Clash:2018年8月の最新アップデート

Dragglesによる

前回の報告で、Clashのローンチに向けた道のりの最新情報を随時お届けするとお約束しました。その後一定の進展があり、今回ClashをPBEで復活させるというお知らせができることになりました。まだテスト段階で、不具合が発生する可能性があり、最終的なトーナメント体験を提供できるものではありません。ですので、Clashのフルリリースに向けて準備を整えるために、ぜひ皆さんのご参加とフィードバックをお願いいたします!

以前Clashを実施した際、複数の内部システムが互いに上手く通信できなかったために大量の問題が発生しました。今回のPBEテストは、私たちが用意した修正と緩和策にどれくらい効果があるかを確認するもので、9月中に3つの主要な改善策のテストを予定しています。改善策の内容とテストへの参加方法は以下のとおりです。


PBEで行われるClashのテスト内容


9月5日 - タイミングをずらしたスカウティングフェーズ

スカウティングフェーズのタイミングをずらすテストを行います。これは一部の対戦のスカウティングフェーズを長くすることで、同じタイミングで開始される対戦の数を減らすものです。これによってチャンピオン選択に関する一部のシステムの負荷が大きく軽減され、安定して対戦に参加できるようになるはずです。

この長さの異なるスカウティングフェーズをテストするには、いつも通りチームを作成して、ロックイン時刻まで待っていただければOKです。ロックインしたら、対戦が組まれて普通にプレイできます。形式は一般的な4チームのブラケットのトーナメントとなり、各チームはそれぞれ2試合プレイします。



9月11日 - ゲームフローの変更

サーバー側のフローをタイトにして、対戦開始時に同時に機能するシステムの一部を分離します。1つ目のテストと同じく、修正が上手く機能すれば、通常の4チームのブラケットで2試合が行われます。すべてが想定通りに機能した場合は、プレイヤーの皆さんが気付くような特別なことはなにも起こらないはずです。



9月19日 - Clashリカバリーツール

以前のClashのテストの初期段階に発生していた問題のひとつが、一旦問題が発生すると復帰するのが困難なところでした。そのため、問題が発生したら全チームを解散して別のトーナメントを一からやり直す必要があり、これが誰にとっても大きな不満となっていました。そこで、Clashの一部に問題が発生しても安定した動作ができるようにアシストするツールを作成しました。

この新たなツールによって、ティアの計算やSMS認証、ボイスチャットの設定、名誉による制限、入力したチケット、報酬など、トーナメントの情報をサーバー側で簡単に編集できるようになります。例えばロックイン時に問題が発生した場合、一旦全員を退出させてから再び開始することが可能になります。また、Clashに解決不可能な問題が発生した場合でも、その週末のトーナメントをすべてキャンセルするのではなく、曜日単位でキャンセルできるようになります。

以上が3つのテストの概要になります。このテストが終了したら、結果をPBEコミュニティー・ボードで報告します。PBEアカウントにサインアップして、テストにご参加ください!


9 months ago

タグ付け: 
Clash

関連コンテンツ