/dev:ビジュアルエフェクトのスタイルガイド

Riot Jinoによる

私たちはキラキラと光り輝く美しいビジュアルエフェクトが大好きですが、それがゲームをプレイするにあたり、“ビジュアルノイズ”となってしまってはいけません。また、ビジュアルエフェクトはスキルの使われる場所、威力、効果を反映したものであるべきで、集中を妨げたり混乱を招いたりするものであってはなりません。例えば、ジグスのアルティメットスキルには派手なエフェクトが使われていますが、それはこのスキルの破壊力を考慮してのことです。反対にジャンナの通常攻撃のエフェクトが地味なのは、プレイに与える影響が小さいからです。LoLにおいてビジュアルエフェクトのインパクトは、プレイに与えるインパクトに基づいたものであるべきなのです(ジャンナの通常攻撃がジグスのアルティメットスキルくらいド派手だったら――逆にジグスのアルティメットがジャンナの通常攻撃くらい地味だったらどうなるか、想像してみてください)。

ライアットのビジュアルエフェクトチームはLoLに登場する魔法や炎、煙、爆発、あるいは輝きといったビジュアル要素に命を吹き込みます。しかし、プレイヤーの皆さんを楽しませながら、同時にひとつのゲームとしての品位を保つことは容易いことではありません。また、常に進化を続けるゲームであるがゆえに、“いいビジュアルエフェクト”に対する明確な基準がなく、社内のビジュアルエフェクトに関わるチームの間で様々な認識のズレが生じていました。そこで私たちは、LoLにおける“いいビジュアルエフェクト”とはどういったものなのかということを、しっかりと話し合うことにしました。

そうして今回ビジュアルエフェクトチームで知恵を絞った結果、リーグ・オブ・レジェンドのビジュアルエフェクトのあるべき姿が次の4つにまとめられました。

  • プレイを明快にする
  • 見た目の乱雑さを最小限に抑える
  • チャンピオンのテーマを後押しする
  • プレイヤーに驚きと楽しみを与える

私たちの狙いは、これらの目標をゲームプレイ、範囲値、色、形、タイミングの5つの要素の組み合わせで達成することです。そこから、中心となる枠組みが形成され、文書化により知識をわかりやすく整理して共有できる準備が整ったのです。何ヶ月も見直しをしながら、実例と解説にビジュアルを加えて完成したのがこちらの最終版です。これは、ライアットのすべてのチームが同じ心構えと基準でビジュアルエフェクトを製作するためのスタイルガイドです。

スタイルガイドを見る(英語PDF)

LoLのビジュアルエフェクトの良さが今回一つ所にまとめられたのですから、これを皆さんと共有しない手はありません!このスタイルガイドは英語版のみとなりますが、ご興味のある方はぜひご覧ください。私たちが下す判断の理由を、具体例と共にわかりやすく説明できているならなによりです。ゲームと共に、そしてプレイヤーの皆さんと共に学び、成長していくことが私たちの共通の願いです。


1 year ago

タグ付け: 
Dev Blog

関連コンテンツ