パッチノート 8.8

Aether, Gentleman Gustafによる

皆さん、こんにちは!

パッチ8.8へようこそ! これから数ヶ月間は様々なイベント――MSI、Clash導入、サマースプリット開幕など――が目白押しとなります。それによって各パッチへのプレッシャーが高まるため、しばらくは“大きなパッチと小さなパッチ”が“中くらいのパッチと中くらいのパッチ”のように見えることとなるでしょう。

とはいえ、このパッチで行われる変更自体には“大きな”ものも含まれています。まず最初は私たちが調整に苦労している2体のチャンピオン――ルブランとアーリについてです。私たちはこれまで、彼女たちを相手にした際のイライラを低減するための試みを続けてきましたが、その結果、2人は“機動性と行動妨害を活かしてカイトしながら戦うメイジ”という、アサシンとはまるで異なる姿へと変貌してしまいました。このパッチでは過去のアップデートによってバランスが改善された部分はある程度維持しつつも、彼女たちをよりアサシンらしいプレイスタイルへと押し戻すような変更を加えています。もちろん今後も経過を見守っていく必要はあるでしょうが、全体的な傾向として、“高い瞬間火力で狙った獲物を瞬殺し、そこから得た優位をスノーボールさせて勝利に繋げる”ことを得意とする存在になったはずです。

それでは、皆さんの幸運を祈ります。サモナーズリフトでお会いしましょう!
Mattias "Gentleman Gustaf" Lehman Paul "Aether" Perscheid

トップに戻る

パッチ・ハイライト

トップに戻る

チャンピオン

ルブラン

アップデートされました。お読みください!

今回の変更はアサシンアップデートでのルブランへの変更を巻き戻すものです。アップデートには2つの狙いがありました――アサシンクラス全体としては“対戦相手の迎撃猶予を増やす”こと、ルブラン自体としては“スキルを使う順番が鍵になるコンボ中心のアサシンとしての個性を強化”しようとしたわけです。しかし残念ながら、ルブランに関してはこの狙いをどちらも果たせていないと感じるため、変更の一部を元に戻すことにしました。

これらの2つの狙いを最もよく表していたのが固有スキル - シジルマリスR - 再演への変更でしたが、どちらも意図した効果が得られませんでした――そこでこれらを元に戻し、スキルキットのほかの部分にもバランス調整を行っています。各スキルへの変更の詳細は下記をチェックしてください。

アップデート固有スキル - 鏡像

ルブランは現状、どれだけリードしていようとも、敵を倒すためには約2秒間その場に留まらなくてはなりません――そのため正しい手順を踏もうとすると、往々にして(固有スキルが利用可能になるまで)スキルの使用を控える必要があり、そのことが彼女の使用感をかなりぎこちないものにしていました。
温故知新自身の体力が40%を下回ると1秒間インビジブル状態になり、「鏡像」を発生させる。「鏡像」はダメージを与えず、最大8秒間持続する。
バグ修正 固有スキル - 鏡像の分身による通常攻撃が対象に命中する前に分身が倒されると、その攻撃がダメージを与えることがあった不具合を修正しました(実はこのバグ修正、ルブランのリワークが行われた時点でリリース可能だったのですが、スキルが変更されたためにお蔵入りになっていました――そう、満を持してのリリースなのです!)

Q - シジルマリス

名称 シャターオーブ シジルマリス
NEWシジルマリス 対象にマークを付与する。マークされた対象にスキルでダメージを与えるとマークが爆発し、追加ダメージを与える。
オーブの基本ダメージ 55/90/125/160/195(変更なし)
オーブのダメージ反映率 魔力×0.5 魔力×0.4
マークの基本ダメージ 55/80/105/130/155
マークのダメージ反映率 魔力×0.4
コスト 40/45/50/55/60マナ 50/60/70/80/90マナ

W - ディストーション

基本ダメージ 40/55/70/85/100 85/125/165/205/245
ダメージ反映率 魔力×0.2 魔力×0.6
クールダウン 18/16/14/12/10秒 14/13/12/11/10秒
速度 1600 1450
再発動不能時間 最初の詠唱から0.85秒 ダッシュを終えてから0.2秒

E - エーテルチェイン

鎖命中時の基本ダメージ 40/60/80/100/120(変更なし)
鎖命中時のダメージ反映率 魔力×0.5 魔力×0.3
スネア付与時の基本ダメージ 40/60/80/100/120 60/90/120/150/180
スネア付与時のダメージ反映率 魔力×0.5 魔力×0.7
コスト 40マナ 70マナ
鎖の拘束限界範囲 885 865

アップデートR - 再演

ルブランのアルティメットをリワークした狙いは、“複製するスキルを選択できるようにし、有効なコンボの種類を増やす”ことでした――しかし実際には、“オールインへの過程で何かミスを犯した際、「再演:ディストーション」で遥か遠くまで逃げる”というのが主な用途となってしまっていました。
再演 Rを押すとルブランが直前に使用したスキルを使用します
RQのオーブの基本ダメージ 70/140/210
RQのオーブのダメージ反映率 魔力×0.4
RQのマークの基本ダメージ 140/280/420
RQのマークのダメージ反映率 魔力×0.8
RWの基本ダメージ 150/300/450
RWのダメージ反映率 魔力×0.75
REの鎖命中時の基本ダメージ 70/140/210
REの鎖命中時のダメージ反映率 魔力×0.4
REのスネア付与時の基本ダメージ 140/280/420
REのスネア付与時のダメージ反映率 魔力×0.8

アーリ

Eを当てた対象にスキルダメージが増加するように。RとEの基本ダメージが減少。Rのダメージ反映率が上昇。Qによる移動速度増加を削除。Wはアーリがチャームしたか直前に通常攻撃を行った対象を優先して攻撃。

“長いリーチと高いプレイメイキング能力を活かしてほかのレーンに飛び込み、マップのそこかしこでキルを稼いでチームを勝利へと導く”――多くのプレイヤーは、標的を孤立させて倒すことに特化した、スノーボールしやすい攻撃的なアサシンとしてアーリをプレイすることを楽しんでいます。しかし現時点での彼女は、リードしたとしても大した脅威にはなれずにいます。そこで今回、“ダメージの全てを1体のチャンピオンに集中する”能力を強化し、稼いだキルが勝利に繋がる可能性を高めることにしました。

とはいえその代償として、安全性を少し低下させる必要があるでしょう――現在はQを投げるだけで(移動速度増加効果により)ギャンクを避けやすくなっていますが、この移動速度バフを獲得しづらくし、さらにサステイン能力を得るための方法を変更すれば、レーン戦でアーリのスキを突くチャンスが増えるはずです。

アップデート固有スキル - ヴァスタヤの恵み

ヴァスタヤの恵み 1.5秒以内に敵チャンピオンに2回スキルを命中させると3秒間移動速度が20%増加する(クールダウン9秒)

Q - 幻惑のオーブ

削除ちょい待ち! 移動速度を増加させなくなりました
NEW3 Hit Combo×3 スキルを9回命中させると(スキル1回の使用につき最大3回まで)「生気吸引」を獲得し、次のQが敵に命中するたびに体力を3/5/9/18(チャンピオンレベル1/6/11/16)(+魔力×9%)回復するようになります

W - フォックスファイア

コスト 50マナ 40マナ
NEW女狐 「フォックスファイア」はチャームのダメージ増幅効果を受けた敵チャンピオンと、直近3秒以内に通常攻撃を行った対象を優先して攻撃します
対優先対象時の射程 725(対非優先対象時の射程は700で変更なし)
対非優先対象時の攻撃ディレイ 0.25秒 0.4秒(対優先対象時のディレイは0.25秒で変更なし)

E - チャーム

基本ダメージ 60/95/130/165/200 60/90/120/150/180
ダメージ反映率 魔力×0.6 魔力×0.4
NEWさあ、おいで 「チャーム」でチャンピオンにダメージを与えると、そのチャンピオンに対するアーリのスキルのダメージが5秒間、20%増加します

R - スピリットラッシュ

基本ダメージ 70/110/150 60/90/120
ダメージ反映率 魔力×0.25 魔力×0.35

イレリア

基本物理防御が増加。Qのミニオンに対するダメージが増加。Rのクールダウンが延長。R(飛翔体と壁の両方)のダメージが減少(特に高スキルレベル時)。

イレリアはレーン戦がかなり苦手なものの、終盤戦では超強力な存在となります。双方のバランスを取るため、アルティメットの基本ダメージを低減して終盤のパワーを低下させ、代わりにレーン戦における安定感を高めることにしました。

基本ステータス

基本物理防御 31 34

Q - 瞬刃

ミニオンに対する増加ダメージ 60% 70%

E - 無欠の連舞

バグ修正 スキルを使用するごとにイレリアが複数のミニオンキルを獲得することがなくなりました

R - 先陣の刃

クールダウン 120/105/90秒 140/120/100秒
飛翔体のダメージ 150/275/400 125/225/325
壁のダメージ 125/200/275 75/125/175

アジール

砂塵兵のメインターゲット以外に対するダメージが低スキルレベル時に減少。

アジールは序盤のウェーブクリア性能が高いので、レーン戦のテンポをあまりにも都合よくコントロールできすぎています。

W - 目覚めよ!

メイン攻撃対象以外へのダメージ 40/70/100%(チャンピオンレベル1/6/11) 25/50/75/100%(チャンピオンレベル1/6/11/16)

ブラウム

レベルアップごとの基本物理防御が減少。Wの増加防御力が減少。

ブラウムは現状、あまりにも堅過ぎて手が付けられません!

基本ステータス

レベルアップごとの基本物理防御 4.5 4

W - ワシに任せとけ!

増加物理・魔法防御 17.5/20/22.5/25/27.5 10/14/18/22/26
気をつけぇ~! 増加防御力が以前よりも素早く適用されるようになりました

ガリオ

Rのクールダウンを延長。

ガリオ使いたちがアルティメットを効果的に活用するために必要な事前の位置取りを把握するにつれて、“「R - 英雄降臨」の発動頻度自体があまりにも高すぎる”ことが明らかになってきました。

R - 英雄降臨

クールダウン 180/150/120秒 200/180/160秒

グレイブス

レベルアップごとの体力が増加。Rのクールダウンが短縮。

グレイブスは遠隔攻撃タイプであるにも関わらず、相手にかなり接近しなくてはチームに貢献できないチャンピオンです。しかしながら現状、その距離を維持し続けられるだけの十分な硬さを持ってはいません。

基本ステータス

レベルアップごとの体力 84 92

R - コラテラルダメージ

クールダウン 120/100/80 110/85/60

ジャンナ

移動速度が減少。Wのダメージが低下。

ジャンナは移動速度が高く、「ゼファー」の基本ダメージが高いこともあり、ダメージトレードを有利に進めすぎています。

基本ステータス

移動速度 320 315

W - ゼファー

基本ダメージ 60/105/150/195/240 55/100/145/190/235

カイ=サ

体力自動回復、レベルアップごとの体力自動回復増加量が減少。Qのダメージ反映率が減少。

リリースから数パッチの間、カイ=サはレーンで苦戦を強いられていたため、そのレーン戦能力を強化しました――しかし、プレイヤーたちもそろそろカイ=サの操作に慣れてきたようですので、与えたパワーを少し取り上げても良さそうです。

基本ステータス

基本体力自動回復 6.2 5.5
レベルアップごとの体力自動回復増加量 0.75 0.55

Q - イカシアの雨

ダメージ反映率 増加攻撃力×0.4 増加攻撃力×0.35
ミサイル(6発時)のダメージ反映率 増加攻撃力×1.0 増加攻撃力×0.875
ミサイル(12発時)のダメージ反映率 増加攻撃力×1.72 増加攻撃力×1.505

リサンドラ

Qのマナコストが減少。Rのクールダウンが低スキルレベルで短縮。

リサンドラはイニシエーターおよび中距離ダメージディーラーとして突出した力を持っているので、他のチャンピオンとバランスを取るために基本マナを低下させ、クールダウンを増加させるなどの調整をしてきました。しかし、現在の彼女は苦戦しているので、これらの力を活かす機会を増やします。

Q - アイスシャード

コスト 85マナ 75マナ

R - フローズングレイブ

クールダウン 130/105/80秒 120/100/80秒

ノーチラス

マナが増加。攻撃力が増加。Qのクールダウンが低スキルレベルで短縮。

ノーチラスは現状苦戦しているため、これまで担ってきた役割(トップ、ジャングル、サポート)で再び成功を掴めるよう、必要なパワーを与えることにしました。どんなポジションに行こうとも彼のアイデンティティの根幹を成すのはやはり“錨によるフック”でしょうから、まずはそこから始めていきたいと思います。

基本ステータス

基本マナ 334 400
基本攻撃力 57.54 61

Q - 錨投げ

クールダウン 18/16/14/12/10秒 14/13/12/11/10秒

ライズ

Eのマナコストが低スキルレベルで増加。

ライズは序盤のウェーブクリア性能が高いので、レーン戦のテンポをあまりにも都合よくコントロールできすぎています。

E - フラックス

コスト 40/55/70/85/100マナ 60/70/80/90/100マナ

サイオン

Qのダメージ反映率が低スキルレベルで減少。Qの基本ダメージが低スキルレベルで増加。

現在のサイオンは、(「Q - 破滅の斧」ではなく)「E - 殺意の雄叫び」のレベルを優先して上げても、あまりダメージを犠牲にせずに済んでいます。これによって強力なポーク手段を手に入れたサイオンは、トップレーンのみならず(相手次第では)ミッドでも優先ピックの1人にまで食い込むようになってしまいました。遠距離からのハラスやQを当てやすくするためにスロウが欲しい時など、今後もEを優先するのが有効となるケースはあるでしょうが、少なくとも“そうするのが当たり前”ではなくなるよう調整することにしました。

Q - 破滅の斧

ダメージ反映率 合計攻撃力×0.65 合計攻撃力x0.45/0.5/0.55/0.6/0.65
最大チャージ時のダメージ 合計攻撃力×1.95 合計攻撃力×1.35/1.5/1.65/1.8/1.95
基本ダメージ 20/40/60/80/100 30/47.5/65/82.5/100

タム・ケンチ

Eの体力回復量が減少。Wで味方を飲み込んだ状態で敵チャンピオンに向かって移動する際の、増加移動速度を削除。

タム・ケンチは味方をお腹の中に入れて守ることができるチャンピオンですが、Eがもたらすあまりにも高い耐久力は、対戦相手にとって“飲み込んだチャンピオンの代わりにタムを攻撃しても、ダメージが無駄になっているように思える”原因となってしまっています。そこで、相手側にとってもフェアな戦いだと感じられるよう、その性能を低下させることにしました。

また、タム・ケンチが味方を「W - 丸呑み」して敵チャンピオンに向かっているときに獲得できる、増加移動速度も複雑な問題を抱えていました。実は、“向かっている”という条件には抜け道がありました――集団戦で双方が散り散りになると、“自分を倒そうとしている敵からは逃げている”ように見えても、往々にして“別の敵に向かって移動している”状態になっており、これが原因でタム・ケンチとお腹の中の味方の生存率が高くなっていたのです。

W - 丸呑み

削除“ファスト”フードは禁止 味方チャンピオンを飲み込んだ状態で敵チャンピオンに向かって移動する際に、増加移動速度を獲得しなくなりました

E - ゆるゆる皮膜

時間経過とともに灰色の体力が回復する割合 25/30/35/40/45% 15/20/25/30/35%

タリヤ

基本体力が減少。Qのクールダウンが低スキルレベルで延長。

強力なプッシュ&ローミング能力を誇るタリヤは、今や優先的にピックされるチャンピオンの1人にまでなっています。そこで今回は、ウェーブクリア能力を少し引き下げつつ、相手がアサシンをピックすれば確実に有利な戦いを挑めるよう、耐久力も低下させることにしました。

基本ステータス

体力 532 502

Q - スレッドボレー

クールダウン 9/7.5/6/5.5/3秒 11/9/7/5/3秒

ヴァルス

Wの命中時追加魔法ダメージが減少。次のQに追加ダメージを付与する発動効果がWに追加。

「Q - 乾坤一擲」はヴァルスを象徴するスキルと言えますが、最近主流の命中時効果優先ビルドではその持ち味を発揮することができません。彼のビルドを変えてしまおうという意図はありませんが、たとえ命中時効果を優先するビルドであっても、Qをチャージするインセンティブがあるべきだろうと考えました――とはいえ、これまでのヴァルスがかなりバランスの良い状態だったことを考慮すると、ここで全く新しい発動効果を追加するのならば、どこかからパワーを削らざるを得ないでしょう。

固有スキル - 復讐の化身

チャンピオンキル時の増加攻撃速度 50% 30%
ミニオンキル時の増加攻撃速度 25% 15%

W - 枯死の矢筒

命中時追加魔法ダメージ 10/14/18/22/26 5/9/13/17/21
NEW発動効果 ヴァルスの次のQ - 乾坤一擲に、対象の減少体力の6/7/8/9/10%にあたる追加ダメージが付与される。ダメージはチャージした時間に応じて、最大50%(9/10.5/12/13.5/15%)まで上昇
発動効果クールダウン 40秒

ヴァイ

基本物理防御が減少。レベルアップごとの基本物理防御が増加。体力自動回復、レベルアップごとの体力自動回復増加量が上昇。固有スキルとQのクールダウンが、低チャンピオンレベルおよび低スキルレベルで短縮。Eのマナコストが減少。

今回の変更の主目的は、ただ単純にヴァイを強化することです――その一方で、“彼女が密かにトップレーンへの復帰を果たす”なんてことになれば最高ですよね!(*トリビア: ヴァイはジャングラーになる前、もともとはトップレーナーとしてデザインされていたチャンピオンでした) そこで、ヴァイがジャングルのみならずソロレーンでも自慢の拳を振るえるよう、クールダウンを短縮するとともにコストを低下させ、さらには体力自動回復量も向上させることにしました。

基本ステータス

基本物理防御 35 30
レベルアップごとの基本物理防御 3.5 4
体力自動回復 9 10
レベルアップごとの体力自動回復増加量 0.9 1

固有スキル - ケンカの作法

クールダウン 16~8秒(チャンピオンレベル1~9) 12~8秒(チャンピオンレベル1~9)

Q - 真っすぐいってぶっとばす

クールダウン 16/14/12/10/8秒 12/11/10/9/8秒

E - おかわりだ

コスト 40/45/50/55/60マナ 26/32/38/44/50マナ

ザヤ

基本体力自動回復が減少。低チャンピオンレベルにおける固有スキルの貫通ダメージが減少。

ザヤは現状、苦手なはずの相手とのレーン戦を楽々乗り切り、得意とする中~終盤戦へ簡単に移行できてしまっています。

基本ステータス

基本体力自動回復 6 5

固有スキル - クリーンカット

貫通ダメージ 50% 30/40/50%(チャンピオンレベル1/7/13)

レク=サイ

バグ修正。

固有スキル - ゼル=サイの怒り

アップデート怒りを原動力に レク=サイが地中に潜って体力を回復する際、非戦闘状態に入ったことでフューリーが減少することはなくなりました
アップデートタイムリー レク=サイが非戦闘状態に入ることによりフューリーの減少が始まるのは、8~9秒後ではなく、ちょうど8秒後からになりました

スウェイン

バグ修正。

E - 束縛の爪

アップデート焦りは禁物だ 「フェイズラッシュ」の効果発動条件においては、1回分としてカウントされるようになりました

トップに戻る

アイテム

アークエンジェルスタッフ

最大マナが魔力に変換される比率が低下。

「アークエンジェルスタッフ」はあまりにも早い段階でパワーを発揮してしまっているようです。そこで、「セラフ・エンブレイス」にアップグレードされる前の魔力増加量を少し低下させることにしました。
最大マナから魔力への変換率 3% 1%(セラフ・エンブレイスでは変更なし)

トップに戻る

ルーン

リーサルテンポ

攻撃速度増加量が上昇。

「リーサルテンポ」は未だ、多くのチャンピオンにとって十分に有用なものではありません――というわけで、強化することにしました。
増加攻撃速度 30~80%(チャンピオンレベル1~18) 40~110%(チャンピオンレベル1~18)

魂の収穫

バグ修正 魂が落ちた時に余計なビジュアルエフェクトが表示されていた不具合を修正しました
バグ修正 複数のプレイヤーが「魂の収穫」を使っている場合、魂を落とすユニットに表示されるエフェクトが、そのうち1人の画面にしか表示されていなかった不具合を修正しました
バグ修正 ランダムミッドのツールチップにおいて、チャンピオンが落とした魂から得られるソウルエッセンスの数が実際よりも多く表記されていた不具合を修正しました

トップに戻る

トリンケット

スイープレンズを削除。オラクル・オルタレーションがチャンピオンレベル1から購入可能に。トリンケットを持ち替えた際、残りクールダウンは持ち替える前のトリンケットの割合を引き継ぐように。

“トリンケットを持ち替えるかどうか”を考えるうえで、これまでの仕様は必要以上の複雑さをもたらしていました。そこで、持ち替えに一貫性を持たせ、さらにその回数を減らすことで、持ち替えるメリットをより明確に把握できるようにしました。

削除 スイープレンズ

売り切れ スイープレンズがショップで購入できなくなりました

オラクル・オルタレーション

必要レベル 9 1

トリンケット持ち替え時のルール

同じクールダウン トリンケットを持ち替えてもクールダウンは120秒にリセットされず、持ち替える前のトリンケットの残りクールダウンの割合を引き継ぐようになりました

トップに戻る

ホームスタート

出撃地点で「ホームスタート」バフが得られる時間帯が少しだけ延長。ホームスタートバフが解除される位置を川から外側タワーに変更。

これまでの「ホームスタートバフ」は、川に入らず自陣を防御する側にとって大幅に有利なものになっていました――防御側は移動速度バフを維持し続けられるため、敵が攻め込んできたのを見てからでも容易に川付近の茂みへと逃げ込める割に、攻撃側は川に足を踏み入れた途端にバフを失っていたのです。移動速度バフが解除される位置を少し自陣側へと近付ければ、スタート直後のアグレッシブなプレイの成功率が少しだけ上昇するはずです。
出撃地点からホームスタートバフが得られる時間帯 試合開始から35秒 試合開始から55秒
削除逃げ腰 川に入ってもホームスタートバフが即座に解除されることはなくなりました
お家がいちばん ホームスタートバフは、外側タワーを越えた後0.75秒かけて急速に減衰していくようになりました

トップに戻る

バグ修正

  • 前回とは別の方法で、ワーウィックのQが2回発動できてしまう不具合を修正しました。これで最後のはずです。
  • 砲台ミニオンから得られるゴールドが87ゴールドを超えても正しく増加するようになりました
  • ボリベアのE - 雄大な咆哮が分身に対しても正しくフィアーを与えるようになりました
  • ティアマットが「電撃」または「フェイズラッシュ」の効果発動条件としてカウントされていた不具合を修正しました
  • 雪の仔鹿ポッピーのリコール時およびスキル発動時の効果音が復元され、ベーススキンの効果音を使わなくなりました
  • グラフィック設定を低くした時のプールパーティ グレイブスとそのクロマに見えていた継ぎ目が最小化されました
  • グラフィック設定を低くした時のレネクトイのクロマに見えていた継ぎ目が最小化されました
  • グラフィック設定を低くした時のアーケード ミス・フォーチュンのクロマに見えていた継ぎ目が最小化されました
  • ダリウスのクロマセットにおけるテクスチャの圧縮率が統一されました
  • サンドストーム エコーの砂時計とクロノブレードがすべてのアニメーションにおいてより自然にモデルの動きを追従するようになりました
  • 死神ソラカのリコール時のオーブが復元されました
  • サンタ ドレイヴンのQ - 回転斬斧の着地地点に表示されるパーティクルが、設置型スキルのパーティクルに邪魔されなくなりました
  • プールパーティ ルルのピックスの攻撃の軌跡のパーティクルが復元されました
  • 混沌の闇ヤスオおよびPROJECT YASUOのQ - 抜刀の地面に表示されるパーティクルが、標高が変わった際も地面を貫通しなくなりました
  • グラフィック設定を低くした時、鋼の太陽レオナのR - ソーラーフレアの紋章が間違った角度で表示されていた不具合を修正しました
  • エレメンタリスト ラックスのQ - ライトバインドが他のスキンよりも速くフェードアウトしていた不具合を修正しました
  • ドレッドノヴァ ダリウスの待機時のビジュアルエフェクトが復元されました
  • ウォード ダリウスおよびダンクマスター ダリウスのクリティカル発生時のパーティクルの位置のズレを修正しました
  • 宇宙の略奪者カサディンの通常攻撃の命中時とW - ネザーブレードに専用のパーティクルが復元されました
  • 覇者カルマの全てのスキルに専用のパーティクルが復元されました
  • ブラッドムーン ツイステッド・フェイトのリコール時のアニメーションでピクセルが欠けていた不具合を修正しました
  • ミャオカイが手に持っていた猫ちゃんは無事に保護され、彼の下へと届けられました
  • 雪遊びグレイブスの目がすべてのアニメーションにおいて正しく頭に追従するようになりました
  • ナミが「笑う」エモートを使用した際のビジュアルエフェクトが再び正しく再生されるようになりました
  • 四つ葉の妖精ベイガーのW - ダークマターのビジュアルエフェクトに再び虹が現れるようになりました!
  • スターガーディアン ソラカのホームガードのビジュアルエフェクトが、再びモデルに正しく重なるようになりました
  • フレヨルド タリヤが建造物およびジャングルモンスターに通常攻撃を命中させた際のビジュアルエフェクトが復元されました
  • SKT T1 ライズのリコールアニメーション中に再生される観衆からの声援が復元されました
  • 死灰の化身オレリオン・ソルの「ジョーク」エモート時のアニメーションのサングラスのキラリと光るビジュアルエフェクトが復元されました
  • エージェント シン・ジャオのリコール時の効果音が復元されました
  • SKT T1 エコーの「ジョーク」、「タウント」、「ダンス」エモート再生時および死亡時のビジュアルエフェクトが復元されました
  • 鋼鉄軍人ガレンの「仇敵」マークをガレン以外の味方や敵が見た時も同じ高さで表示されるように修正しました
  • バトルボス マルザハールのリコール時のビジュアルエフェクトが復元されました
  • ライトランサー ブリッツクランクおよびダークランサー ブリッツクランクでリコールした際に、光のビジュアルエフェクトが表示されていなかった不具合を修正しました
  • アストロ ノーチラスのヘルメットに表示されるビジュアルエフェクトがW - 大海の激憤の効果時間終了時後も表示され続ける不具合を修正しました

トップに戻る

近日公開のスキンとクロマ

パッチ8.8において、以下のスキンがリリースされます。

パッチ8.8において、以下のクロマがリリースされます。

荒くれバロン ランブル (ルビー)

荒くれバロン ランブル (メテオライト)

荒くれバロン ランブル (ターコイズ)

荒くれバロン ランブル (パール)

荒くれバロン ランブル (ローズクォーツ)

荒くれバロン ランブル (オブシディアン)

荒くれバロン ランブル (キャッツアイ)

荒くれバロン ランブル (エメラルド)

トップに戻る

ヘクステッククラフト

ジェムストーンのドロップ率が意図していたより5%高くなっていた不具合を修正しました。

トップに戻る


1 month ago

タグ付け: 
Patch Notes