リーグ・オブ・データ

Xaafiraによる

自分のデータを色々なランクのプレイヤーと比較してみましょう。サモナーズリフトでのパフォーマンス(自分のプレイぶり)に基づいた様々なデータが、プロフィール内で閲覧可能になりました。他のプレイヤーと比較して自分の強みを見つけたり、連敗の本当の原因が何なのかを探ったりもできます。

まずは「データ」タブからポジションかチャンピオンを選択しましょう。「戦闘」、「ゴールド」、「マップコントロール」の3つの評価カテゴリーが存在し、これらを選択すると、お馴染みのものから新登場のものまで、様々な詳細データが表示されます。これらのグラフは、他のプレイヤーと比較してあなたの優れている部分と不足している部分を明確に示してくれます。


自分のデータをプロプレイヤーやフレンドと比較

2018年のミッドシーズン(パッチ8.12)以降の試合のデータが対象となっており、選択可能な比較対象は以下のとおりです。

  • 各ランクのプレイヤー
  • エキスパート
  • 特定のプレイヤー
  • フレンドリスト内のプレイヤー
  • 別のチャンピオンをプレイしている自分自身

データの活用方法

たとえば、あなたがシルバーで主にダイアナをミッドで使用していて、そのプレイ内容を向上させたいと考えているとしましょう。まずは「データ」タブを開いて、もっとも評価が低いゴールドに注目します。詳細を見ると、序盤のCSアドバンテージCS/分がダイアナを使う他のプレイヤーの平均よりも低いことが分かります。折れ線グラフが大きく下がっている部分をクリックすると、フィズに敗北した試合が表示されます(※グラフの横軸は選択した対象となる直近の試合で、古いものから新しいものの順に並んでいます)。それからプロがダイアナでフィズを相手にした試合のCSを参考にすれば、序盤のゴールド獲得の改善につなげることができます。


次に評価が低いのは戦闘です。これはキル、アシスト、ダメージ、補助の貢献度を示します。ダメージ割合がもっとも高かった試合でも、シルバーでダイアナをミッドで使っている他のプレイヤーと比べて敵チャンピオンに与えるダメージ(※ダメージ/デスのグラフを参照)が少なかったことがわかります。集団戦で早く倒され過ぎていたり、集団戦に駆け付けるのが遅れることで、十分な火力を出せずにいる可能性が考えられます。


もっとも評価が高いのはマップコントロールです。そこで、自分の長所であるマップ把握能力の高さを活かし、要所にワードを配置して積極的にローム(※チームのために自分のレーンを離れてプレイする)を行えば、「戦闘」の評価も向上して、いつかシルバーからゴールドに上がれる日が来るかもしれません。

シーズンを通して自分のプレイ内容を分析し、特定のスキルを向上させていきましょう。データを活用して自分の意外なプレイスタイルを発見できたときは、ぜひコメント欄で教えてください!


FAQ


次のシーズンが始まるとどうなりますか?

各シーズン開始時にデータは完全にリセットされ、そこから次のシーズン開始までの試合が新たな比較対象となります。


過去のシーズンのデータを見ることはできますか?

できません。ミッドシーズン以前のデータを復活させることはありません。「データ」機能はパフォーマンス(活躍)を基準としたツールとして使用するためのものなので、現在のデータが重要になります。


これは旧クライアントの統計データページと同じで、その代替となるものですか?

いえ、違います。また、それを想定しているものでもありません。以前の投稿で、データを使ってプレイ内容の向上につなげるか、LoLで達成した実績ややり込み度を披露できる機能を追加する選択肢を模索しているとお伝えしていました。どちらも魅力的でしたが、プレイ内容を向上させる機能の方が長い目で見れば有用で、かつ使用頻度も高いと感じたので、この機能はその方向性を中心としています。実績ややり込みを披露する機能を入れる余地もありますが、いずれにしても旧クライアントにあった生涯データページの代替というより、まったく新しい機能になるでしょう。


シーズン終了後のプレシーズンの試合もデータの対象になりますか?

はい。新シーズン開始時に「データ」がリセットされるまでの試合が対象になります。


ランダムミッドやツイステッド・ツリーラインでもデータを見れるようになりますか?

現時点では、それらのキューのデータを表示する予定はありません。


このデータはライアットのAPIで利用可能になりますか?

はい。皆さんにこのデータにアクセスしてもらいたいと考えているので、できる限り早く実現できるように作業を進めています。利用可能になった際は、APIと共に開発者サイト(英語ページ)でお知らせします。


4 months ago

タグ付け: 
Stats