ログイン保持機能がまもなく実装

HollanderCooperによる

近々、「ログイン認証情報の保持(維持)機能」を含むアップデートが行われます。このアップデートはPBE(パブリックベータ環境)で近日中に導入され、数ヵ月かけて全世界に展開される予定です。このログインフローの改善により、ユーザー名とパスワードを保存すれば大部分のログイン画面をスキップできるようになります。また、数年以内に予定されているクライアント最適化(2要素認証、バックグラウンドでのパッチ適用、そして将来的には新ゲームもサポートできる機能の実装)に備えた内部変更も行われます。

アップデートのために何かすべきことはありますか?

ありません!アップデートはあなたの地域で利用可能になり次第、自動的にその機能がダウンロード、およびインストールされます。新しいログイン画面の「サインイン状態を保持(維持)」というオプションをクリックしておけば、ログインした状態が保持されます。これで同じコンピューターからログインする際に、ユーザー名やパスワードを入力する手間が省けます。

ログイン画面の見た目は変わりますか?

ログイン認証情報を保存するとログイン画面はスキップされ、すぐにゲームに入れるようになります。そのためログイン画面をBGMのない静止画に変更します。大抵の場合は、リーグ・オブ・レジェンドのショートカットをダブルクリックするだけでゲームに入れるようになりますので、人目に留まることが大幅に減るであろう場所での豪華で負荷の大きい演出は省くことにしました。この変更によって、アートと音楽を担当するチームが他のプロジェクトにより多くの時間を割けるようにもなります。

ログイン認証情報の保持はいつ利用できるようになりますか?

ライブサーバーへの実装を行う前に、まずは段階を踏んでPBEの少数のプレイヤーに試してもらう予定です。正式な日程はまだ決まっていませんが、決まり次第皆さんにお伝えします。

他の機能はいつ実装されますか?

2要素認証とバックグラウンドでのパッチ適用は、今年の後半にリリースされる予定です。どちらの機能に関しても、新たな情報が入り次第皆さんにお知らせします。


4 days ago


関連コンテンツ