パッチノート 8.10

Aether, Gentleman Gustafによる

皆さん、こんにちは!

パッチ8.10へようこそ! 前回のパッチではマナとウェーブクリア能力に着目しましたが、今回はジャングルと連続キル中の敵を倒した際の賞金の見直しを図ります。

ではまずジャングルへの変更から。“序盤におけるジャングラーからのプレッシャーを低下させる”ための努力はこれまでも行ってきたことですが、このパッチではジャングルキャンプ周りを調整することで、それをさらに押し進めることにしました――簡単にまとめると、ゲーム序盤ではほとんどのジャングルキャンプから得られる経験値が減少する代わりに、リフトスカトルの価値が増加します。魅惑のサワガニちゃんを賭けた決闘に勝てるジャングラー、または相手の対処が及ばぬうちにこっそり彼女を奪い取れるジャングラーは、経験値とサステイン面で有利に立てるようになり、かつそれをマップ全体でのプレイへと活かせるようになるでしょう。

続いては、連続キル中の敵を倒した際の賞金について。私たちは長いこと、賞金を“チーム全体の目標”のひとつ――育った敵を倒し、多額のゴールドを獲得してチームに勝機を取り戻す――として扱ってきました。これは敵がスノーボールしきってしまう前に反撃のチャンスを与えるためのアイディアだったのですが、現時点ではこのゴールドがチーム全体に分配されることから、それぞれのプレイヤーからすると“折角ビッグプレイを成功させたのに見返りがあんまりないなあ……”と感じられてしまっているようです。

最後に、キーストーン以外のルーンへのバランス調整に関して。ルーンシステムのリニューアルから(そして、新たなキーストーンにプレイヤーたちが適応できるだけの)十分な時間が経過したため、複数のマイナールーンに調整を行うことにしました。

それでは、皆さんの幸運を祈って――お楽しみください!
Mattias "Gentleman Gustaf" Lehman Paul "Aether" Perscheid

トップに戻る

パッチ・ハイライト

トップに戻る

チャンピオン

サイオン

基本体力自動回復が減少。Eの基本ダメージが減少、ダメージ反映率が上昇、副次対象に追加ダメージを与えないように。Eの物理防御低下が2段階目の対象にも付与されるようになり、効果時間が増加。

「E - 殺意の雄叫び」でノックバックされたユニットがもたらす追加ダメージは単純にデカすぎました――これにより、サイオンは様々なこと(ウェーブクリア、ポーク、遠距離からのレーンコントロール)を高いレベルでこなすことができてしまっていたのです。Eが命中した対象すべてに物理防御低下効果を与えるようにすればQの与ダメージも増えるため、結果として“Q上げ優先”を後押しできるはずです(少なくとも、レーンコントロール能力のためにE上げを優先した場合の“犠牲”は増えることでしょう)。

基本ステータス

基本体力自動回復 5秒ごとに10 5秒ごとに9

E - 殺意の雄叫び

基本ダメージ 70/105/140/175/210 65/100/135/170/205
魔力反映率 魔力×0.4 魔力×0.55
2段目のダメージ ノックバックした敵ユニットが衝突した対象には130% 100%
物理防御低下 メイン対象に20% 「殺意の雄叫び」またはノックバックされた敵ユニットが命中した対象すべてに20%
物理防御低下効果時間 2.5秒 4秒

R - 猪突猛進

NEWはい、台車通りまーす アルティメットが味方のアジールのR - 皇帝の分砂嶺に止められないようになりました

ドクター・ムンド

Rのコストとクールダウンが増加。

前回のパッチでの変更により、ムンドのアルティメットの持つパワーは満足のいくレベルになりました。……しかし、“どのタイミングで使うべきか?”という判断に関しては、わりとテキトーでもなんとかなってしまっていました。クールダウンとコストを増加させれば、使用タイミングに頭を悩ませる必要が出てくることでしょう。

R - サディズム

クールダウン 100/85/70秒 110/100/90秒
コスト 現在体力の20% 現在体力の25%

ポッピー

移動速度が上昇。

前回のパッチにおけるポッピーへの変更は、彼女のパワーをほとんど変動させない“調整”のつもりだったのですが、結果的には少々低下させてしまっていたようです。そこで、彼女が戦闘中に(または戦端を開こうとする際に)もっと自由に動けるよう、移動速度への弱体化を元に戻すことにしました。

基本ステータス

移動速度 340 345

ザック

Wの魔力反映率を削除。EとRのダメージの魔力反映率が増加。

この変更は前回のパッチでのシヴァーナと同様、ダメージを重視した魔力ビルドとタンクビルドの差異を大きくするためのものです。タンクビルドのザックには敵の眼前に立ちはだかってWを連打できるだけの耐久力がありますが、魔力ビルドの場合その際に受ける反撃から生き延びるのは容易ではありません。そこで、Wからもっとインパクトの高いスキルへと魔力反映率を移し替えることにしました――これにより、魔力ビルドのザックであれば、自身が“破壊を目的に作られた生体兵器”だったことを思い出せるようになるはずです。

W - スライムクラッシュ

削除魔力反映率 100魔力ごとに対象の最大体力の2%の追加ダメージを与えることはなくなりました(基本最大体力割合ダメージは変更なし)

E - ブッ飛びスライム

反映率 魔力×0.7 魔力×0.9

R - レッツバウンス!

反映率 魔力×0.7 魔力×0.9

バード

Wのマナコストが減少。

バードはWのマナコストが高いせいで、とくにレーニングフェイズ(敵味方双方がレーン戦を繰り広げている状況や時間帯を指します)では活躍できるタイミングが限られています。Wのマナコストを低減させてあげれば、自分や味方の体力を回復するか、試合を動かすプレイのためにマナを取っておくかで必要以上に悩まされることもなくなるはずです。

W - 回復の遺物

コスト 90マナ 70マナ

キンドレッド

細かな使い勝手向上のバフです。

固有スキル - キンドレッドの刻印

NEW群れなす狩人 キンドレッドがダメージを与えてから6秒以内なら、印を付けた獲物のジャングルモンスターを味方がキルしてもキンドレッドが固有スキルのスタックを得られるようになりました

トップに戻る

アイテム

アップデート

ルーンエコー

素材をエーテルウィスプからロストチャプターへ変更。移動速度を削除。クールダウン短縮とマナを付与。

ここしばらくの間、サモナーズリフトでメイジジャングラーの姿を見かけることはかなり少なくなっていたため、その状況を変えたいと考えました――「ルーンエコー」のレシピを変更して(メイジの中核となるステータスである)マナとクールダウン短縮を付与し、ステータス効率を高めれば、より多くのメイジたちがジャングルモンスターとタンゴを踊れるようになるはずです。

これに加えて「ハンタータリスマン」にも変更が行われる(下を参照)ため、メイジジャングラーたちは「ルーンエコー」購入前から快適なジャグリングが可能になることでしょう。
トータルコスト 2625ゴールド(変更なし)
レシピ エーテルウィスプ + ストーカーブレード + 増魔の書 + 345ゴールド ストーカーブレード + ロストチャプター + 325ゴールド
削除移動速度 +7%
NEWマナ 300
NEWクールダウン短縮 +10%

ワードトーテム(トリンケット)

ワードの持続時間が増加するがクールダウンは延長。

これらの変更により、“上手く設置されたワードの価値/下手に設置されたワードの代償/ワードをスイーパーで排除した際の利益”の全てが高まります。二石三鳥です!
ワードの持続時間 60~120秒(チャンピオンレベル1~18) 90~180秒(チャンピオンレベル1~18)
チャージ時間 180~90秒(チャンピオンレベル1~18) 240~120秒(チャンピオンレベル1~18)

サポートアイテム&ジャングルアイテムの購入制限

サポートアイテムとジャングルアイテムはどちらか1つしか持てないように。

ジャングラー用アイテム及びサポート用ゴールド増加アイテムは、ミニオンでファームできるポジションに比べて獲得ゴールドが低くなりがちなポジションの面々が、それぞれ独自のパワーを低コストで得られるようにするためのものです。“ジャングラーがサポート用ゴールド増加アイテムを濫用する”という状況はこれまでにも時折発生しており、その都度対処をしてきましたが、そろそろその可能性自体を排除してもいい頃合いでしょう。
ハンターマチェット、ハンタータリスマンおよびそれらのアップグレード品と、エンシェントコイン、スペルシーフエッジ、レリックシールドおよびそれらのアップグレード品を同時に持つことはできなくなります。

トップに戻る

ルーン

バランス調整です。
覇道

「追い打ち」のダメージが上昇。「巧妙な賞金首狩り」のアイテムのクールダウン短縮について、初期値を上昇させる代わりにスタックごとの短縮率を低下。

追い打ち

ダメージ 12~30 15~40

巧妙な賞金首狩り

アイテムの発動効果のクールダウン短縮(基本値) 10% 15%
アイテムの発動効果のクールダウン短縮(スタックごとに獲得) 6% 5%
魔道

「フェイズラッシュ」の移動速度が増加。

フェイズラッシュ

移動速度 15~40% 25~40%
不滅

「打ちこわし」の基本ダメージが増加。「羽化」の体力が減少。「ボーンアーマー」のダメージ軽減効果が減少。

打ちこわし

基本ダメージ 125 175

羽化

体力 60 50

ボーンアーマー

ダメージ軽減 20~50 15~40
天啓

始まりのストップウォッチがより早く利用可能に。

パーフェクトタイミング

使用可能になるまでの時間 10分 8分

トップに戻る

ジャングル

キャンプの経験値

ジャングルモンスターから得られる経験値が減少、ただしレベルとともに獲得量が上昇するように。

“ジャングラーがソロレーナーよりも先にレベル3になってギャンクを成功させる”ケースが頻繁に見られることからも、序盤戦におけるジャングラーの影響力が高すぎることは明らかでしょう――そこで、序盤戦のプレッシャーを低下させるための調整を行いました。その一方で、敵ジャングラーからリードするための新たな方法として、リフトスカトルの価値を向上させてもいます。
削除減速 チャンピオンのレベルがモンスターよりも高い場合に、1レベル差ごとに経験値が5%減少することはなくなりました
NEWレイドボス モンスターから得られる経験値が、モンスターレベルに応じて上昇するようになりました(レベル7で最大)
ブルーセンチネル 180 115~180(モンスターレベル1~7)
レッドブランブルバック 180 115~180(モンスターレベル1~7)
クルーグ(大) 125 100~157(モンスターレベル1~7)
クルーグ(中) 35 35~55(モンスターレベル1~7)
クルーグ(小) 7 7~11(モンスターレベル1~7)
ウルフ(大) 100 65~102(モンスターレベル1~7)
ウルフ(小) 40 25~39(モンスターレベル1~7)
ラプター(大) 62 20~31(モンスターレベル1~7)
ラプター(小) 35 19~30(モンスターレベル1~7)
グロンプ 200 115~180(モンスターレベル1~7)
削除グリンプ 初回クリア時に、グロンプから得られる経験値が37.5%減少しなくなりました
削除フライング 初回クリア時に、クルーグ(中)、クルーグ(小)、ラプター(大)から得られる経験値が25%減少しなくなりました
アップデートコーンフレーク クルーグ(大)の初回クリア時の経験値50% 30%減少
リフトスカトル

試合開始時に2体同時に出現するが、両方とも倒された後は1体のみ出現するように。初回討伐以降に出現する際はより硬くなる代わりに経験値が増加。

リフトスカトルは現状、競って取り合うようなモンスターとは言えません。そこで、ゲームの進行とともにジャングラー(ひいてはチーム全体)同士の競い合いを激化させるため、彼女を倒した際の見返りを向上させることにしました。今後、ジャングラーはリフトスカトルを倒すことで、視界による有利を得られるだけでなく、経験値の面でも差をつけられるようになります。
体力 800~3920(モンスターレベルに応じて変化) 1200~2480(モンスターレベルに応じて変化)
経験値 10 115~230(モンスターレベル1~9)
ゴールド 70 70~140(モンスターレベル1~9)
最初の出現タイミング 2:15 2:00
NEW「――決着を付けましょう」 最初はトップ側およびボット側の両方の川に1体ずつ出現します。なお、復活までのタイマーはこの2体が両方倒されてからカウントを開始します
「――ええ。サモリフにカニは2体もいらない」 最初のリフトスカトルが2体とも倒された後は、マップ上に存在できるのは常に1体のみです。復活する場所はランダムに決定されますが、復活前にマーカーで表示されます
復活までの時間 180秒 135秒
NEW固い甲殻 リフトスカトルに追加で付与されている防御力の有無をわかりやすくするため、パーティクルのエフェクトがつくようになりました
アップデートカニーフルーツ リフトスカトルがハニーフルーツを横取りしようとする確率が大幅に減少しました
倒した時のマナ回復 10~40(失ったマナに応じて) 50~200(失ったマナに応じて)
アイテム

ジャングラー用初期アイテムがアップデート。詳細は各項目にて。


ハンタータリスマン

「ハンタータリスマン」は比較的弱いアイテムとなっているため、強化することにしました。この変更により、マナの問題で初回のキャンプクリアが難しかったチャンピオンも、ジャングラーとして使えるようになるはずです。
「トゥース」によるダメージ 5秒かけて45ダメージ 5秒かけて60ダメージ
「トゥース」による回復 5秒かけて体力25 5秒かけて体力30
削除キンドル 増加体力を得ていても、「5秒かけて75ダメージ」に強化されることはなくなりました
削除基本マナ自動回復 ジャングルにいる間150%
NEWジャングルの魔法 ジャングルまたは川の中にいる間、失ったマナに応じて5秒ごとにマナを回復する(最大40)
NEWレベル2 最初の大型モンスターをキルした際に120の追加経験値を獲得

ハンターマチェット

「ハンターマチェット」の増加攻撃速度を削除し、代わりにそれ以外の部分を強化することにしました――この攻撃速度増加効果はもともと、ジャングラーを「栄華」ツリーに縛り付けないようにするためのものでしたが、のちにパスボーナスが変更されたことから、今ではほとんど問題になっていません。この変更については経過を注意深く見守り、もしも大きな不利益を被るジャングラーがいた場合は適宜補填を行っていくつもりです。
対モンスター命中時ダメージ 25 35
削除サクサク ジャングルモンスターを攻撃しても2秒間攻撃速度が15%増加しなくなりました
NEWレベル2 最初の大型モンスターをキルした際に120の追加経験値を獲得

スカーミッシュセイバー

「ハンタータリスマン」と「ハンターマチェット」への変更を反映。
削除サクサク ジャングルモンスターを攻撃しても2秒間攻撃速度が15%増加しなくなりました
対モンスター命中時ダメージ 30 40
削除基本マナ自動回復 ジャングルにいる間225%
NEWジャングルの魔法 ジャングルまたは川の中にいる間、失ったマナに応じて5秒ごとにマナを回復する(最大40)
NEWレベル2 最初の大型モンスターをキルした際に120の追加経験値を獲得

ストーカーブレード

「ハンタータリスマン」と「ハンターマチェット」への変更を反映。
削除サクサク ジャングルモンスターを攻撃しても2秒間攻撃速度が15%増加しなくなりました
対モンスター命中時ダメージ 30 40
削除基本マナ自動回復 ジャングルにいる間225%
NEWジャングルの魔法 ジャングルまたは川の中にいる間、失ったマナに応じて5秒ごとにマナを回復する(最大40)
NEWレベル2 最初の大型モンスターをキルした際に120の追加経験値を獲得

トップに戻る

賞金

チームにではなくキルしたプレイヤーのみに連続キルの賞金が与えられるように。

現状では、活躍したプレイヤーが得るべき報酬がチーム全体に分散されすぎていると言えます。この点を順次改善していきたいと考えており、まずは手始めに「連続キル賞金」をチームのものから個人のものへと変更することにしました。なお、これ以外の“チームへの報酬”についても引き続き見直しを検討していく予定です。
ヘッドハンター 賞金の発生するキルをアシストしてもゴールドボーナスは発生しなくなりました
1キル 100ゴールドをチームで分配 賞金なし
2キル 150ゴールドをチームで分配 賞金なし
3キル 300ゴールドをチームで分配 キルしたプレイヤーに200ゴールド
4キル 350ゴールドをチームで分配 キルしたプレイヤーに250ゴールド
5キル 450ゴールドをチームで分配 キルしたプレイヤーに300ゴールド
6キル以上 450ゴールドをチームで分配 キルしたプレイヤーに300ゴールド(+ 5キル以降の1キルごとに25ゴールド)
キルされた場合の賞金への変更 死亡すると賞金レベルが3降下 死亡すると賞金レベルが0にリセット

トップに戻る

リプレイ

ほかのプレイヤーのランク戦とClashのリプレイをダウンロードできるように。

すべての競技対戦を“パブリックドメイン(公有)”なものとして扱うことで、リプレイを(対戦相手を偵察するためであれ、自分自身やClashのチームメイトの試合を確認するためであれ)検証や上達の手立てとして誰でも活用できるようにしたいと考えています。
映像分析 クライアント内の個人の対戦履歴ページからClashの試合のリプレイをダウンロードできるようになります
スカウトの掟 クライアント内の個人の対戦履歴ページからランク戦のリプレイをダウンロードできるようになりました

トップに戻る

リーグ・クライアント

バグを修正。
ラグ減少 リーグ・クライアントがバックグラウンドに送られているときに必要以上のリソースを消費していた不具合を解消しました。ハイエンドマシンではFPSが向上するはずです

トップに戻る

バグ修正

  • ルブランのE - エーテルチェインがステルス状態のチャンピオンを正しく可視化するようになりました
  • ルーン「へクスフラッシュ」を他のサモナースペルに交換したときに、戦闘時にそのサモナースペルを使用できなくなる不具合を修正しました
  • デスの原因にケネンのW - 稲妻の奔流の自動効果によるダメージが正しく表示されるようになりました
  • スウェインのE - 束縛の爪がエピックモンスターに対して誤って2倍のダメージを与えなくなりました
  • 死亡している間もルーン「冷静沈着」がキルまたはアシスト獲得により正しくクールダウンを短縮するようになりました
  • タロンのE - 暗殺者の跳躍でタロンが意図したのとは逆の方向に飛び越えてしまうことが少なくなりました
  • バードのQ - 宇宙の法則をガングプランクのE - 火薬樽に当てても、間に挟んだユニットをスタンできなくなりました
  • ガレンのQ - 断固たる一撃がティーモのR - 毒キノコのキノコに正しくダメージを与えるようになりました
  • リーグボイスが、使用しているデフォルトのコミュニケーションデバイスをより正確に参照するようになりました
  • 試合開始時にビィーモが出撃地点からホームガード効果を持って飛び立つようになりました
  • バトルキャスト チョ=ガスのE - ヴォーパルスパイクのサウンドが、スキンのテーマにより沿ったものになりました
  • 龍使いルルのダンス中に効果音が一回のみ再生されるようになりました
  • スターガーディアン アーリのジョーク中の使い魔キコにエコーがかからなくなりました
  • 「シュレリアの思念」を発動したときに詠唱がキャンセルされなくなりました
  • ヨリックのチャンピオン選択時に、リワーク前のボイスではなく、正しいボイスが再生されるようになりました

トップに戻る

近日公開のスキンとクロマ

今回のパッチで、以下のクロマが公開されます。

龍帝スウェイン (パール)

龍帝スウェイン (タンザナイト)

龍帝スウェイン (ルビー)

龍帝スウェイン (エメラルド)

龍帝スウェイン (サファイア)

龍帝スウェイン (オブシディアン)

トップに戻る

戦利品

NEWピカピカ ヘクステックチェストの代わりに、スキン系アイテムのみが入ったマスターワーク チェストがジェムストーン1つと交換できるようになりました。

トップに戻る


5 months ago

タグ付け: 
Patch Notes