/dev: ミッションの現状報告

Riot Mortによる

皆さん、こんにちは!イベントミッションの開発を担当しているゲームデザイナーの一人、Riot_Mortです。ミッションをリリースして以来、私たちは様々な種類のミッションを試してきました。そこから私たちが学んだ重要なこと、一番苦労したこと、そして今後やってみるつもりでいることについてお話しします。

ミッションは今年新登場した要素で、LoLやイベントをより一層楽しいものにする可能性を秘めている一方で、私たちが判断を誤ればとんでもない失敗をしてしまうという可能性も含んでいます。これまでもそうでしたが、皆さんが楽しめるもの(そして楽しめないもの)を探るために、様々な試みを行っていくつもりです。皆さんからのフィードバックに真剣に耳を傾け、イベントミッションのあらゆる部分を改善できるように努力していきます。


ミッション——上手くいったこと、上手くいかなかったこと


特定のモードをプレイするミッション


上手くいかなかったこと

鎮められた混沌: 秩序アイコンを装備してランダムミッドの試合に1回勝利

ミッションはプレイヤーに新たなことに挑戦してもらうための有効な手段であり、それは私たちの目標のひとつです。しかし、異なるゲームモードでのプレイを強制するのは、多くのプレイヤーにとってやり過ぎだったようです。私たちはプレイヤーの皆さんに好きなようにLoLを楽しんでもらいたいと考えています。そして多くの方にとって、それはサモナーズリフトでプレイすることだったのです。


上手くいったこと

レベル1 - ヴォイドを埋めよ: 試合毎に10,000ゴールドを獲得してサモナーズリフトの試合に3回勝利

ミッションはサモナーズリフトでのプレイを中心にすべきだと考えています。今後はミッションの大半をサモナーズリフトを対象としたものにするか、または、どのマップでも達成可能なものにするつもりです(マップを問わずアシストを30獲得など)。

星の始まり: 「スターガーディアン」の「ノーマル」または「猛攻撃」を1回プレイ

ただし、ゲームモードローテーションは期間限定なので例外です。スターガーディアンのようなゲームモードで楽しい体験を生み出せるのは、ミッションの大きなメリットのひとつです。プレイヤーにチャレンジを提供し、参加報酬も渡せます。今後もこのようなミッションはどんどん実施していくつもりです。


特定のポジション/
チャンピオンでプレイするミッション


上手くいかなかったこと

レベル2 - 苦痛を与えよ
600体のミニオンをキル
100体のミニオンをキルしてサモナーズリフトの試合に4回勝利

この種類のミッションには慎重になるべきということ はわかっていました。上記のミッションは、ほぼすべてのポジションでクリア可能です——ただし、サポートを除いて。私たちが予想していなかったのは、自分のメインポジション以外でプレイすることに抵抗を感じるプレイヤーが予想以上に多かったことです。このミッションでは多くのサポートプレイヤーが「あ、これやれないやつだ」と諦めてしまいました。これは私たちが望んだ結果とはまったくもって違いました。今後はこのようなミッションを導入する回数についてより注意深く検討するだけでなく、改善も行っていくつもりです。

ラスボス!ベイガー: 敵味方を問わずベイガーが使われたマッチメイキングの試合に1回勝利

それでも特定のチャンピオンの使用を促すミッションには大きな可能性があると考えており、引き続きその展開を検討しています。しかしここでも慎重を期す必要があります。上の例のように、厳密には特定のチャンピオンを指定していないミッションですら、私たちが想像した以上にプレイヤーは挑戦が難しいと感じていました。

多くのプレイヤーから、マスタリー7に到達したチャンピオンに追加のミッションを用意するのがいいという提案が寄せられています。私たちも特定のチャンピオンを使用するミッションを楽しくする、より良いやり方はたくさんあると考えています。ですがそれらを見つけるには、色々と試してみる必要があります。


上手くいったこと

鍛造: 特に指定がない限り、オーンとして完了する必要あり
自分がオーンを操作、または敵か味方にいる試合で2回勝利
15個のアイテムを鍛造
精霊(アルティメットスキル)の進行方向を変えて敵に3回当てる

ミッションのシステムを利用して、プレイヤーに新たなことに挑戦してもらうのは良いことだと思っています。ケインとオーンのリリース時には、ミッションを通して彼ら新チャンピオンを試してみることへの報酬を用意できました。ケインのミッションはかなり難易度が高かったようで、そのチャンピオンに関心のないプレイヤーにこのようなミッションを提供すべきかどうかについては現在も議論を続けています。オーンのミッションは新チャンピオンが持つ様々な要素を試してもらうという内容だったので、ケインと比べてずいぶん良くなったと感じています。

これまでに使ったことがないチャンピオンの使用を促すことができることから、こういったミッションは今後も導入し続けるつもりです。それがきっかけとなって、新たなメインチャンピオンを見つけることがあるかもしれませんからね。


5人のプリメイドグループでプレイするミッション


上手くいったこと、上手くいかなかったこと

ハード - 守護者の試練: 以下を使用せずに、5人のプリメイドグループで「スターガーディアン: 猛攻撃」の試合に勝利
マークスマン: ジンクス、エズリアル、ミス・フォーチュンを除く
メイジ: アーリ、ラックス、シンドラを除く
ユーティリティ: ポッピー、ジャンナ、ルル、ソラカを除く

このようなミッションが賛否両論を巻き起こすことは理解していました。ソロプレイヤーの気持ちは察しますし、プリメイドグループでのプレイを要求されるたびに、ソロプレイヤーはそのミッションをクリアできず取り残されたように感じてしまうでしょう。

私たちの狙いは、5人でチームを組んでプレイしているプレイヤーに記憶に残る体験を提供することでした。友達同士で集まって困難を乗り越えた時、それは忘れられない思い出になります。フレンドと共に何かをするという体験はLoLにとって常に重要な要素であり続けてきたもので、この楽しさを提供できる新たな方法を見つけたいと思っています。

スターガーディアンでは、知らない人間同士で協力する必要がある困難な目標については慎重になりました。マッチングされたプレイヤーと上手く協力できず、チャンピオン選択に影響が出ることを懸念していたのです——チャンピオン選択の短い時間の中では、チーム構成や誰がどのチャンピオンをプレイするのか十分なコミュニケーションをとることは簡単ではありません。しかし、ソロプレイヤーから多くの不満の声を聞いて、もっと上手いやり方があったのではないかと考えるようになりました。ソロプレイヤー同士で集まって協力するというのは難しい挑戦ですので、もし上手くいったら成功を祝いたいと思います。

ソロプレイヤーが取り残されたように感じていることは理解していますので、この問題をある程度解消する方法を検討しています。現時点では、これらのグループ向けミッションに限定報酬は用意しないつもりですが、すばらしい偉業を称えるサモナーアイコンくらいはあってもいいかもしれません――スターガーディアン:猛攻撃でのSランク取得は大変でしたからね!私たちの狙いは、すべてのミッションを誰でもクリアできるものにすることではなく、イベント期間中にあらゆるプレイヤーに十分な数の目標を用意することです。

仲間 - 拳の決闘: 味方チームが遠隔攻撃チャンピオンを使わずに勝利
マッチメイキングの対人戦を5人のプリメイドグループでプレイする場合のみ

Worldsの新たな5人用ミッションでは、限定の報酬が存在しないプリメイドグループ向けのミッションを作ることが狙いでした。これらのミッションは、挑戦を受けて立った5人のプリメイドグループが、協力して達成するようにデザインされています。

これはプレイヤーたちもよく行っていることなので(例えばヨードルだけでチームを組んだり、スターガーディアンだけでチームを組んだり)、このようなミッションはすごく楽しんでもらえるのではないかと考えています。本来ならゲームのあり方を曲げるようなミッションは導入したくないのですが、5人のプリメイドグループでプレイする人たちが挑戦したいなら、私たちも試してみたいと思っています。ですが、皆さんから寄せられるフィードバックに注目し、これらのミッションからどのような体験が得られるのか 注視していくつもりです。


試合に勝利する、または目標を達成するミッション


上手くいかなかったこと

悪ボスたちの支配: マッチメイキングの試合に1回勝利

試合に勝利するというミッションは非常にシンプルです――そもそも、誰だって試合に勝とうとしているのですから。ですがここまで白黒がはっきりした目標は、試合に負けた時の気分をさらに悪化させてしまいます。このように味気のないミッションの場合、三連敗してしまうとそれだけでその存在意義が失われてしまうのです。この種類のミッションは減らしていきたいと考えていますが、LoLでは試合に勝つことが重要なのは間違いないので、勝利を奨励するようなミッションは続けようと思います。短期的には引き続きこのタイプのミッションも提供するかと思いますが、長期的には、スランプに陥っていてもそんなに嫌な気分にならないような案を検討します。


上手くいったこと


複数の試合にわたって進行するミッション

衛生兵
マッチメイキングの対人戦で10キルを獲得
マッチメイキングの対人戦で25アシストを獲得

このタイプのミッションは非常に好感触でした。LoLにおいて広く重要性が認識されていることを要求しているので無理がありませんし、勝っても負けてもミッションを進行させられます。進行状況を示すバーが伸びていくのを見るだけでも気分がいいものですが、何試合もかけてそれが完了した時にはさらにいい気分になります。このようなミッションは今後も増やしていくつもりです!


チームが一緒に行うミッション

調和の盟友: 秩序アイコンを装備して1試合の間にチームでミニオン400体をキル

このタイプのミッションは特定のポジションでプレイする必要はありませんが、誰もが重要性を認識している目標に向けて、チームで協力する必要が生まれます。このやり方なら、勝利を目指してチーム全員が協力できます——そして、それこそがLoLが大きなテーマとして掲げているものなので、こういったものは今後も増えていくことになるでしょう。


今後行われるミッションへの改善

これらのことを考慮したうえで、ミッションがもっと楽しくなり、さらにすてきな体験を提供できるような改善を行うことを考えています。


目標の種類を増やす

Worlds 2017のミッションでは、新しいタイプの目標がたくさん導入されていることにお気付きになったと思います。ドラゴンやワードの設置、アイテムの購入などは、そのほんの一部です。今後も目標の種類はどんどん増やしていくことになるでしょう――皆さんにも気に入っていただけると嬉しいです。


選択できるミッション

前述したように、プレイヤーが自分のプレイスタイルに合ったやり方で目標を達成できようにしたいので、どちらか好きなクリア条件を選択できる、「または」タイプのミッションを導入していくつもりです。この方法なら、やりたくないことを押し付けられるのではなく、目標を自分自身で選択できます。

:ミニオンかジャングルモンスターを500体キル ―または― 30アシストを獲得

この例では、レーンのプレイヤーならミニオンをキルすることでミッションを完了できるのはもちろんですが、サポートのプレイヤーでも無理にADCでプレイせず、普段どおりに試合をすることでミッションを完了できます。そしてこの方法なら、さらにユニークなタイプのミッションを導入することも可能になるはずです。


勝利することで進行を早められるミッション

先ほど言ったように、単に“試合に勝利する”だけの単純なミッションでは面白みがありません。そこで、勝つことが望ましいものの、負けても進行させられるミッションの導入を検討しています。

: 100アシストを獲得。勝利した試合では2倍にカウントされる

この例では、15アシストを獲得して勝利すれば、ミッションでは30アシストとしてカウントされるので、気分もいいですよね。そしてもし負けたとしても、15アシストを獲得してミッションを進行させられます。これなら、勝つことが望ましいことに変わりはないものの、連敗してもそれほど苦痛ではなくなります。


最後に、報酬について。

ミッションを完了するのに必要な時間と労力に対し、得られる報酬が見合っていないという不満が多く寄せられています。私たちはこの問題を真剣に受け止めており、改善したいと考えています。まずはミッションとイベントというシステムをリリースすることが目標だったので、より良い報酬を用意することについては今後しっかりと取り組んでいきたいと思っています。

私たちの考えでは、報酬には3つのタイプがあります。

標準的な報酬:過去のイベントで見られたような一般的な報酬。数試合以内で完了できるミッションであり、報酬は以下のようなものになります。

やり込み報酬:イベント期間中に熱心にプレイして多くの目標を達成した、数少ないプレイヤーの一人であることを示す報酬。この報酬は誰もが時間をかけて努力して手に入れたくなるような、以下のようなすてきでユニークなものであるべきです。

  • スペシャルサモナーアイコン
  • エモート
  • スキンのロード画面ボーダー
  • ワードスキン

スキル報酬:これは非常に難易度の高い目標を達成したことに対する報酬であり、困難な課題をやってのけた素晴らしいプレイヤーであることを示すものです。このようなミッションはあまり頻繁に登場させないように慎重に導入しますが、もし登場させる時には、難易度の高さに見合うすばらしい報酬を用意します。現在、このようなミッションに対してどのような報酬を用意すべきか検討中なので、皆さんの意見もお聞きしたいと思っています。

ミッションにおける私たちの狙いは、プレイヤーに新たな体験と挑戦を提供することです。それを達成すれば大きな満足感が得られ、それを誇りに思い、いつまでも記憶に残るようなもの——そんなミッションを皆さんに提供したいと願っています。

お読みくださりありがとうございました!


2 months ago

タグ付け: 
Rewards, Dev Blog, Missions