ダイアナへの細かな調整がPBEに導入


※この記事は2019年5月14日(太平洋標準時)に NAボードに投稿されたポスト の翻訳です。

皆さん、こんにちは!

これは4ヶ月前のPBEボードの投稿(英語ページ)でお話ししたダイアナのQへの変更テストに関するフォローアップの調整です。多くのフィードバックとデータが得られ、それらはほぼすべてのケースにおいてライブサーバーのQの挙動が反映されていました。しかし、この変更でスキルの使用がより素早く、より正確に感じられるようになるでしょう。

また、ダイアナを自分がプレイする場合でも、相手にした場合でもより戦闘を楽しめるように、彼女のキットに細かな調整を行おうと考えています。パッチ7.14の大きな変更でダイアナはAP(魔力)アサシンに特化した存在になり、スキル使用の代償として攻撃速度が制限されているので、攻撃速度を標準的なレベルまで戻して、APへの依存度を低下させます。

そこで、次のパッチでPBEに導入する予定の調整点を皆さんに提案したいと思います。これらの変更は9.11までリリースされません。皆さんと一緒に考える時間を持ちたいと思っているからです。^ ^


今回の調整の狙いは以下のとおりです。

  • ダイアナの「キルに必要な時間」を少し長くする
  • パッチ7.14で導入された“スペルウィービング”パラダイムを元に戻す
  • 戦闘および小競り合いにおけるダイアナの機動性を少し高める

最初にテストしようと考えている調整内容は以下のとおりです。

基本マナ:372 (+20) => 335 (+45)
基本攻撃速度:0.625 => 0.725
レベルアップごとの攻撃速度増加量:2.25 => 2.30


固有スキル
なぎ払い攻撃の魔力反映率:0.8 > 0.6
NEW: 発動時に移動速度が20%増加
削除: スキル使用後、攻撃速度が30~90%増加
削除: 発動時に魔力の15%のマナを回復


Q
前回の投稿でお伝えした変更内容はすべてテストに導入されます。
使用感の改善:飛翔物の先端で戦場の霧を可視化


E
クールダウン:26秒 > 18秒 => 20秒 > 12秒


R
リセット時間:0.5秒 => 1.0秒


最後に:現在のバージョンはまだR>Qのリセットが削除されています。
上述の変更と組み合わせてR>Qのほぼ確定のQのダメージが十分な力になり、リセットの可能性を頼りに賭けに出る必要なく、ときにはこのコンボを選択しようと考えられるようになれば良いと願っています。

これらはすべてまだ未確定ですので、皆さんからのご提案やアイデアをお待ちしています。
その際に考慮すべき重要なことは、この調整は規模を小さく抑える必要があり、ビジュアルエフェクトへの変更やメカニクスへの大きな変更は行えないという点です。
また、ダイアナの使用感を改善することが一番の狙いなので、彼女の強さ自体はできる限り変わらないようにする必要があります。



6 months ago


関連コンテンツ