LoLが2018年アジア競技大会の公式公開競技に選出

Riot FearGormによる

リーグ・オブ・レジェンドが2018年アジア競技大会(アジア大会)の公式公開競技に選出

本日、2018年アジア競技大会(アジア大会)で公式公開競技としてデビューする6つのeSportsのうち、リーグ・オブ・レジェンドがその1つとして選ばれたことを発表いたします。

アジア競技大会は4年ごとに開催される、アジア全土からアスリートが集まる大陸規模の総合競技大会です。国際オリンピック委員会(IOC)からも、オリンピックの次に大きな総合競技大会と認知されています。2018年の大会はインドネシアのジャカルタとパレンバンで8月18日から9月2日にかけて開催され、リーグ・オブ・レジェンドの決勝ラウンドは8月後半に行われます。

リーグ・オブ・レジェンドのファンにとって今年のアジア競技大会は、各地域のトッププレイヤーたちが国や地域を代表して戦う様子を観戦できる絶好の機会となります。ライアットゲームズeSportsはチーム選出過程およびトーナメント形式の決定においてアジアオリンピック評議会とその加盟国に助言を行い、大会を支援します。さらに、プロプレイヤーがアジア競技大会に参加できるように、一部の地域リーグのSplit 2(Summer Split)のスケジュールにも調整を行います。

6月には5つのアジア競技大会地域予選が開催され、45の国と地域から各5人のプレイヤーのチームが招待されます。これらのチームは予選を通して8チームに絞り込まれ、アジア競技大会に進出します。


  • 開催国であるインドネシアは自動的にアジア競技大会に招待されます。

  • 東南アジア、南アジア、中央アジア、西アジア(アジアオリンピック評議会の定めに従う)の予選のそれぞれの勝者はアジア競技大会に招待されます。

  • 東アジア予選には中国、韓国、チャイニーズタイペイ、香港、マカオ、日本が含まれ、競争が非常に激しくなることから、上位3チームがアジア競技大会に招待されることになります。

各国の国内オリンピック委員会は自国を代表するプレイヤーを選出する手段を自由に選択することができます。可能であれば、ライアットが国内オリンピック委員会と相談して、代表チームの結成方法について助言を行います。各国はそれぞれ独自の手法を使って自国の代表チームを結成することが予想されます。

“リーグ・オブ・レジェンドがアジア競技大会の公式競技に選出されたことを光栄に思います。オリンピックで母国を代表することは世界中のアスリートたちの夢であり、この度の栄誉は私たちのスポーツにとって、その夢を実現するための一歩となるでしょう。私たちはオリンピック・ムーブメント(IOCが掲げる理念を理解し、その活動を世界に広めていこうとする運動)に賛同しており、大会の成功を目指してアジアオリンピック評議会と協力できることを楽しみにしています”とライアットeSportsの共同代表であるJarred Kennedyは語ります。

放送の制作とトーナメントの運営はTencentとアジアオリンピック評議会のパートナーシップのもと行われます。放送および配信の詳細はイベント開催が近づくとともに発表されます。


BY Riot FearGorm (Derrick Asiedu)
ライアットゲームズのeSportsグローバルストラテジーリード



6 months ago