パッチノート 8.24b

Aetherによる

皆さん、こんにちは! 今回のパッチは厳密な意味でのパッチではありません――スキンも新要素もない、バランス調整を行うためだけのものです。また、実際に読み進めてもらえればわかるように、ほとんどの調整は(プレイヤーの選択肢に大きな変化を与えずに済む)"単純なバフ/ナーフ"となっています。……ただし、パイクとアカリだけは例外です(見つけやすいよう、一番上に持ってきておいてあります)。

今回は小さなパッチですので、2019年最初のパッチとなる9.1の情報も少しシェアしておきましょうか――マークスマンたちにそれぞれ沢山のバフが施されるほか、オーンとセジュアニにも変更が加えられ、一般プレイヤーとプロシーンでの差が互いに縮まることとなるでしょう。また、プレシーズンに行われたルーンへの変更のフォローアップも実施となります。

以上です! ちなみに、今年のパッチノートは72,000ワード以上ありました! 1年間お付き合いくださり、ありがとうございました。それでは、2019年にまたお会いしましょう!
Paul "Aether" Perscheid

トップに戻る

ネクサスブリッツ

先週、ネクサスブリッツの大幅なバランス調整を行いました。見逃した方はこちらで詳細をご覧ください!

トップに戻る

アカリ&パイク

アカリ

アカリが「W - 黄昏の帳」の煙幕から出てきた際にカウンターを与えやすく。8.24で行われた弱体化を元通りに。

今回の変更の目的は、アカリを相手にする際に"「W - 黄昏の帳」の煙幕が消えるのを安全な距離で待つ"のではなく、"飛び出してきたアカリに直接カウンターを叩き込める"ようにするためのものです。対象指定スキルの詠唱中にアカリが再びステルス状態になったとしても着弾するのはこれまで通りで、今後は方向指定スキルの狙いが付けやすくなるほか、通常攻撃の対象として指定できる時間も少し長くなります――これらの変更により、素早い反応速度としっかりとしたプランは必要になりますが、手を出しようがないという状況は解消されるはずです。その分、アカリにとっては非ステルス状態におけるリスクが増加することになるため、8.24で行った煙幕の持続時間への弱体化は元に戻すことにしました。

W - 黄昏の帳

NEWプレステルス 敵が真の視界を得ていない場合でも、ステルス状態(2回目以降も含む)になる直前に少しの間だけ輪郭が表示されるようになります(対象指定は不可)
NEWフォロースルー 対象指定済みのスキルやキャンセルできない通常攻撃(例:ナサスのQ - サイフォンストライク)は、アカリがステルス状態(2回目以降も含む)になってもキャンセルされないようになります
再ステルスのタイミング 0.9/0.8/0.725/0.625秒(チャンピオンレベル1/6/9/12) 1/0.9/0.825/0.725/0.625秒(1/8/11/20/30
元通り 上記の変更に伴い、8.24での弱体化を元に戻します。持続時間 4/4.5/5/5.5/6秒(最大2秒延長可能) 5/5.5/6/6.5/7秒(最大3秒延長可能)

パイク

レベルアップごとの魔法防御が減少。貫通したQがミニオンとモンスターに与えるダメージが減少。Rでとどめを刺せる敵の体力のラインが高チャンピオンレベルで低下。

ボットレーンでも比較的十分な活躍ができているこのアサシンサポートですが、ミッドレーンにおいては少々問題のある活躍振りを見せています。以下の変更はミッドレーンのパイクを狙い撃ちしたものです――ミッドレーンで戦う上で必要な能力(魔法ダメージによる瞬間火力に対する耐性、ウェーブクリア能力)や時間稼ぎが容易なミッドレーンだからこそ発揮できるパイクの強み(レベルアップごとの成長度)を大幅に弱体化しました。

基本ステータス

レベルアップごとの魔法防御 2 1.5

Q - ボーンスキューア

ミニオン&モンスターへのダメージ 2体目以降へ与えるダメージ50% 2体目以降へ与えるダメージ30% (ツールチップは9.1で更新されます)

R - 水底の急襲

注:敵の体力が"とどめを刺せる体力量"よりも多かった場合は、"とどめを刺せる体力量"と同じ量の物理ダメージを与えます。

とどめを刺せる体力量 チャンピオンレベル6~9 250/290/330/370 (変更なし)
とどめを刺せる体力量 チャンピオンレベル10~13 410/450/475/500 400/430/450/470
とどめを刺せる体力量 チャンピオンレベル14~18 525/550/575/590/605 490/510/530/540/550

トップに戻る

単純なバフ

ケイトリン

Qの基本ダメージが増加。貫通ダメージが減少。Rの射程が増加。

「Q - ピースメーカー」の初撃の威力向上によってレーン戦をやりやすくするとともに、「R - ブルズアイ」がこの“ピルトーヴァーの保安官”にもたらしているユニークな強みをさらに強化しました。

Q - ピースメーカー

基本ダメージ 30/70/110/150/190 50/90/130/170/210
ダメージ反映率 合計攻撃力×1.3/1.4/1.5/1.6/1.7(変更なし)
貫通ダメージ 67% 60%

R - ブルズアイ

射程 2000/2500/3000 スキルレベルにかかわらず3500

コーキ

Rのダメージが増加。

コーキのポークダメージを強化しました。

R - 連発ミサイル

基本ダメージ 75/100/125 90/115/140
ドデカミサイルの基本ダメージ 150/200/250 180/230/280

シンジド

基本体力が増加。「すくい投げ」のダメージが低スキルレベルで増加。

今回の変更により、シンジドはレーン戦の序盤から活躍できるようになるはずです。

基本ステータス

基本体力 580 610

E - すくい投げ

基本ダメージ 対象の最大体力の4/5/6/7/8% 対象の最大体力の6/6.5/7/7.5/8%

トリスターナ

Eのダメージが増加。

トリスターナの中盤戦での爆発力を強化しました。

E - ヨードルグレネード

基本ダメージ 60/70/80/90/100 70/80/90/100/110
ダメージ反映率 増加攻撃力×0.5/0.65/0.8/0.95/1.1 増加攻撃力×0.5/0.7/0.9/1.1/1.3
最大ダメージ 132/154/176/198/220(+増加攻撃力×1.1/1.43/1.76/2.09/2.42) 154/176/198/220/242(+増加攻撃力×1.1/1.54/1.98/2.42/2.86)

ヴァルス

Wで強化したQのダメージが、チャンピオンレベルが上がるにつれて増加。Rのダメージが低スキルレベルで増加。

ヴァルスが序盤及び中盤でパワースパイクに到達したときの強さを向上させました。

W - 枯死の矢筒

未チャージ時の発動効果ダメージ 対象の減少体力×6/7/8/9/10%(チャンピオンレベル1/4/7/10/13) 対象の減少体力×6/8/10/12/14%(チャンピオンレベル1/4/7/10/13)
フルチャージ時の発動効果ダメージ 対象の減少体力×9/10.5/12/13.5/15%(チャンピオンレベル1/4/7/10/13) 対象の減少体力×9/12/15/18/21%(チャンピオンレベル1/4/7/10/13)

R - 穢れの連鎖

基本ダメージ 100/175/250(+魔力×1.0) 150/200/250(+魔力×1.0)

ワーウィック

基本攻撃力が増加。

ワーウィックの火力を少しだけ強化しました。

基本ステータス

基本攻撃力 63 65

フォビドゥンアイドル系アイテム

「フォビドゥンアイドル」のクールダウン短縮が増加。アップグレードアイテムの回復効果およびシールド量が増加。

今シーズン初期の頃は、エンチャンターがライバルであるメイジやタンクサポートたちを上回る強さを見せていたため、「フォビドンアイドル」系アイテムを弱体化させ、各チャンピオンがもたらすシールド効果時間も短縮することになりました。しかしその後に形勢は逆転し、現在はもともとエンチャンターが有利であったはずのダメージ重視のメタであるにも関わらず、彼らの活躍が見られることはほとんどありません。そこで、(シールド量の増加が対戦相手にとってあまり不利に働かないよう)シールド効果時間の弱体化はそのままにする一方、「フォビドンアイドル」系アイテムの性能の大部分を復活させ、進んできた道を半分ほど戻ることにしました。

フォビドゥンアイドル

クールダウン短縮 5% 10%

アーデントセンサー

回復効果およびシールド量 8% 10%

ミカエルのるつぼ

回復効果およびシールド量 15% 20%

リデンプション

回復効果およびシールド量 8% 10%


既知のバグ - ゲーム内のツールチップは上記の変更を反映していません。ただし、ツールチップ以外は正しく変更されており、回復量やシールド量はちゃんと増加していますのでご安心ください!

トップに戻る

単純なナーフ

アリスター

Eの基本ダメージが低スキルレベルで減少。

序盤のレーン戦におけるプレッシャーを低下させることで、"一度ダメージ交換で勝利すればモーそのままレーン戦にも勝てる"という状況が起こらないようにします。

E - 踏破

基本ダメージ 5秒かけて100/125/150/175/200 5秒かけて80/110/140/170/200
強化された攻撃の追加ダメージ 55~310 (チャンピオンレベル1~18) 35~290 (チャンピオンレベル1~18)

カシオペア

Qのダメージが高スキルレベルで減少し、コストが増加。

Q上げ(Qのスキルレベルを優先的に上げていくこと)カシオペアがレーンフェーズにおける圧倒的強者となっているため、高スキルレベルでの「Q - ノクサスブラスト」を弱体化して対処することにしました。

Q - ノクサスブラスト

マナコスト 50/55/60/65/70マナ 50/60/70/80/90マナ
基本ダメージ 75/125/175/225/275 75/120/165/210/255

カサディン

体力自動回復が減少。

序盤におけるカサディンの耐久性能を、これまで以上にQのシールドに依存させることにしました。

基本ステータス

基本体力自動回復 8 6

ニーコ

Qのダメージが減少。

ニーコの固有スキルおよびWによる心理戦にプレイヤーの皆さんが慣れてきたのにあわせて、彼女の強さを健全なレベルまで引き下げます。今のところは序盤のレーンプッシュ能力とレーンコントロール能力を少し下げるだけで十分でしょう――もちろん、ホリデーシーズン中にどんなバランスになるか、今後も注視し続けていきます。

Q - 弾ける花弁

1発目の基本ダメージ 80/125/170/215/260 70/115/160/205/250
2発目と3発目の基本ダメージ 40/60/80/100/120 35/55/75/95/115

ティアマット

コストが増加。

「ハイドラ」系アイテムへすぐアップグレードするつもりがなく、ただ単純に「ティアマット」で1v1性能とウェーブクリア能力を手に入れようとしているプレイヤーに対して、必要な投資額を上昇させることにしました。
トータルコスト 1200ゴールド 1325ゴールド
アップグレード ラヴァナス・ハイドラとタイタン・ハイドラ(近接専用)へのアップグレードに必要なコストが125ゴールド減少しました(この2つの完成までにかかるトータルコストに変更はありません)

ジークコンバージェンス

味方の通常攻撃による炎のダメージが減少。

「ジークコンバージェンス」の持つ攻撃的な能力を下げ、ほかのタンク向けアイテムも選択肢に入るようにしました。
パイプ 繋がった味方の通常攻撃が与える追加魔法ダメージ 2秒かけて50% 2秒かけて30%

トップに戻る

外側タワー

タワープレートが自然消滅した後のタワーの物理防御/魔法防御が増加。

タワープレートは"できる限りタワーを破壊したい"というチームの場合には効果を発揮してくれているものの、プレートが自然消滅したあとのタワーが非常に脆かったせいで、比較的落ち着いているレーンにおいてはあまり意味をなしていませんでした。今後はプレートが自然消滅しても、プレートによって増加していた分の物理/魔法防御が失われるだけで、試合開始時の物理/魔法防御はキープされた状態になります。
タワープレートが自然消滅した後のタワーの物理防御および魔法防御 0 40

トップに戻る


11 months ago

タグ付け: 
Patch Notes

関連コンテンツ