられていた問題を修正しました
  • アーゴットがカッコつけるのをやめて、おすすめのアイテムにコントロールワードを表示するようになりました
  • ヤスオがノックアップ状態でない敵にR - 鬼哭啾々の詠唱を試みることでジークコンバージェンスを発動させることはできなくなりました
  • E - 掘削でレク=サイがトンネルから出ると同時にそれが破壊された場合に、トンネルが永続しないようになりました
  • 戦場の霧の中にある場合、ザックの固有スキル - はぐれスライムの飛び散ったスライムが見えないようになりました
  • スターガーディアンジンクスとスターガーディアンポッピーが初めて復活した時に、試合開始時の楽曲が再生されないようになりました
  • ツイステッド・フェイトのW - ドローによって強化された通常攻撃は、エネルギー充填状態のバフをすべて消費することはなくなりました
  • リデンプションを死亡中に使用した場合、発動効果が、リデンプション自体の「回復およびシールド量+10%」の自動効果の影響を受けて正しく増幅されるようになりました
  • マルザハールの固有スキル - ヴォイドシフトがフィズのR - フィッシングを正しくブロックするようになりました
  • バードのQ - 宇宙の法則がニダリーのW - 虎挟みをスタンしなくなりました
  • イラオイがダッシュしている時にW - 過酷なる教訓を使ってもクリティカル時に追加でダメージを与えなくなりました
  • ライズのR - ポータルワープの影響を受けている時でもゼドのR - 死の刻印が一貫した動作をするようになりました
  • カシオペアのスキンを使ってプレイしていて死亡した場合、死亡中にチャンピオンアイコンが基本のアイコンに戻っていた不具合を修正しました
  • アーケードヘカリムのボイスオーバーが聞き取りやすくなりました
  • ダークスタースレッシュの胴部のバフ表示基点がすべてのアニメーションでモデルを追従するようになりました
  • スターガーディアンルルのバフ表示基点がホームガードとリコールのアニメーション中にモデルを追従するようになりました
  • ベルスレイヤーカタリナがリコールを開始する直前に固有スキル - 貪欲なる暗殺者が発動してもリコールアニメーション中に固まらなくなりました
  • ランサーゼロヘカリムのQ - ランページのビジュアルエフェクトが、2スタック目を得た後に途切れることはなくなりました
  • 龍使いルルのピックスに通常のビジュアルエフェクトが使用されなくなりました
  • ブラッドムーンジンのR - 「終演 -フィナーレ-」に敵味方を区別するインジケーターが表示されるようになりました
  • バトルボスマルザハールの通常攻撃アニメーションがクラシックスキンよりも素早かった問題を修正しました
  • 低スペックモードを使っているプレイヤーでも対戦結果画面で名誉のツールチップを見れるようになりました
  • アカウント停止を受けたプレイヤーに対して、プレイできない理由を伝えるツールチップが正確に表示されるようになりました
  • 自分のステータスを「離席中」に設定しても正しく機能しなかった不具合を修正しました
  • バトルボスジグスの声のエフェクトを調整しました

トップに戻る

ネオPAXシヴィア

このパッチ期間中にネオPAXシヴィアが登場します! 期間限定かつ戦利品限定スキンのネオPAXシヴィアは2017年9月1日03時00分~2018年1月9日16時59分の間にジェムストーン10個でクラフト可能です。ネオPAXシヴィアの詳細についてはこちらをご覧ください。

注意: 初代PAXシヴィアスキンを所有している場合は、ネオPAXシヴィア、そして初代スキン用の特別なロード画面ボーダーが自動的に解除されます。初代PAXシヴィアスキンは、プレゼント対象となったり、戦利品に追加されたり、再び入手可能になることは今後もありません。

トップに戻る


3 months ago

タグ付け: 
Patch Notes