プレイインステージから見逃せない! Worlds 2019組み合わせ抽選会に注目!!

Riot Thundercatによる

 2019年10月2日(現地時間)より、ドイツ・ベルリンを皮切りに、League of Legendsの世界大会「Worlds 2019」が始まります。世界13のリージョンから代表チーム24チームが参加するこの大会には、日本リーグ・League of Legends Japan League(LJL)を勝ち抜いたDetonatioN FocusMe(以下DFM)が出場します。Worlds 2019を観戦し、並み居る強豪たちとの戦いを応援しよう!

 Worlds 2019は世界最高峰のeSportsイベントです。代表チームであるDetonatioN FocusMeは、半年間にわたって争われた国内リーグ予選を勝ち抜き、世界大会へ歩みを進めます。

 Worlds 2019において、日本はワイルドカード枠での出場となり、グループステージ進出枠を争うことになります。このワイルドカードで争うプレイインステージの組み合わせ抽選会が、日本時間2019年9月23日22時より開催される「Road to Worlds 2019」です。


抽選会の動画はこちら!


 Worlds 2019には、世界13のリージョンから24チームが参加します。試合は予選となるプレイインステージ、本戦のグループステージ、そして最終的な勝敗を決めるノックアウトステージの3段階に分けて実施されます。13リージョンのうち、6リージョン12チーム(中国、韓国、ヨーロッパ、北アメリカ、LMS、ベトナム)は、過去の実績よりグループステージへのシード権を得ています。シード権を得ていない残りの12チームはワイルドカード枠となり、まずはプレイインステージを勝ち抜く必要があります。日本はこのワイルドカード枠での参戦です。このプレイインステージを勝ち抜いた上位4チームは、グループステージに参加可能となります。

 プレイインステージは12チームが参加し、2ラウンド制で実施されます。ラウンド1では、12チームを4グループに分け、分かれた3チームでダブルラウンドロビン(2回総当たり)、Bo1形式(1本先取)で戦います。このうち、各グループから上位2チームがラウンド2に進みます。ラウンド2では各グループでの1位2位がBo5形式(3本先取)で戦い、上位4チームが決定します。

 つまり、プレイインステージでの組み合わせ抽選の結果により、グループステージ進出への可能性が大きく変わるのです!

 勝負事には運も必要。数万人のLeague of Legendsファンとともに熱狂を体感し、日本代表チームを応援しよう!



2 months ago


関連コンテンツ