チャンピオン開発エピソード:キラキラモンスター、ゾーイ

ゾーイはエネルギーにあふれた冒険好きで、ペットの犬が大好きな普通の子供だ。ただし―彼女の“冒険”とは宇宙を飛び回ることで、その無限の“エネルギー”は街を塵と化すことができ、“犬”が実は生意気なスペースドラゴンである―という点を除けば。普通の少女のように見えたとしても、彼女はターゴンのお告げを世界にもたらす宇宙の使者であり、その使命は人々に天変地異の訪れを告げることなのだ。
2 weeks ago

チャンピオン開発エピソード:妖艶なサディスト、イブリン

以前のイブリンは、言うなればアイデンティティーの問題を抱えていました。敵の喉元を掻き切り、その傷口から血が滴り始めるのもまたず忽然と姿を消す不敵な影の暗殺者。しかし同時に、プロの殺し屋にしては肌の露出も多く、しかもその色は不思議な青。加えて、設定上は暗殺者なのにゲーム内では暗殺者らしいプレイは多くありませんでした。新しいイブリンは影の暗殺者というだけではなく、悪魔のサキュバスでもあります。無上の悦びを与えた挙句に…あなたの肉を切り裂きます。
2 months ago

チャンピオン開発エピソード:気難しい半神、オーン

オーンはつい抱きしめたくなるような、気難しくも愛すべきお爺さんです。しかしそのふかふかな容姿の下に隠れているのは、礼儀的な挨拶など時間の無駄だと考える、頑固な職人気質。辛い過去を持つこの半神は、火山の地下で独り静かに、ハンマーなどの実用的な道具を作り続けています。そうそう、スパイスを効かせたチェリーを食べながら、エールを飲むことも好きです――少なくとも、あなたと話すよりはよっぽど。
3 months ago

チャンピオン開発エピソード:ゾウンの悪夢、アーゴット

ここ数年の間に、タリックの輝くような美しさは新たな高みに到達し、ポッピーは愛らしくなり、ワーウィックは一段とオオカミらしくなりました。そんな中、LoLの中で最もネタにされることの多かった日陰の男は、手術台に上がる順番を息を殺して待っていました。ここに、ようやくその時が巡ってきました。
4 months ago

チャンピオン開発エピソード:大鎌使い、ケイン

時は2017年、LoLには未だに大鎌を振るうチャンピオンが存在せず、ダーキン種族のキャラクターも少なかったため、この二つの組み合わせは天からの贈り物と思えました…それとも「地獄からの」と言うべきでしょうか。貪欲さ、パワー、とてつもない鋭さが共存した半ダーキンの男、ケインの登場です。
4 months ago

ORIGINS:ジンクス

暴走パンクガールが生まれるまで
7 months ago

チャンピオン開発エピソード:伝説の巨像、ガリオ

現実世界のガーゴイルは、要は見た目の凝った排水口ですが、もちろん我らがガリオは排水口ではありません――彼は、魔法使いたちをコテンパンにする動く彫像です。私たちはデマーシアの物語の中で彼が担う役割の重要性をさらに高めたいと考えましたが、そのためには彼をもっと大きくする必要がありました。
9 months ago

チャンピオン開発エピソード:カミール、スチールシャドウ

巨大な刃の脚を持つ貴婦人――文字だけでも強さが伝わりますよね。カミールはコンセプトアートの時点ですでに、かなり「ヤバい」チャンピオンでした。しかし、彼女を実際にキャラクターにするには、とある疑問に答えねばなりませんでした——自分の両脚をヘクステック式の刃に置き換えてしまう人間とは、いったいどのような人物なのか?
1 year ago

チャンピオン開発エピソード:すごくいいヤツ、アイバーン

リーグ・オブ・レジェンドでは誰もが誰かを倒そうとしています。人柄や物語がどうであれ、チャンピオンたちがサモナーズリフトでやることはひとつ——敵の体力バーを空にすること。そんな場所にナイスガイを登場させたらどうなるでしょうか?どこにいようとも、彼はとってもステキなことだけをします。たとえば……すべての動物たちに救いの手を差し伸べるとか?心優しきドルイド、アイバーンの登場です。
1 year ago

チャンピオン開発エピソード: ノクサスのミーム、クレッド

ノクサスの兵士がミームを作ったらどうなるでしょうか? おかしな質問に感じるかもしれませんが、歴史書をひも解いて、米兵がヨーロッパ中を歩き回っていた第二次世界大戦中の1940年代まで遡ってみれば、その答えが見つかります。当時、インターネット以前の時代のミームが、壁の落書きとしてヨーロッパ中に出現していました――大きな鼻に禿げ頭の男が壁越しに覗いている絵です。彼の名は「キルロイ」といいます。
1 year ago