悪質行為調査システムについて

SevenSeasによる

プレイヤーの皆さん、

リーグ・オブ・レジェンドの日本サーバーがスタートしてから1ヶ月ほど経ちますが、気持ちよく勝利を収めたり、散々な試合もあったかと思います。ただ散々な中でも、特にスポーツマンシップに欠ける行為で試合がぶち壊しになるほど気分が悪いことはないと思います。ライアットの悪質行為調査チームでは、プレイヤーの皆さんがすべてのゲームにおいてフェアに勝つチャンスを得られるようにシステムを構築しています。このシステムは世界中で使われており、現在日本でも本格稼動に向けて準備中です。そこで、今回このシステムがなぜ今すぐ稼動しないのか、その間どんな活動を行っているかについて説明したいと思います。長文になってしまいますが、とても重要なメッセージとなりますので、少しだけお付き合いください!

私たちがシステムに機能を追加する上で、常に3つのポイントを意識しています。この3つを皆さんにお伝えすることで、調査システムの全体像とその背景をより理解いただけると思います。

まずは1番重要なポイント、『改心』から説明します。ゲームも含めた多くのオンラインコミュニティでは、間違った行動をとってしまったメンバーを単純に追放してしまいます。しかし、私たちが長年の経験で学んだことは、このような間違った行動をとる人のほとんどは悪い人ではなく、普通の人であり、嫌な事があった日にたまたま間違った行動をとってしまうのです。虫の居所の悪いときに、クラスメートや同僚、彼氏・彼女に対してキツく当たってしまうことってありますよね?でもその後、反省して次こそは自制しようと思うはずです。

 改心というのは、いつ、どのように一線を越えてしまったかをプレイヤーにはっきりと教えることに意味があります。これを私たちは警告と罰則でプレイヤーに伝えていきます。警告はスポーツマンシップに欠ける行動をとり続けることで厳しくなっていきます。そして、罰則は反省して記憶に残るように与えられます。この二つで、ほとんどのプレイヤーがスポーツマンシップについて理解し、それを意識した行動をとってくれるようになります。それでも学ぼうとしない人も一部にいますが。

そこでくるのが『懲罰』です。改心のプロセスでも段階はありましたが、時にはプレイヤーを永久に追放するという非常に厳しい判断も行わなければいけません。コミュニティにおける一般的なスポーツマンシップの基準を守る気のない人を追放することは止むを得ないのです。それがスポーツマンシップを守っている多くのプレイヤーの体験価値を守ることにつながるからです。

最後が『褒賞』です。すばらしい行いに対してスポットライトを当てることも重要だと考えます。例えば、賞賛されるに値する行動を取り続けたプレイヤーに与えられる特別アイコンのように、様々なタイミングで褒賞を贈ること考えています。

日本のための即時評価システ

ここ数年に亘って、私たちは学習機能を備え、各サーバーのゲーム内での不適切発言や行動を理解・規制する、即時評価システムというものを構築してきました。即時評価システムはサーバー内のすべての通報を集約し、プレイヤーにとってどんな行為が一般的に許容されるのか、または許容されないのかを学習するのです。例えば、軽い煽りなら多少見逃してくれるでしょうが、差別的な発言はそうはいきません。ゲーム終了から5分以内に、システムが違反の度合いに応じてチャット制限や、期限付き追放、永久追放といった罰則や懲罰を下すことになります。

ここで重要なのが、即時評価システムはプレイヤーの皆さんのご協力によって動いており、稼動しているサーバーの地域によって多少の違いが出るということです。日本に持ってきたからといって単純にスイッチ一つで稼動させることができない理由もここにあります。即時評価システムは日本の皆さんからのすべての通報を分析し、日本のコミュニティの基準、そして正しい通報とそうでないものの違いを学びます。

 ある一定量の通報が行われた後、その検証を行い、慎重なプロセスを経て即時評価システムが導入されることになります。一定量の通報が行われるまでは実際に罰を下すことはありませんが、皆さんからの通報に対しての評価は行っており、日本サーバーでの本格的な稼動に向けて、評価の精度を高めるための調整を行います。

現在行われている活動と今後の対応について

 一部は既にお伝えしていますが、自動的にチャンピオンをプレイするプログラムであるBOTや、ゲーム中の放置行為についてのアカウント停止措置は現在も行っています。そして即時評価システムが稼動をはじめるまでの間は、スポーツマンシップに欠けるプレイヤーに対しての手動でのアカウント停止など、様々な対応を行っていく予定です。プレイヤーの皆さんからの通報についても、即時評価システムだけでなく私たちも目を通しており、必要な対応をとっていきますので、引き続きご協力をお願いします。

 最後にもうひとつお伝えしておきたいのが、私たちは勝つために真剣にプレイし、スポーツマンシップ溢れるプレイヤーを、日本語を話せないというだけで追放することはないということです。日本サーバーは日本語が十分に話せないプレイヤーも含め、日本にいる全てのプレイヤーのためにあるのです。


3 years ago


関連コンテンツ