パッチノート 9.17

Aether, shio shoujoによる

バフをお待ちかねの皆さん、こんにちは!

パッチ9.19(Worlds 2019で採用されるパッチ)のリリースまでは、ゲームバランスへの影響が大きくなりそうな変更は行わないつもりです……が、それはそれとして、このパッチではオレリオン・ソルとケイルに大きめの調整を行っています。変更内容は基本的に“彼らが有効、あるいは安定したピックとして見られない理由となっていた弱点を補強する”ものです――全体として、オレリオン・ソルはプレイングの良し悪しが分かりやすくなるほか、活躍した際の手応えも改善され、ケイルはレーン戦において、ただただ無力なだけの存在ではなくなることでしょう。

それでは!
Hanna “shio shoujo” Woo Paul "Aether" Perscheid

トップに戻る

ミッドパッチアップデート

コレクションへの変更

すでにお気付きかもしれませんが、チャンピオンアイコンの大きさを統一して、チャンピオンタブ内に今後追加されるチャンピオンの詳細情報を表示するスペースを確保するために、コレクションのレイアウトに変更を行いました。変更内容は以下のとおりで、同時に行われたバグ修正についてもあわせて記載しています。

また、試合中に統計データパネルを表示するボタンが追加され、コレクション内にはエターナルの達成状況を確認できる「達成状況」タブが追加されています。ただし、これらの機能はライブサーバーでは無効化されており、まだ利用はできません。無効化されて利用できないボタンやタブを表示している理由はPBE(パブリックベータ環境)で有効化するためなので、PBEアカウントをお持ちなら、ぜひ新要素のエターナルを試してみてフィードバックをお寄せください!
新たなゲーム内UIを追加 試合中にエターナルの達成状況を確認できる、統計データパネルを表示するボタンを追加(※現時点では無効化されていて利用できません)
新たに「達成状況」タブを追加 クライアントのコレクション内にエターナルとチャンピオンマスタリーの達成状況を確認できる「達成状況」タブを追加(※現時点では無効化されていて利用できません)

コレクション

チャンピオンアイコンのサイズ チャンピオンアイコンが大きく表示されるようになり、ロード画面やスキンタブで表示される画像とサイズを統一しました。また、今後追加される情報を表示するためのスペースも確保されています
マスタリーチェスト獲得を示す枠への変更 マスタリーチェストを獲得した際にチャンピオンアイコンに表示されていたゴールドの枠はなくなります。その代わり、チャンピオンのツールチップで表示されるものと同じ戦利品チェストのアイコンが表示されるようになります
フィルターの選択肢の追加 「使用頻度の高いポジション」など、チャンピオン選択時と同様のフィルターを利用可能になりました
何も表示されないチャンピオンのバグ修正 チャンピオンタブ内でチャンピオンアイコンに何も表示されず、「なし」と表示されることがあった不具合を修正しました
マスタリーのバグ修正 チャンピオンタブ内のチャンピオンアイコンにマスタリーレベルが正しく表示されていなかった不具合を修正しました
テキストのバグ修正 チャンピオンタブおよびコレクション内で正しく改行されていなかったテキストを修正しました

パッチ・ハイライト



古の賢樹アーリ、古の賢樹ベイガー、古の賢樹ノクターンは日本時間2019年8月30日、地獄の業火シェン、地獄の業火ガリオ、地獄の業火ヴァルスは日本時間2019年9月6日に発売予定です。

トップに戻る

チャンピオン

オレリオン・ソル

固有スキルのダメージが低下、魔力反映率が固定値に、星が行動妨害で無効化されないように。Qのクールダウンがスキルレベルに応じて変化するように、増加移動速度が上昇、星の核がオレリオン・ソルの移動速度に合わせて移動するように。Wは星の軌道を拡大させると共に周回速度を増加(徐々に減衰)、クールダウンが低スキルレベルで延長/高スキルレベルで短縮、発動時間に応じてマナコストが増加しないように。Eの自動効果の増加移動速度を削除、射程が増加しクールダウンが延長、発動効果中の移動速度がスキルレベルに応じて増加するように。

スケーリング性能、および試合終盤におけるパフォーマンス向上と引き換えに、試合序盤に対抗策を取られた際の脆さを強調することにしました。またWを調整することにより、新たにこの宇宙ワンちゃんをプレイする場合のハードルを下げつつも、自身のプレイの良し悪しを判断しやすくすると共に、正しくプレイできた際の手応えも改善しました。

固有スキル - 宇宙の中心

基本ダメージ 20/23/26/29/32/35/40/45/50/55/
60/70/80/90/100/110/120/130
16/18/20/22/24/27/30/35/40/45/50/
60/70/80/90/100/110/120
反映率 魔力×0.18~0.35(チャンピオンレベル1~18) 魔力×0.25
削除行動妨害による無効化 スキル詠唱を止められる行動妨害によって「宇宙の中心」の星が無効化されることはなくなりました

Q - 星の胎動

クールダウン 10秒 11/10/9/8/7秒
増加移動速度 10% 20%
NEW星の海でつかまえて オレリオン・ソルの移動速度が星の核よりも速かった場合、彼にあわせて星の核の移動速度が上がるようになりました

W - 星域拡大

NEWゴーシュート! 星を最大周回軌道まで拡大した際、星のダメージが増加し、周回速度が増加します(速度は徐々に元に戻ります)。発動から3秒経つ、または早めに再発動した場合、星の周回軌道が収縮しオレリオン・ソルは1.5秒かけて減衰する40%の増加移動速度を獲得します
クールダウン 6/5.5/5/4.5/4秒 8/6.5/5/3.5/2秒
マナ 40マナ + 発動中毎秒22/24/26/28/30マナ 発動時に70/80/90/100/110マナ

E - 伝説の彗星

削除自動効果 一定時間同じ方向に進み続けても増加移動速度を獲得できなくなりました
射程 3000/4000/5000/6000/7000 5500/6000/6500/7000/7500
クールダウン 60/55/50/45/40秒 80/75/70/65/60秒
移動速度 600 600/650/700/750/800

ガリオ

Qのクールダウンが低スキルレベルで短縮。Wの最小および最大ダメージが上昇。

ガリオはここ数パッチの間、“地面スレスレを低空飛行”といった調子でしたので、ピック競争に負けないよう強化を施すことにしました。

基本ステータス

無駄に細かい数値を切り上げ

マナ自動回復 9.335 9.5

Q - 戦の旋風

クールダウン 14/13/12/11/10秒 12/11.5/11/10.5/10秒

W - デュランドの守り

最小ダメージ 10/20/30/40/50 20/35/50/65/80
最大ダメージ 30/60/90/120/150 60/105/150/195/240

カリスタ

基本攻撃力、マナ、レベルアップごとのマナが上昇。

基本ステータスの面からカリスタを強化することで、平均的なスキル帯のプレイヤーが使った際にもっと活躍しやすくするとともに、活躍できる試合の幅も広げたいと考えました。

基本ステータス

基本攻撃力 67 69
マナ 231.8 250
レベルアップごとのマナ 35 45

ケイル

4形態すべてで固有スキルのボーナスを調整。Qでマナの一部が払い戻しされるように、発動時のディレイが短縮、弾速が低下、射程が短縮、詠唱時間を調整、敵の防御力低下率が減少、効果時間が延長。Eの追加ダメージが高スキルレベルで低下、反映率が上昇、命中時の反映率を調整。Rのマナコストがスキルレベルに応じて減少するように、効果範囲が増加。

試合終盤のキャリー能力を低下させる代わりに、序盤戦でのパワーを高めることにしました。この変更後も“序盤が弱すぎる分、終盤は神ってるチャンピオン”という特徴に変わりはないでしょうが、“神チャンプ”になれるかどうかは、今まで以上に使い手(と対戦相手)の立ち回りに依存するようになるはずです。

固有スキル - 聖なる上昇

形態変化の順番 チャンピオンレベル6でアフレイム形態、チャンピオンレベル11でアライズン形態に変化 チャンピオンレベル6でアライズン形態、チャンピオンレベル11でアフレイム形態に変化
「ゼレス」の増加移動速度 「崇高」状態時、敵に向かって移動する場合に15% 「崇高」状態時、移動方向を問わず8%
「ゼレス」のスタック獲得源 建造物以外に対する通常攻撃 すべての通常攻撃
「アライズン」形態での通常攻撃射程 550 525
削除「アライズン」形態での「ゼレス」スタックごとの攻撃速度 「アライズン」形態時に、「ゼレス」のスタックごとの増加攻撃速度が10%に上昇しなくなりました
削除「トランセンデント」形態での波状の炎の確定ダメージ 波状の炎が確定ダメージを与えなくなりました
NEW「トランセンデント」形態での通常攻撃射程 「トランセンデント」形態になると通常攻撃の射程が50増加して575になります

Q - 裁きの射光

NEWマナ還元 命中したチャンピオン1体につき、スキルのマナコストの50%が還元されるようになりました
発動時のディレイ 0.5秒 0.25秒
詠唱時間 通常攻撃間隔と同一 0.25秒
弾速 2000 1600
射程 950 900
防御力低下量 3秒間、対象の物理防御と魔法防御を20%低下 4秒間、対象の物理防御と魔法防御を15%低下
バグ修正 「裁きの射光」が至近距離で敵に命中すると、貫通後の飛距離が短くなってしまう不具合を修正しました

E - 星炎の刃

追加魔法ダメージ 対象の減少体力の8/10/12/14/16%(+魔力100ごとに1%) 対象の減少体力の8/9/10/11/12%(+魔力50ごとに1%)
通常攻撃時ダメージ反映率 合計攻撃力×0.1 + 魔力×0.2 増加攻撃力×0.1 + 魔力×0.25

R - 聖なる審判

マナコスト 100マナ 100/50/0マナ
効果半径 475 500

レオナ

Qのクールダウンが短縮。

レオナはエンゲージ能力を持つサポートに対して有利なチャンピオンと言えます。そこで、そうしたマッチアップにおけるカウンターピックとして立ち位置をより確たるものにするため、行動妨害能力を強化することにしました。

Q - シールド・オブ・デイブレイク

クールダウン 6秒 5秒

ルシアン

基本攻撃力が増加。

序盤のレーン戦におけるルシアンのパワーを高めることで、自由に暴れ回ることができていた敵チャンピオンたちに釘を刺せるようにしたいと思います。

基本ステータス

基本攻撃力 61 64

ニーコ

ダメージを受けたり他のスキルを使用しなくても固有スキルの効果を解除できるように。

リソースを消費したり、ダメージを受ける必要なく元の姿へと戻れるようにする、使い勝手の向上を目的とした変更です。

固有スキル - 駆け巡る色彩

NEWありのままで 擬態中、自身を選択することで擬態を解除できますが、固有スキルは2秒のクールダウンに入ります

パンテオン

Qの突きで体力の低い敵に追加ダメージを与えるように。Eのダメージがモンスターに対して減少しないように。

ミッドパッチアップデートでの変更――QとEのモンスターに対するダメージペナルティの削除/軽減――を経てもなお、ジャングルパンテオンのパフォーマンスはほかのロールよりも見劣りしてしまっているようです。彼のジャングル周回能力を過大評価してしまっていたことは明らかですので、今回はそのフォローアップ調整として、Eのダメージペナルティを完全に削除することにしました。ここにQの突きのダメージの変更を合わせたとしても、新しいパンテオンに慣れるのに苦労しているプレイヤーの手助けとなるだけで、全体的なパワーバランスに大きな違いは生まれないはずです。

Q - 彗星の槍

NEW突きダメージ 槍を突いた(0.35秒以内にスキルボタンを離した)場合、残り体力が最大体力の25%以下の対象に与える物理ダメージが増加するようになりました(槍を投げた際の追加ダメージと一致)

E - イージスの猛攻

削除モンスターへのダメージ低下 非エピックモンスターに対しダメージが低下しなくなりました

キヤナ

Eの基本ダメージが減少。Rのクールダウンがスキルレベルにかかわらず一定に。

キヤナのレーン戦が意図していたよりも強くなってしまっているのは、序盤での高過ぎるダメージ交換能力が原因です。それに加え、試合が進むとアルティメットをほぼいつでも使えるようになるために、“試合を通して強すぎるチャンピオン”になってしまうのです。

E - 俊烈

基本ダメージ 70/105/140/175/210 60/95/130/165/200

R - 天賦絢爛

クールダウン 120/100/80秒 スキルレベルにかかわらず120秒

ライズ

基本魔法防御が上昇。

“相手をオーバーロード死させる”以外の方法でもライズが競技シーンにおいて存在感を発揮できることが分かった今、生存能力を少し向上させても問題はないはずです。

基本ステータス

魔法防御 30 34

ザイラ

Rのマナコストがスキルレベルにかかわらず一定に、クールダウンが短縮。

ザイラが敵を瞬殺できる機会を増やすことにしました。

R - 茨のゆりかご

マナコスト 100/120/140マナ スキルレベルにかかわらず100マナ
クールダウン 130/120/110秒 110/100/90秒

トップに戻る

フリーチャンピオンのローテーション

2017年、プレイヤーの皆さんから「毎週のフリーチャンピオン枠を10体から増やしてほしい」という要望を頂いたため、それに応える形で“チャンピオン総数の10%に当たる数がフリーチャンピオンとして毎週ローテーションされる”ようシステムの見直しを行い、その結果フリーチャンピオンの枠は14体に増えることとなりました。そして2019年、キヤナの登場によってチャンピオンの総数はとうとう145体に到達しました! そこで皆さんにお約束した通り、次のローテーションがスタートする2019年9月の第1週より、フリープレイチャンピオンの数を15体に増やすことが決定となったのです!

トップに戻る

バグ修正

  • ソラカの残り体力が最大体力の40%未満である場合に、R - 星に願いをで自身への回復量が増加していなかった不具合を修正しました
  • ザックのE - ブッ飛びスライム、マルファイトのR - アンストッパブル・フォース、カミールのE - フックショット、グレイブスのR - コラテラルダメージ、スレッシュのW - 嘆きの魂灯、フィドルスティックスのR - クロウストームといったスキルが、釘付け効果により正しく使用不可にならない不具合を修正しました
  • レク=サイがR - ヴォイドラッシュに入った際に対象が倒された場合に、「強制移動不能」状態になっていた不具合を修正しました
  • 「クレンズ」でビクターのW - グラビティフィールドの「強化 - インプロージョン」のスタンを解除できない不具合を修正しました
  • リー・シンのQ - 共鳴撃のダッシュ速度が正しい値に修正されました(つまりパッチ9.16時ほど遅くはなくなります)
  • サイラスがR - 乗っ取りで奪ったパンテオンのR - 偉大なる星路を詠唱した直後に倒された場合、アイテムと通常スキルが使用できなくなる不具合を修正しました
  • シヴィアが「ショウジンの矛」または「宇宙の英知」の効果でクールダウン短縮が45%に達していたとき、W - 跳刃を再発動すると通常攻撃が正しく跳ね返らない不具合を修正しました
  • 「スタティック・シヴ」を持っている状態でモルデカイザーを攻撃した際、モルデカイザーのR - 死の国の外にいる近くの対象に「スタティック・シヴ」の効果が命中してしまう不具合を修正しました
  • タム・ケンチが別のユニットをW - 丸呑みしている間に倒された場合、そのユニットの体力が1を下回らなくなる不具合を修正しました

トップに戻る

近日公開のスキンとクロマ

今回のパッチで、以下のスキンがリリースされます。高解像度のスプラッシュアートをリーグ・ディスプレイで手に入れましょう!

トップに戻る


3 weeks ago


関連コンテンツ