Clashのテストが9月3日より開始

Riot Grumblesによる

今回の日本、韓国、オセアニアでのClashテストにおけるチーム作成は、9月3日(日本時間)から開始されます。日本でClashに参加するには、「サモナーズリフトのランクの振り分け戦を終えている」かつ「名誉レベルが2以上」である必要があります。トーナメントは土曜日と日曜日に開催され、どちらか好きな日だけでも、2日連続でも参加することができます。今回はチケットは必要なく、無料で参加可能です。


Clash テストスケジュール

9月3日(火)~9月6日(金) 9月7日(土) 9月8日(日)
チーム作成 DAY 1(8チーム)
日本時間 19時00分
DAY 2(8チーム)
日本時間 19時00分

賞品

テストに参加してくださったプレイヤーの皆さんには戦利品ボックスとアイコンを1つずつと、ヴィクトリーポイント(VP:ゲーム内のバナーやチームロゴの解除に使えるポイント)をお贈りします。


テストの内容について

私たちはこれまで、長い時間をかけてサーバー負荷の問題を解消する取り組みを行ってきました。今回2日間にわたって行われるテストでは、以下の項目について試験運用を行います。


ブラケットのローリングスタート:「全員が17時00分にロックインする必要あり」のように、スキルティアごとに開始時間を固定するのではなく、ロックイン可能な時間に数時間単位で幅を持たせます。ロックインが完了したチームは、参加可能なブラケットがあればすぐにそのブラケットに配置されて、試合が開始されます。これによって試合開始時間を分散させることが可能になるだけでなく、プレイヤーも時間の都合をつけやすくなります。


例えば、ティア IVのチームは17時00分からロックインの受付を開始し、ティア IIIは17時30分から、ティア IIは18時00分から、ティア Iは18時30分からそれぞれ受付を開始して、19時00分に全ティアの受付を終了する…といった具合です。


1日で完結するトーナメントを2回実施:Clashが開催される週末には、これまでのように3日間にわたって続くトーナメントを1回実施するのではなく、1日で完結するトーナメントを2回実施するようにします。トーナメント構造が大幅に簡略化されることから、何らかの理由で問題が発生した場合でもブラケットや対戦の組み直しが容易になります。両日ともに8チームのブラケットが組まれ、各チームはどちらか1日だけ参加することも、2日両方に参加することも可能です。


ブラケットの修復:トーナメント構造の簡略化と併せて、トーナメント開催中に不測の事態が発生してもブラケットを修復できるよう、追加のシステムを開発中です。これによって、例えば最初の試合の開始前に対戦相手の接続が途切れた場合でも、別のチームを見つけてブラケットを修復することが可能になります。


それでは、ご参加をお待ちしています!


2 weeks ago


関連コンテンツ