スキル

固有スキル: ブラバド

スキルを使用すると次の2回の通常攻撃が強化される。この2回の通常攻撃は攻撃速度とダメージが増加し、クールダウンを短縮する。

Q: スターライトタッチ

自身と周囲の全ての味方を「スターライトタッチ」のチャージ数に応じて回復する。チャージ数は時間と共に最大3つまで溜まる。

W: バスティオン

タリックの全てのスキルはタリック自身、そしてリンクした味方の両方から同時に発動される。

自動効果: タリックの物理防御が増加する。

発動効果: タリックが味方1人とリンクして両者のダメージを軽減する。別の味方に使用するか、リンクが切れる距離まで両者が離れない限り、バスティオンの効果はリンクした味方に適用され続ける。

E: ダズル

発動から一瞬遅れて指定した方向に天上の力の波動を放ち、当たった全ての敵にスタン効果を与える。

R: コズミックレディアンス

タリックが星々に守護の力を求める。発動から一定時間後、自身と周囲の味方全てが数秒間無敵状態になる。

レーン戦

彼がヴァロランの守護者たる「バスティオン」を使えるようになれば、彼の持つ選択肢と脅威は一気に広がります…

タリックはレーンでとても目立つ存在です。もちろん、それは彼の素晴らしいロングヘアーのせいだけではありません。「ダズル」は彼の代名詞であるスタンを敵に与え、通常攻撃を数回繰り出すチャンスを生み出すことができます。「ブラバド」はこれらの通常攻撃に追加効果を与え、さらにクールダウンを大幅に短縮するので、素早くスタンからの通常攻撃コンボに戻ることができます。敵を数回攻撃した後は、安全な場所に下がって「スターライトタッチ」で回復することもできます。


ですが、タリックはスタンさせて殴るだけの存在ではありません。ヴァロランの守護者が持つ補助スキル、「バスティオン」が使えるようになれば、彼の持つ選択肢と脅威は一気に広がります。味方とリンクすることで、彼は自身のスキルの有効性を非常に創造的なやり方で“倍”にすることができます。「スターライトタッチ」を2人が同時に使用できることで、レーンにいる

味方の側に留まる必要がなくなり、「ダズル」は敵のギャンクやタワーダイブですら返り討ちにしてしまいます。さらに、「バスティオン」は味方のマークスマンに対して有効なだけではありません。近づいてきた味方のジャングラーに再度使用することでダメージを吸収するシールドを付与することができ、タリックの特徴を活かしたギャンクを仕掛けられます。「ダズル」で複数の敵をスタンしつつ「スターライトタッチ」でジャングラーを回復すれば、敵を深追いしてタワーのダメージを受けたとしてもキルを取らせることが可能です。「スターライトタッチ」はタリックが頻繁に使用することになるスキルですが、たとえ頻繁に使用できる状況だとしても、チャージが3つ溜まるまで待つのが効果的でしょう。マナコストは変わらないので、Qのチャージ数が最大まで溜まっている時にギャンクなどの積極的な仕掛けを行った方が、チーム全体に有利に働きます。

小規模戦

タイミングよく「コズミックレディアンス」を使用すれば、無謀だと思えた行動も、結果的に“賢い行動”へと変えてしまうことができるのです。

彼のタンクとしての特性と力強いチームファイトスキルのおかげで、タリックは中立オブジェクトに対して様々な戦術を取ることができます。例えば、タイミングよく「バスティオン」を使えば、凄まじい総体力量と相まって敵からのポークを吸収し、敵チームにドラゴンを諦めさせることもできます。「スマイト」でドラゴンをスティールしようとする敵ジャングラーは「ダズル」を警戒する必要があります。これを上手く当てられてしまうと、タリック側のチームに簡単に倒されてしまい、ドラゴンも確実に奪われてしまいます。逆にタリック側のチームが出遅れて、敵がドラゴンを確保するのを阻止したい場合は、タリックは「スターライトタッチ」を使いながら味方のジャングラーと突撃して両者を生かしつつ、「バスティオン」と「ダズル」を同時に発動させて2方向からの範囲スタンを与えることができます。


彼のアルティメットスキルが放つ青い無敵の光、「コズミックレディアンス」を使えば、タリックとチームはさらにオブジェクト奪取・維持能力を向上させることが可能です。ドラゴンの奪い合いが最終局面にさしかかった時、タリックが味方のジャングラーに「バスティオン」を使えば、ドラゴンを颯爽とスティールする機会を作り出せます。同様に、アルティメットスキルを使う前に味方のアサシンに「バスティオン」を使用しておくことで、危険なタワーダイブも完璧に遂行できるチャンスを与えられます。いずれにしても、タイミングよく「コズミックレディアンス」を使用すれば、無謀だと思えた行動も、結果的に“賢い行動”へと変えることができるのです。

チームファイト

チームファイトの際、タリックは複数の戦術を取ることができます。まず最初は、他のサポートがよく行う後列での”ピール”役です。味方のマークスマンの側で自分たちを守り、一方で「バスティオン」を使って前列にいる味方からもスキルを発動させることができます。それとは別に、チームの前列に陣取り、後列の味方に「バスティオン」を使用することも可能です。いずれにしても、タリックは様々な戦術を取ることが可能であり、チームの中で前衛も後衛もどちらもこなすことができます。ただし、彼はあらゆる物事に常に注意を払っておく必要があり、往々にして難しい選択を迫られることになるでしょう。「スターライトタッチ」や「コズミックレディアンス」を使えば味方を救うことができますが、味方の倒されそうなアサシンを救えば、側で危機に陥っているマークスマンを救うことができなくなります。同様に、後列にいる味方を瞬殺しようとしている敵のアサシンに「ダズル」でスタンを与えることはできますが、それでは「バスティオン」でリンクしている味方が、逃げていく柔らかい敵にとどめを刺すことができなくなります。タリックはいずれにしてもチームファイトに大きな影響を与えますが、究極的には彼の判断によって、誰が生き延び誰が倒されるのか決まってしまうのです。

タリックはいずれにしてもチームファイトに大きな影響を与えますが、究極的には彼の判断によって、誰が生き延び誰が倒されるのか決まってしまうのです

シナジー

相性のいい味方:

無法者、グレイブス

グレイブスとタリックはコンビとして非常に相性がよく、敵の攻撃の的になっても生き延びることができます。グレイブスは射程が短いので敵に接近する必要があり、そのおかげでタリックは「バスティオン」でリンクしたグレイブスのために、「ダズル」を当てる余裕が生まれます。さらに、他のマークスマンなら「ダズル」や「コズミックレディアンス」の効果が発動する前に倒されてしまう状況でも(どちらもスキル発動までに遅延が発生します)、グレイブスには数秒長く耐えられるだけの耐久力があります。


ピルトーヴァーの用心棒、ヴァイ

ヴァイとタリックほど強力な破壊力を持つコンビはいません。ピンク色の髪のパンチングマシーンは戦闘が始まると積極的に攻めていきますが、タリックの「バスティオン」を使えばさらに強烈に攻め込むことができます。「ダズル」は彼女自慢の拳のサポートにうってつけで、ヴァイのターゲットをスタンさせることで彼女は拳の雨を降らせることができ、「コズミックレディアンス」と「スターライトタッチ」はあらゆる敵の攻撃から彼女を守ってくれます。いざという時にはタリックが助けてくれるので、ヴァイは通常以上にダメージ寄りのビルドが可能になり、圧倒的な速さで敵をノックアウトできるようになります。


嘲りの月、ダイアナ

ヴァイと同じく、ダイアナは脆弱な敵にダイブすることを好むものの、確実に敵を倒せるだけの強力な行動妨害能力がありません。しかし、タリックが側にいれば問題は解決です。リーグで一番機嫌の悪いミッドレーナーである彼女に「バスティオン」を使用して、それから彼女のターゲットに「ダズル」を当てることで、彼女はそこに「月影」と「月下美刃」を当てることができます。彼女には他のアサシンが持っているエスケープ手段はありませんが、「コズミックレディアンス」の助けを借りることで安全に逃げることができます。

対抗するには:

茨の目覚め、ザイラ

特にレーン戦において、ザイラはタリックの悩みの種です。彼女のスロウとスネアが機動力の低いタリックを苦しめるだけでなく、「ダズル」による強力な仕掛けにも、「捕縛の根」と「茨のゆりかご」で上手く迎撃されてしまいます。さらに、タリックは一般的にポーク系チャンピオンを苦手としていますが、ザイラはポークを得意としています。まさに茨のごとく。


幻惑の奇術師、ルブラン

範囲回復と無敵効果は素晴らしいものの、「コズミックレディアンス」の効果が発動する前に敵のアサシンが突撃してきて味方を倒してしまったら意味がありません。アルティメットが発動するまでの数秒間は、素早い操作を行えるルブラン使いにとっては十分すぎる時間です。その数秒の隙を突いて、スキルコンボでタリックが助けようとしている味方を消し炭にしてしまうでしょう。


豪気の爆撃手、コーキ

タリックは基本的には打たれ強いタンクチャンピオンですが、彼の豪華な鎧に1つだけ隙があるとすればそれは魔法ダメージです。「バスティオン」の恒常的な物理防御増加も、雨のような魔法ダメージの前にはまるで役に立ちません。コーキは魔法ダメージを最も得意とするマークスマンであり、タリックのもう1つの弱点であるポークをするためのスキルもたくさん持っています。

今回はここまでです。タリックをアップデートした経緯についても近日中に公開します!