パッチノート 7.24

Aether, Gentleman Gustaf, Luqizillaによる

皆さん、こんにちは!

プレシーズンでは(ほとんど)最後のパッチということで、集計データをもとに数多くの調整が行われます。そもそもこの時期はゲーム内容が大きく変動するので、来シーズンに向けてチャンピオンの操作感覚を維持しつつ、さらなるポテンシャルを感じられる状態にしておきたいと考えました。

現状のルーンに関して、新ルーンとの高いシナジーによって他を圧倒しているチャンピオンもいれば、自身に相応しいキーストーンが見つからず困っているチャンピオンもいる、という具合です。そのため、本格的な調整に取り掛かる前に苦戦しているチャンピオンをひとまず強化しておくことにしました。

また、ルーン自体にも強弱があるため、そのバランス調整も行います。なお、冬休みに入る前に大きな“異常値”は全て解消しておきたいので、このパッチのあとにもマイナーパッチをリリースする予定です。

最後に、ゲーム内の体力バーに大きなアップデートが行われます――これにより、以前はわかりにくかった状況の視認性が向上することを願っています。詳しくは以下をお読みください!
Paul "Aether" Perscheid Mattias "Gentleman Gustaf" Lehman Lucas "Luqizilla" Moutinho

ミッドパッチアップデート

2017/12/8 バランス調整

モルガナ

モルガナはアルティメットスキルによる大量回復のおかげで、集団戦における耐久力が高すぎます。
レベルアップごとの体力増加量 98 90
スペルヴァンプ?なんですかそれは? 敵チャンピオン、大型ミニオン、大型モンスターにスキルでダメージを与えた際の体力回復率が減少しました。 15/20/25/30/35/40% (レベル1/4/7/10/13/16) 20% (全レベル)
苦悶を緩和 W - 苦悶の沼のクールダウンが上昇 10秒 12秒

トップに戻る

パッチ・ハイライト

トップに戻る

チャンピオン

オレリオン・ソル

Rのクールダウンを短縮。

このパッチにて行われる遠隔攻撃チャンピオンに対する「フェイズラッシュ」へのバフは、この“星を創りし者”復活の助けとなるはずです。とはいえ現状、オレリオン・ソルは平均をかなり下回っているので、もう少し強化が必要でしょう。

R - 星炎の息吹

クールダウン 120/100/80 110/90/70

バード

基本体力自動回復とミィプのダメージが増加。

「ルーンの再構築」により、サポートのダメージ交換パターンは大きな広がりを見せました。しかし、とくに変化がなかったバードは相対的に苦戦していたため、少し強化することにしました。

基本ステータス

基本体力自動回復 5秒ごとに5.4 5秒ごとに7.5

自動効果 - 旅人の呼び声

ミィプの基本ダメージ 30 40

カミール

固有スキルのシールド効果時間が増加。Qの再発動可能時間が増加。

カミールは「戦いの律動」によってかなりの継続火力を得ていたため、それを失ったことでダメージ交換が不利になりやすくなっていました。そこで今回、2段階目のQをより使いやすくする(固有スキルのシールドで守りつつ攻撃)ことで、彼女のダメージ交換能力を間接的に強化しました。

固有スキル - アダプティブディフェンス

シールド効果時間 1.5秒 2秒

Q - プレシジョンプロトコル

Q再発動可能時間 3秒 3.5秒(強化攻撃を行うために必要なディレイは1.5秒で変更なし)
NEWあと何秒? 2度目の発動の可否を示すタイマーがアイコンに表示されます

ダリウス

固有スキルの出血ダメージと最大スタック時の増加攻撃力が増加。

ダリウスは旧ルーンと「戦いの律動」の両方から得ていた増加攻撃力を失ってしまいました。プレシーズンパッチの時点で基本攻撃力は強化されたものの、彼の固有スキルは増加攻撃力のみが反映されることから、結果としてダメージ交換で不利になっていたのです。

固有スキル - 大出血

スタックごとの出血ダメージ 10~27(レベル1~18) 13~30(レベル1~18)
5スタック時の出血ダメージ 50~135(レベル1~18) 65~150(レベル1~18)
レベル1~3時の「紅血の激昂」の増加攻撃力 30 30/35/40
レベル4~6時の「紅血の激昂」の増加攻撃力 35 45/50/55
レベル7~10時の「紅血の激昂」の増加攻撃力 40/50/60/70 60/65/70/75
レベル11~13時の「紅血の激昂」の増加攻撃力 80/90/100 85/95/105
レベル14~18時の「紅血の激昂」の増加攻撃力 120/140/160/180/200 130/155/180/205/230

イブリン

Wによる魔法防御低下効果が、Wを発動させる通常攻撃やスキルに適用されるように

使い勝手を向上させるいくつかの調整を行いました。

おすすめのアイテム

思ってるよりも効果的 イブリンのおすすめのアイテムが更新されました!

固有スキル - 妖魔の影

バグ修正 イブリンがカモフラージュ中にタワーに可視化されると正しく警告されるようになりました

W - アリュール

バフ修正 「アリュール」の魔法防御低下効果が、それを発動させる通常攻撃やスキルに適用されるようになりました

エズリアル

Qの反映率が低下。

パッチ7.17で「Q - ミスティックショット」を強化したとき、エズリアルはボットレーンで苦戦を強いられていました。それから7パッチに渡る月日が流れ、「ねこばば」によって強力なパワーを手に入れた今、当時与えた強化の必要性がなくなったのは明白と言えるでしょう。

Q - ミスティックショット

反映率 合計攻撃力×1.25 合計攻撃力×1.1

ガリオ

Wがチャンピオンにダメージを与えるように。固有スキルの反映率が低下。Eのクールダウンが短縮。

ガリオは少々苦戦しているため、ダメージを強化することにしました――ただし「E - 正義の鉄拳」によるダイブや「W - デュランドの守り」のタウントといったハイリスクな行動に結びつける形で。端的に言うと(耐久力が高くそれなりにダメージを出せるチャンピオンとして)ガリオには敵に接近するリスクを取ることで優位を得て欲しいのです。

固有スキル - 巨像の一撃

反映率 魔力×0.7 魔力×0.5

W - デュランドの守り

NEWシールドバッシュ タウントしたチャンピオンにチャージした時間に応じて20/30/40/50/60(+魔力×0.2) ~ 60/90/120/150/180(+魔力×0.6)のダメージを与えるようになります
バフ修正 フルチャージしなかったWのタウント効果時間が意図していたよりもを短くなることがあった不具合を修正しました

E - 正義の鉄拳

クールダウン14/13/12/11/10秒 12/11/10/9/8秒

アイバーン

小さな森の体力コストが減少。

以前から、アイバーンが戦いから生き残るには「E - タネバクダン」の短いクールダウンに頼る必要がありました。しかし、攻撃的なジャングラーのキーストーンが「雷帝の号令」から(クールダウンは長いものの)より高い瞬間火力を叩き出せる「電撃」へと移行したことで、アイバーンはシールドを2回使う前に倒されるようになってしまったのです。この変更による歪みを相殺するため、キャンプクリアに必要な体力コストを低減することにしました。

固有スキル - モリノトモダチ

小さな森の体力コスト 基本体力の33%~11.75%(レベル1~18) 基本体力の25%~8%(レベル1~18)

ジャーヴァンⅣ

固有スキルとQのダメージを減少。

「電撃」の高いバーストによってジャーヴァンがもたらすギャンク&キルの脅威が大幅に増加しました。釣り合いを取るために基本ダメージを低下させることにしました。

固有スキル - 武魂の律動

割合ダメージ 対象の現在体力の10% 対象の現在体力の8%

Q - ドラゴンストライク

基本ダメージ 80/125/170/215/260 80/120/160/200/240

カーサス

Rの反映率が増加。

「死神の残り火」を失ったことでカーサスの集団戦での総合的なダメージは低下してしまいましたが、その代わりとなる要素も明確には存在していません。彼の火力にはもう少々パンチが必要と言えるでしょう。

R - 鎮魂歌

反映率 魔力×0.6 魔力×0.75

レオナ

Wのダメージが低下。

これまでも大量の魔法ダメージを振りまいてきたレオナですが、新システムでは魔法防御を得る手段が少ないうえに新ルーン「アフターショック」が登場したことから、今や“やり過ぎ”といっても差し支えないレベルになっています。

W - エクリプス

基本ダメージ 60/100/140/180/220 40/80/120/160/200

マルザハール

Rのダメージが低下。

“マルザハールが敵を倒すために必要なキーの入力回数”は、もうちょっと多くたっていいでしょう。

R - ネザーグラスプ

ダメージ 125/225/325(+魔力×1.1) 125/200/275(+魔力×0.8)

マオカイ

Qのダメージが低下。

魔法防御を得る手段が少なくなったことで、タンクにしてはマオカイの持つ高い基本ダメージは脅威になり過ぎていると言えます。

Q - 茨打ち

基本ダメージ 70/115/160/205/250 65/105/145/185/225

モルガナ

基本マナ自動回復量が増加、マナ自動回復の成長量は減少。固有スキルが小型ユニットに対しては発動しないようになるが回復量は増加。固有スキルが発動するとWのクールダウンが短縮。

過去のモルガナのレーン戦パターンは“ミニオンウェーブにWを敷き、体力を回復しつつそのまま居座る”というまるで面白みのないものでした。そこでこのパターンを先鋭化させ、成功と失敗の違いが明確になるようにし、相手にも反撃できる(もしくは彼女がレーンに居座るのを阻止できる)タイミングを増やすことにしました。こうして汎用的なパワーを低下させれば、その分ソロレーンで上手くプレイできたときのパワーも増加させられるのです。

基本ステータス

マナ自動回復 5秒ごとに8.5 5秒ごとに11.5
レベルアップごとのマナ自動回復増加量 0.8 0.4

固有スキル - ソウルサイフォン

削除スペルヴァンプ 10/15/20%のスペルヴァンプを付与しなくなりました
NEWスペルヴァンプ?なにそれ? 敵チャンピオン、大型ミニオン、大型モンスターにスキルで与えたダメージの15/20/25/30/35/40%(レベル1/4/7/10/13/16)にあたる体力を回復します

W - 苦悶の沼

NEWさらなる苦悶を 固有スキル - ソウルサイフォンが発動するたびに「苦悶の沼」のクールダウンが5%短縮されるようになります

オーン

Wのダメージ減少、クールダウン増加。

「サンファイア・ケープ」のバフが実装されると「W - ふいごの息」に勢いが付き過ぎてしまうでしょう――加えて、オーンはすでに強めのチャンピオンと言えます。そこで基本ダメージ量を削ることにしました。

W - ふいごの息

割合ダメージ 対象の最大体力の12/14/16/18/20% 対象の最大体力の10/12/14/16/18%
クールダウン 12/11/10/9/8秒 13/12/11/10/9秒

リヴェン

Qのダメージが増加。

「戦いの律動」を失ったために、リヴェンは十分な継続火力を出すことができなくなってしまいました。

Q - 折れた翼

ヒットごとのダメージ 10/30/50/70/90(+合計攻撃力×0.75) 15/35/55/75/95(+合計攻撃力×0.8)

シェン

Qの追加ダメージが減少。

基本ダメージのみでダメージ交換に勝ててしまえるシェンは、相手にするにはあまりにも強いトップレーナーと言えます。

Q - 護刃招来

基本追加ダメージ 15/20/25/30/35/40(レベル1/4/7/10/13/16) 5/10/15/20/25/30(レベル1/4/7/10/13/16)

ソナ

Qのコストが増加。Qのオーラの固定追加ダメージが減少、反映率が増加。

パッチ7.22でナーフされてもなお、ソナのポーク性能は圧倒的に強いままだと言えるでしょう。

Q - ヒム・オブ・ヴァロー

コスト 45/50/55/60/65マナ 60/65/70/75/80マナ
オーラによる追加ダメージ 20/30/40/50/60(+魔力×0.2) 10/15/20/25/30(+魔力×0.3)

タリック

基本物理防御が減少。

「ルーンの再構築」で多くのチャンピオンの物理防御が増加しました。ほかのチャンピオンと違いタリックはスキルに物理防御反映率を持っていたため、物理防御のバフによって強化され過ぎてしまっていたのです。

基本ステータス

基本物理防御 45 40

シン・ジャオ

基本体力が減少。Wの2回目のヒットでの反映率が減少。

シン・ジャオは“敵を3回突く”のが得意過ぎるチャンピオンとなっていました。一旦3回突いてしまえば持ち前の基本耐久性能に固有スキルも相まって、あまりにも自由自在にターゲットを攻撃できていたのです(そもそも全体的なダメージ量も少し高過ぎると言えるでしょう)。

基本ステータス

基本体力 600 570

W - 風成雷鳴

突きダメージ反映率 合計攻撃力×0.85 合計攻撃力×0.75

ヨリック

基本攻撃力が減少。

ヨリックは「トリニティ・フォース」と「ステラックの篭手」の相乗効果、先日タワーにも発動可能になった「Q - 葬送」とそれによる通常攻撃のタイマーリセットのおかげで、基本攻撃力から最も恩恵を受けるチャンピオンとなりました。ここに「打ちこわし」のような新ルーンを組み合わせた場合、このスプリットプッシュが得意な墓掘りのもたらすチャンピオンやタワーへのダメージは高くなり過ぎてしまいます。

基本ステータス

基本攻撃力 65 62

ゾーイ

Wの「スペルのかけら」を拾える時間が短縮。Eが壁をすり抜けたあとの射程とスロウ効果が減る一方、「眠り」の効果時間が増加。

ゾーイの「W - スペルシーフ」は相手に大きなプレッシャーを与えます――「スペルのかけら」が地面に落ちると相手は強力な攻撃を警戒するストレスに苛まれます。かけらの取得を妨害するにしろ、かなり長い間そうしていなくてはなりません。そこで、相手がレーン戦で活躍できる余地を広げるため、かけらの持続時間を減少させることにしました。

これに加えて“壁のすぐ近くにいないと壁越しに「E - スリープバブル」を発動させにくい”という不具合も修正しました。これにより、以前よりもう少し離れた場所からの発動が可能になりましたが、想定以上に射程が長くなってしまう可能性もあるため、全体的な射程は低下させています。

Q - パドルスター

クールダウン Qの詠唱を始めた時ではなく、発動時に開始するようになりました
ピンチ 「Q - パドルスター」を発動した直後に「E - スリープバブル」を発動すると、まれに「パドルスター」の再発動インジケーターが消える不具合を修正しました
パドル・スターX2 「Q - パドルスター」をすぐに再発動すると「パドルスター」の再発動インジケーターが画面に残る不具合を修正しました
キラキラ(?)してる 星の最大持続時間に達すると、まれに「Q - パドルスター」の再発動インジケーターに発生するグラフィックの不具合を修正しました
こっちだよ!「R - ポータルジャンプ」を使用しても、まれに「Q - パドルスター」の射程が伸びないことがある不具合を修正しました

W - スペルシーフ

ミニオンが落とした「スペルのかけら」を拾える時間 40秒 20秒

E - スリープバブル

クールダウン 命中すると短縮 敵チャンピオンに命中すると短縮
「眠り」の効果時間 2秒 2.2秒
スロウ効果 「眠気」の徐々に強くなるスロウ効果が20%低下
壁をすり抜けたあとの最大移動距離 800 650
トラップとして作動する範囲 290 250
ミカエルの目覚まし 「ミカエルのるつぼ」で「眠り」を正常に解除できるようになりました
バブル・トラブル 壁のすぐ近くで「E - スリープバブル」を発動すると、まれに短距離で停止してしまうバグを修正しました

ザイラ

基本マナ自動回復量が増加、マナ自動回復の成長量は減少。敵ユニットをキルするたびにWのチャージ時間が短縮。Wが植物の体力を増加しないように。Rは怒り狂った植物の体力を増加。

ザイラは“健全なゲームプレイパターンとは何か?”という長い議論の原因となるチャンピオンの一体です――とくに彼女がミッドレーナーとサポートの狭間で揺れだし、これが悩みの種となった時期ではなおさらでした。また同時に“ほかのレーンへと移行できるチャンピオンの存在はゲーム全体にとってどのような意味を持つのか?”という点についても、彼女には考えさせられてきました。

チャンピオンが1つの役割に限定されず、様々なプレイパターンで楽しんでもらえている光景はとても刺激的なものです。とくにザイラに関しては、よりバランスの取れた形でサポートとして活躍させる方法が見つかったものの、それでもまだまだ成熟した状態だったとは言えませんでした。しかし、今回の変更が適用されれば、我らの愛する植物の女王は思うがままに、あるいはチームメイトが最も必要とするレーンに向かえるようになるはずです。

基本ステータス

マナ自動回復 5秒ごとに8.5 5秒ごとに11.5
レベルアップごとのマナ自動回復増加量 0.8 0.4

固有スキル - 茨の楽園

種の最大発生距離 1300 900
植物の持続時間 5/5.5/6/6.5/7/7.5秒(レベル1/4/7/10/13/16) レベルにかかわらず8秒
種の持続時間(固有スキル) 45秒 30秒(Wの種は60秒のまま変更なし)
植物の体力 Wのランクに応じて4-6 8 (詳しくは以下のWに関する記述を参照)
植物を倒した際に得られるゴールド 5 3

植物が受けるダメージ量

近接通常攻撃を受けると即死してしまいますが、継続ダメージや小型ミニオン/モンスターからの攻撃に強くなりました。また、Wをランクアップしても体力が増加しなくなったことで、終盤戦における耐性も全体的に下がります。また、補足情報として、全体的に植物の数が増えます。
  • クリックで展開
    遠隔通常攻撃 2 4
    近接通常攻撃 2 8
    単体対象スキル 4 8
    範囲効果スキル 2 4
    継続ダメージ効果 2 1
    大型ミニオン/モンスター 1 2
    小型ミニオン/モンスター 1 1

W - 狂い咲き

削除大樹 ザイラの植物の最大体力を10/20/30/40/50%増加させる効果はなくなりました
NEW肥料 ザイラが敵をキルすると「狂い咲き」のチャージ時間が20%減少。敵チャンピオンのキルまたはそのアシスト、あるいは大型ミニオンや大型モンスターのキルの場合は100%減少します

E - 捕縛の根

基本ダメージ 60/95/130/165/200 60/105/150/195/240

R - 茨のゆりかご

NEWエサを寄こせ 怒り狂った植物は現在体力および最大体力が50%上昇します

トップに戻る

アイテム

ブランブルベスト

ダメージの跳ね返しによる基本ダメージが低下するが、物理防御に比例。

「ブランブルベスト」は入手時に所有者のパワーを大幅に上昇させることから、依然として通常攻撃主体のチャンピオンに対するカウンターアイテムとして猛威を振るっています。そのため、このアイテムによってレーン戦の趨勢が決まってしまうことがないよう、能力を引き下げることにしました。
反射魔法ダメージ 15 3 + 増加物理防御の10%

サンファイア・ケープ

オーラのダメージが増加。

今シーズンにおけるタンクの安定したレーン戦略は、「サンファイア・ケープ」と「ブランブルベスト」という2つのアイテムによって実現されています。私たちとしては、両アイテムがタンクの必需品となることで生じるプレイパターンについて、あまり好ましく思ってはいません――「サンファイア・ケープ」は全体的な耐久力を犠牲にすることなくタンクの基本ダメージを過度に向上させてしまう傾向にあり、「ブランブルベスト」は通常攻撃主体のチャンピオンがトップレーンに立つのをかなり困難にしてしまうのです。

しかしながら、これらのアイテムが片一方でも失われてしまえば、タンクのレーン戦でのプレイパターンが崩壊してしまうこともまた事実です。現時点では「サンファイア・ケープ」を復権させる方がバランス上健全なため、パッチ7.9での変更を元に戻すことにしました。とはいえ、将来的には再び「サンファイア・ケープ」のバランス調整を検討したいと考えています。
オーラのダメージ 11 + (1×チャンピオンレベル) 25 + (1×チャンピオンレベル)
対ミニオン追加ダメージ +200% +50%
オーンによろしく これらの変更は「フォージファイア・ケープ」にも適用されます

トップに戻る

ルーン

今回が初めてのルーンの大々的なバランス調整になります!変更のいくつかは以下のタブで個別に説明を記載していますが、説明文がないものは、特定のオプションが同列のほかのルーンよりも強力になりすぎないようにするためのものです。

栄華


キーストーン

プレスアタック

アップデート 対象に「無防備」を付与するのは、それを付与する攻撃によってダメージが与えられたになりました

リーサルテンポ

クールダウン 10秒 6秒

フリートフットワーク

基本回復量 5~50 3~60
回復量への攻撃力反映率 増加攻撃力の10% 増加攻撃力の30%
回復量への魔力反映率 20% 40%
NEWクリティカルレベル 「フリートフットワーク」を発動させる攻撃がクリティカルの場合、「フリートフットワーク」による回復がクリティカルダメージ補正値の40%分増加します
勇壮

オーバーヒール

シールド変換率 回復量の30% 回復量の40%

凱旋

回復 減少体力の15% 12%

冷静沈着

効果時間 5秒 7秒
戦闘

最期の慈悲

ダメージ増加 10% 9%

覇道


追跡

目玉コレクター

アシストごとの目玉獲得数 2 1
狩人

ツールチップ

必ず仕留める 狩人の3つのルーンすべてのツールチップで、キルしたチャンピオンとキルしていないチャンピオンが表示されるようになりました

魔道


キーストーン

フェイズラッシュ

近接チャンピオンで「フェイズラッシュ」を用いるプレイヤーは、ほぼ全てが遠隔チャンピオンのそれを上回るパフォーマンスを見せているため、後者にもスロウ耐性を与えることにしました。
スロウ耐性 遠隔チャンピオンにも付与されるようになりました
優越

追い風

移動速度増加 4% 3%

不滅


抵抗

ミラーシェル

魔法防御 5 6
胆力

超成長

NEWダメージ(?)テキスト ミニオンを倒したことで体力が増加する場合、「+HP」テキストがミニオンの上に表示されるようになりました

生気付与

NEW「ありがとう」は? ルーンの使用者に対するシールド効果と回復効果も強化されるようになりました

天啓


キーストーン

ねこばば

「ねこばば」が順調なスタートを切ったことには大変満足していますが、このルーンを支えている内部のアイテム生成システムには改善の余地があると考えています。私たちの目標は、たとえ使用者が最高のスタートをきっていようと、挽回不能なほど出遅れていようと、最善と最悪のケースの極端な差を縮めることにあります。
削除長過ぎ 射程距離を25増加させなくなりました
アップデートアイテムてんこ盛り 戦利品テーブルの仕組みが変更され、経過時間が長くなるほど獲得した戦利品の内容が均一になるようにしました

ルーンのインターフェースのアップグレードとバグ修正


  • チャンピオン選択画面でルーンページが見えなくなる問題を軽減する修正を行いました。この問題がまだ発生している場合は、ボードの投稿にてお知らせください!
  • ゴーストポロにチームに応じたビジュアルエフェクトが追加されました
  • ルーンページが、コレクションタブで選択したルーンを反映した完全な構造体を表示するようになりました。
  • オプションメニューにサードパーティ認証ボックスを追加しました
  • チャンピオン選択のドロップメニューで前回選択したページが記憶されるようになりました。毎試合"難攻不落"のルーンページから変える必要はなくなります。

別マップでのルーンバランス調整


魂の収穫

戦闘とキルの数がはるかに多くなるランダムミッドでは、「魂の収穫」がとんでもなく強いものになっていました。
チャンピオンが落とす「ソウルエッセンス」数 6 5

「賞金首狩り」シリーズのルーン

NEW祭壇狩り 各祭壇も、確保可能な「賞金首狩り」の個別の標的としてカウントされます

トップに戻る

アイテム&オブジェクトのピン

残り1チャージ アイテム欄で「ヘラルドの瞳」をピンすると、残り使用可能時間がチームチャットに表示されるようになりました
なんとか保たせろ タワーやネクサス、インヒビターをピンすると、チームチャットにその残り体力がパーセンテージで表示されるようになりました

トップに戻る

スキルアイコンのアップデート

アムム

アムムのスキルアイコンがアップデートされました!

固有スキル - 呪いの手


Q - 絡みつく包帯


W - めそめそ


E - だだっこ


R - めそめそミイラの呪い

ドクター・ムンド

ドクター・ムンドのスキルアイコンがアップデートされました!

固有スキル - アドレナリンラッシュ


Q - ホウチョウ


W - バーニングペイン


E - マゾヒズム


R - サディズム

ヌヌ

ヌヌのスキルアイコンがアップデートされました!

固有スキル - 雪遊び


Q - 丸かじり


W - 熱血


E - 氷弾


R - アブソリュート・ゼロ

レネクトン

レネクトンのスキルアイコンがアップデートされました!

固有スキル - 激情の支配


Q - ミートカット


W - メッタ斬り


E - スライス・アンド・ダイス


R - セベクの怒り

トップに戻る

体力バーのアップデート

ゲーム内の体力バーをアップデートしました!……が、これによって何かを覚え直す必要はありませんので、安心して新しく追加されたツールをお楽しみください。このアップデートにより、防御効果を考慮したプレイ/カウンタープレイがやりやすくなり、特殊ステータスの視認性も向上するはずです。さらに決定的瞬間もより明確になることでしょう。

チャンピオンの体力バー

新規 - 無効化系ステータス

  • スペルシールド
  • 無敵(アップデート)

新規 - 復活系ステータス

  • 蘇生可能(ガーディアンエンジェル、ジリアンの「R - クロノシフト」など)
  • 蘇生中(行動妨害テキスト)
  • 不死状態(トリンダメアの「R - 不死の憤激」、キンドレッドの「R - 羊の執行猶予」)

新規 - 移動系ステータス

  • 行動妨害無効(マルファイトの「R - アンストッパブル・フォース」、オラフの「R - ラグナロク」)

新規 - 防御効果系ステータス

  • 物理防御上昇・低下
  • 魔法防御上昇・低下
  • 複合防御上昇・低下

新規 - 決定的瞬間の明示

  • 瞬間的大ダメージのアニメーション、およびカメラ振動(オプションでオンオフ可能)
  • 瞬間的大回復のアニメーション
  • その他ダメージの色やタイミングを分かりやすくすることで、可視性と反応性全般を改善

チャンピオン以外の体力バー

  • 見た目上の改善をいくつか実施、サイズに変更なし
  • バロンと交戦時にバロンの体力バーがあちこち跳ね回らずにその場に留まるように変更
  • アルティメットスキルで召喚するペット(ティバーズ、デイジー、霧の乙女)とリフトヘラルド(召喚)の体力バーを改善
  • ミニオンの体力バーには変更なし

全体的な改善

  • 4K対応(カーソルは未対応です、ごめんなさい!)
  • 新たな技術スタック=新要素の追加・維持が簡単に!

感覚的に「これまでどおり」であるはずのもの

  • ラストヒット
  • オブジェクトの奪取
  • 主なオブジェクトや建造物の体力バーの幅は一つも変更されていないため、プレイヤーが体で覚えている感覚のままにスマイト可能

トップに戻る

クライアント内のチャンピオン紹介文

前回から続けていた作業が終了し、ほとんどのチャンピオンの短い紹介文が作成または修正されました。完全な紹介文はユニバースに残りますが、今回の変更によってクライアント内で各チャンピオンの統一された簡単な概要を見ることができるようになります。

トップに戻る

グループ

フレンドに追加していなくても対戦結果画面から自分のグループに招待できるようになりました。“フレンドと言うにはまだちょっと……”という時に役立つはずです。
微妙な立場の問題 対戦結果画面から知らないプレイヤーをグループに招待できるようになりました

トップに戻る

クラブ

クラブのメンバー上限が100人に倍増します。この変更は本パッチ期間の後半に導入予定です。

これは長らく要望されていたものなので、遅くとも年末までには実装したいと考えていました。
アップデート100人力 クラブのメンバー数上限 50 100
秘密クラブ禁止令 クラブページ以外でクラブのタグと名前が表示されない場合があった不具合を修正しました

トップに戻る

近日開催のイベント

新たなスノーダウンスキン

このパッチで3つのスノーダウンスキンがソリに乗って登場します。

トップに戻る

スキンの名称変更

新スキン「やんちゃなエルフ ジンクス」が登場したので、もしかしたらほかにもエルフがいるかもしれないと探してみたところ、実はエルフだったチャンピオンたちを発見しました。よって、以下のスキンの名称を変更します。
お耳が長いのね
「可愛いサンタ トリスターナ」の名称を「可愛いエルフ トリスターナ」に変更しました
お耳が見えないのね
「サンタの妖精 ティーモ」の名称を「ほがらかエルフ ティーモ」に変更しました

新規&復刻エモート


新エモート

今回のスノーダウンで以下のエモート7種が新たにお目見えします。

うれシカ~/サァァァァンキュー!/ジンクスより愛をこめて/かなシカ~
ブラウムクッキー/ドレィイィヴンクッキー/ボクのだよ


復刻エモート

昨年こちらのエモートを入手された方は、自動でコレクションに表示されます。(実は、スノーダウン以外のエモートも3つ、特別に使用可能になります。皆には内緒ですよ!)

スノーベル/返品済みアムム/ポロのおやつ

新たなミッション

楽しい(愉しい?)ミッションをプレイして、イベント限定のエモートや期間限定のポロスキンなどを獲得しましょう。

ゲームモード「ポロキングの伝説」が復活

ポロキングの伝説が2017年12月13日(水)午前1時~12月20日(水)午前0時55分、2018年1月3日(水)午前1時~1月9日(火)午後4時59分の期間限定でプレイ可能です(開催期間中は常時開放)。ハウリングアビスを舞台とした雪合戦で、敵目掛けて雪玉を雨あられと投げつけ、偉大なるポロキングを招来しましょう。スノーダウン期間中、ポロアイコンを装備することでそれぞれに対応したスキンを着たポロたちと一緒に戦えます。

新ゲームモード「スノーバトルARURF」が登場

刃向かう敵には凍てつく最期があるのみ!容赦ないARURF ( オール・ランダム・ウルトラ・ラピッド・ファイア ) でスペルや雪玉を思い切り投げつけましょう。2017年12月20日(水)午前1時~2018年1月3日(水)午前0時55分(期間中常時開放)の期間限定で、極北のごとくクールなチャンピオンたちが競い合います。このゲームモードではすべてのスノーダウンと冬テーマのスキンがフリープレイの対象となります。スノーダウン期間中、ポロアイコンを装備することでそれぞれに対応したスキンを着たポロたちと一緒に戦えます。

トップに戻る

トップに戻る

バグ修正

  • サイオンが「ガーディアン」キーストーンを使用する前に死亡した場合に、「ガーディアン」が機能しなくなることはなくなりました
  • ゴールド増加アイテムの「ちょろまかし」の自動効果で、チャンピオンの通常攻撃だけではなくペットの通常攻撃からもゴールドを得られていた不具合を修正しました
  • イラオイやほかの味方が、イラオイのE - 魂の試練により引きずり出された魂を対象にしようとした時に、その魂の体力バーが消えてしまうことはなくなりました
  • 「秘儀の彗星」がミニマップにアイコン表示されていた不具合を修正しました
  • タリックのW - バスティオンを味方に使ったときに、「エアリー召喚」のシールドが正しく付与されるようになりました
  • アーゴットがR - デスグラインダーでチャンピオンを倒したときに、「魂の収穫」キーストーンで正しく「ソウルエッセンス」を獲得するようになりました
  • コーキの自動効果 - ヘクステック榴散弾がミニオンへの追加ダメージも参照していた不具合を修正しました
  • 「プレスアタック」を使うチャンピオンが「プレスアタック」を使う敵を攻撃した場合に、両者のスタックに異常が見られた問題を修正しました
  • 「エアリー召喚」を持つチャンピオンに対して、リー・シンのW - 守りの型またはブラウムのW - ワシに任せとけ!を使った場合に、エアリーがスキル使用者のもとに飛ぶことがあった不具合を修正しました
  • 90秒経過前にスマイトを詠唱した時にクールダウンが15秒に減少しなくなりました
  • ラムスがQ - ころころまたはW - かたくなるを使用した時に、パッチ7.22で増えた分の基本物理防御を失なわなくなりました
  • 死亡している状態で購入を元に戻す操作をすると復活時にサイトストーンのワードが補充されなくなっていた問題を修正しました
  • 対戦結果のデータ画面で、インヒビターへのダメージも対オブジェクトのダメージに加算されるようになりました
  • シンドラがW - ダークフォースを使ってQ - ダークスフィアを投げ飛ばしている間にR - 魔力の奔流を使うと、その「ダークスフィア」が前進をやめてR - 魔力の奔流に使用されることがあった不具合を修正しました
  • ゲーム内の三国武将シン・ジャオのルビークロマに、ストアやチャンピオン選択時のアセットと同様のテクスチャが使われるようになりました
  • 勝利の栄光グレイブスの各種クロマの銃の宝石とモデルを調整し、オリジナルの勝利の栄光グレイブスのようにしました
  • 雷刃ゼドの手裏剣が死亡時アニメーション中に背中を貫通しなくなりました
  • PROJECT VIのQ - 真っすぐいってぶっとばすが、発動時や敵チャンピオン命中時にデフォルトスキンのビジュアルエフェクトを使わなくなりました
  • PROJECT VAYNEが体力ポーションを使用した時にワード設置時のセリフを発しなくなりました
  • PROJECT VAYNEの髪の毛とケープが、放置時アニメーション中にスムーズにループするようになりました
  • 死亡時のアニメーションでチョ=ガスの各種スキンがジュラシック チョ=ガスの死亡時の効果音を借用しなくなりました
  • 「ヘクステックフラッシュネイター」の戦闘状態クールダウンがサモナースペルのクールダウン短縮効果を受けるようになりました

トップに戻る

ストアアップデート

ウェルカムバック ライトランサー&ダークランサー ブリッツクランクのスキンがストアに復活しました
チェックバック セット購入にチェックボックスを表示することで、セット内のアイテムに関して払い戻しは行わないことを明確化しました

トップに戻る

近日公開のスキン

パッチ7.24において、以下のスキンがリリースされます。

トップに戻る


1 week ago

タグ付け: 
Patch Notes