エターナル:ユニークエターナル試案

Xenogenicによる

※この記事は2019年9月4日(太平洋標準時)にNAボードに投稿されたポストの翻訳です。

皆さん、こんにちは!

ゲームデザインリードのXenogenicです。私のチームではスキンやイベント、そしてエターナルのような新コンテンツの作成を行っています。エターナルが発表されてからの数週間、開発作業と並行してプレイヤーの皆さんからフィードバックを集め、この新機能の改善を行ってきました。

今回お知らせしたい変更は、「各チャンピオンに独自のエターナルを、3つセットで用意する」というものです。このエターナルでは“キル数”や“与えたダメージ量”といった、全般的なスタッツではなく、そのチャンピオン特有のスキルやプレイパターンに合わせた目標を達成していくことになります。

今回、各チャンピオンのエターナルセットの試案(※英語)をリストアップしましたので、気に入った点や逆に良くないと思った点について、皆さんからフィードバックをいただければと考えています。また、新たな達成目標について何かアイデアがあれば、ぜひお聞かせください!

リストをご覧になる前に、こちらの注意事項をお読みください。

  • プレイヤーによっては、プレイヤースキルを示せるような目標を達成したい人もいれば、比較的容易な目標を時間をかけて何度も達成して積み重ねていく方が良いという人もいます。そのため、各チャンピオンのエターナルにはこの両方をできるだけ取り入れました。この方針は今後も続けていきたいと考えていますが、どちらのタイプのエターナルが好きか、ご意見がぜひお知らせください。
  • 今回のリストはあくまでおおまかな試案でしかありませんので、ある程度簡略的な表現が含まれています。
    • 例えばEnemies(敵)と表記されていても、実際は「敵チャンピオン」という意味で、ミニオンやモンスターは含まれていないことがあります。
    • Multi-hits(複数回命中)の場合は、1回のスキル発動で2体以上の対象に命中させることを意味します。
    • Long Range(遠距離)でのスキル使用とは、特別な表記がない場合は最大射程の75%以上のことを指します。
    • Damage Dealt(与えたダメージ量)、Damage Absorbed(吸収したダメージ量)、Damage Dealt to(~に与えたダメージ量)などは、特別な表記がない場合は敵チャンピオンへのダメージ、または敵チャンピオンからのダメージを指します。
  • エターナルは「ゲームプレイを歪めることなく」最高の瞬間や成功を記録できるようにしたいと思っています。つまり、“サポートとしてキルを獲得”や“スキルを味方ではなく自分に使う”など、プレイヤーが望んでいないプレイや避けるべきプレイをエターナルの達成条件にしないようにするつもりです。もしリストの中に健全なゲームプレイを阻害しそうなものがあると感じられた場合は、理由とともにぜひお知らせください!
  • エターナルに完全に「火を灯す」、つまり5段階のマイルストーンをすべて達成すると、1試合ごとの自己ベストが記録されるようになります。一見すると基礎的な内容のものでも、試合ごとの最高記録を追えるようになれば、目標を達成していくのがより楽しくなるはずです。

エターナルセット1の初稿は次のようになっています(※リンク先英語)。
https://drive.google.com/file/d/1c8fLzByerZZrBPJmfRxZD8KgHO2Vn3UV/view



1 week ago


関連コンテンツ