パッチノート 9.15

Aether, shio shoujoによる

皆さん、こんにちは! 前回のパッチ9.14が数多くの変更を含む大規模なものとなったため、今後しばらくは比較的小さなパッチが続く予定です。

このパッチ9.15では、最新チャンピオンのキヤナに加え、前回変更を行ったスウェインやポッピーにフォローアップの調整を行っています。また、現環境を考慮した際に“もう一押し”と感じる一部チャンピオンにも強化を施しています。

それでは幸運を祈ります。お楽しみください!
Hanna “shio shoujo” Woo Paul "Aether" Perscheid

トップに戻る

ミッドパッチアップデート

2019年8月8日(太平洋標準時)
モルデカイザーのバグ修正

モルデカイザー

ペットのバグ修正 モルデカイザーのR - 死の国が終わる間際に召喚されたペットが、死の国の効果終了後も死の国に残ってしまう不具合を修正しました。

削除されたレガシーカーソルの復活

パッチ9.15に含まれていたレガシーカーソル選択の永久削除ですが、少し急ぎ過ぎてしまったようです。皆さんからのフィードバックをふまえ、現時点ではパッチ9.15以降も残すことにしました。このオプションの完全削除が今後の計画案から外れるわけではありませんが、削除のお知らせを受けて多くのプレイヤーがこのガントレットへの思いを表明してくれたので、その気持ちを尊重したいと思います。

パッチ・ハイライト



PROJECT: Pyke、Irelia、Warwick、Jinx、そしてAkaliは日本時間2019年8月2日に発売予定です。

トップに戻る

チャンピオン

イブリン

Qのモンスター命中時のクールダウン解消率が低下。

イブリンのキャンプクリア速度を、とくに序盤において低下させることにしました。

Q - ヘイトスパイク

クールダウン解消率 モンスター命中時に60% モンスター命中時に50%

ガリオ

固有スキルのダメージが増加、クールダウン短縮の影響を受けるように。Eのダメージが増加。

前回のパッチにて、ガリオのド安定コンボだった“W+フラッシュ”のパワーを大きく削減しましたが、今回はその代わりに、Eのように当てにくいスキルから得られるリターンを増やすことにしました。

固有スキル - 巨像の一撃

NEWクールダウン スキルレベルにかかわらず5秒 5秒(クールダウン短縮に応じて変化)
基本ダメージ 15~180(チャンピオンレベル1~18) 15~200(チャンピオンレベル1~18)

E - 正義の鉄拳

基本ダメージ 80/120/160/200/240 90/130/170/210/250

グレイブス

Eのスタックごとの物理防御が増加。

グレイブスは現状、あらゆる面でパワー不足に陥っています。防御力を強化することで、序盤戦における生存能力を高めつつ、全体的にもより安定して敵と殴り合えるようにしました。

E - クイックドロー

スタックごとの物理防御 5/7.5/10/12.5/15 8/11/14/17/20

カルマ

Rで強化されたEのシールド量が減少。

パッチ9.13での増加移動速度の低下をもってしても、プロシーンにおけるカルマのピック率を健全なレベルにまで引き下げることは叶いませんでした――そのため、さらなる弱体化を行うことにしました。

Rで強化されたE - 信念の抵抗

追加シールド量 30/90/150/210(+魔力×0.6) 25/80/135/190(+魔力×0.5)

カ=ジックス

Qの基本ダメージが増加。

“虫はプチッと潰すもの”だとお思いの皆さん……、今度はあなたが潰される番です!

Q - 甘美なる恐怖

基本ダメージ 50/75/100/125/150 60/85/110/135/160

ルブラン

Eのスネア付与時の基本ダメージが増加。

試合終盤において、Eのスネアは成功時に十分なインパクトを発揮できていません。リスクに見合ったリターンが得られるよう、変更することにしました。

E - エーテルチェイン

スネア付与時の基本ダメージ 60/90/120/150/180 70/110/150/190/230

リー・シン

Qの基本ダメージが増加。

ソロキューにおいて、リー・シンはほぼすべてのプレイヤースキル帯で力を発揮できておらず、見かける頻度がもっとも高い上位のスキル帯においてすら、弱点と対策が明確なためにリスクの高いピックとなってしまっています。そこで、あらゆるスキル帯のソロキュープレイヤーに向けて、若干の強化を行うことにしました。

Q - 響掌/共鳴撃

「響掌」の基本ダメージ 50/75/100/125/150 55/80/105/130/155
「共鳴撃」の最小ダメージ 50/75/100/125/150 55/80/105/130/155
「共鳴撃」の最大ダメージ 100/150/200/250/300 110/160/210/260/310

リサンドラ

基本体力とレベルアップごとの体力が増加。Rの魔力反映率が増加。

リサンドラを全面的に強化すべく、試合序盤の耐久力と終盤のダメージを高めました。

基本ステータス

体力 518 550
レベルアップごとの体力 87 90

R - フローズングレイブ

ダメージ反映率 魔力×0.6 魔力×0.75

ルシアン

Rのダメージが高スキルレベルで増加。

ルシアンは序~中盤こそ良い感じなのですが、終盤戦のパフォーマンスはイマイチと言わざるを得ません。終盤戦で役立たずになってしまわないよう、アルティメットスキルを強化することにしました。

R - 二挺掃射

基本ダメージ 1発ごとに20/35/50 1発ごとに20/40/60

マルファイト

Qのスロウ効果が上昇。Wのなぎ払いの基本ダメージが増加。

パッチ9.14におけるマルファイトのアップデートは“中程度の強化”を意図していたのですが、少し慎重になりすぎたようで、結果としてはパワー不足を招いてしまいました。そこでバグ修正とともに、パワーの補填を行いたいと思います。

Q - サイズミックシャード

スロウ効果 15/20/25/30/35% 20/25/30/35/40%

W - サンダークラップ

なぎ払いの基本ダメージ 20/35/50/65/80 30/45/60/75/90
バグ修正 なぎ払いのダメージで、「ハンタータリスマン」の効果が正常に発動するようになりました

R - アンストッパブル・フォース

バグ修正 最大射程外の地点を指定して発動した場合、最も近い最大射程上の地点に向けて発動するよう修正しました

ポッピー

Wの増加移動速度が上昇。

9.14での変更はパワー変動を意図したものではなかったのですが、結果としてソロキューにおけるポッピーのパフォーマンスは低下してしまいました。そこで、多少の強化を行うことにしました。

W - ステッドファスト

増加移動速度 35% 40%

キヤナ

Eが射程外の対象にダメージを与えないように。Rのクールダウンがスキルレベルに応じて変化するように。ランダムミッドの体力パックから「氷の力」を得られるように。

対象がフラッシュやダッシュで離脱した際に、Eの射程がより正確に算出されるよう調整しました――この変更後は、「E - 俊烈」を使用した時点で対象が射程内にいたとしても、攻撃ヒット時に射程外へと移動していた場合は、その見た目通りダメージを与えられなくなります。また、プレイヤーがキヤナの扱い方に習熟してきた点を考慮して、Rのクールダウンをより標準的な数値に変更します。

W - 大地の力

ランダムミッドにおける「氷の力」 ハウリングアビスでは体力パックから「氷の力」を得られるようになります。

E - 俊烈

ダメージの有効射程 対象がダッシュ終了時に射程250以内にいた場合のみ、ダメージを与えるようになりました(相手はダッシュや「フラッシュ」によって、「俊烈」のダメージを回避できるようになりました)

R - 天賦絢爛

クールダウン 100秒 120/100/80秒

ランブル

Wのシールド量が減少。

現状、ランブルの序盤におけるダメージ軽減能力は高すぎると言えるでしょう。

W - ジャンクシールド

基本シールド量 100/130/160/190/220 80/110/140/170/200
「デンジャーゾーン」時の基本シールド量 150/195/240/285/330 120/165/210/255/300

ソラカ

Qのダメージが増加。

ソラカは現状、ほかのエンチャンター(味方を回復したりして支援するタイプのサポート)と比べて弱いと言わざるを得ません。そこで、Qのクールダウンが延長された点を考慮し、取り上げたダメージを少し戻すことにしました。

Q - 星のささやき

基本ダメージ 60/95/130/165/200 75/110/145/180/215

R - 星に願いを

バグ修正 ソラカがその詠唱中に倒された場合、R - 星に願いをは正しくクールダウンに入るようになりました

スウェイン

Qの射程をパッチ9.14以前に巻き戻し。

“射程ギリギリでEを決めた場合、スネアした相手を引き寄せてもQが届かない”という悲しいケースが多発していたため、Qの射程を元に戻すことにしました。

Q - 死の手

稲妻の射程 625 725

シンドラ

Rのスフィア1個あたりのダメージが高スキルレベルで増加。

試合が進行するにつれ、シンドラが敵をアルティメットスキルの射程内へと収めるのは難しくなっていきます。そこで、試合終盤に優先目標へと近付けた際のリターンを高めることにしました。

R - 魔力の奔流

スフィア1個あたりの基本ダメージ 90/135/180 90/140/190

ヴェイン

Eで対象を壁に打ち付けた際のダメージが増加、ダメージが即座に発生するように。

Eによる“壁ドン”はヴェインのスキルの中でもっとも技量が必要となる要素ですので、成功時のリターンと手応えを増やしました。また、ラストヒットを狙う際にフラストレーションの要因となっていた問題も修正します――「E - パニッシュメント」のダメージは即座に適用されるようになり、それによって“ノックバック中のミニオンがタワーの攻撃で倒されてしまう”ということもなくなります。

E - パニッシュメント

壁衝突時のダメージ 「パニッシュメント」の100%のダメージ 「パニッシュメント」の150%のダメージ
ダメージ発生のタイミング 「パニッシュメント」のダメージはノックバック後ではなく、即座に発生するようになりました

ゼラス

Rの射程がスキルレベルにかかわらず一定に。

“長距離砲撃型メイジ”としての個性をさらに強調すべく、ゼラスのもっとも特徴的な能力――超長距離攻撃――を試合のより早い段階から利用できるようにしました。

R - アーケーンライト

射程 3200/4400/5600 5000

トップに戻る

勝利/敗北のロゴ

Macユーザーの皆さん、朗報です! もう対戦終了時に静止画の「勝利/敗北」のロゴが表示されることはありません。代わりに、MacとPC版両方で新しいアニメーション付きロゴがリリースされます。さらにこのロゴのアニメーションの品質は、ゲーム内の描画設定に応じて変化します。

トップに戻る

レガシーカーソルの削除

“いくら愛着のあるVHSビデオデッキであれ、いつまでも押入れに閉まっておくことはできない”のと同様に、かつての鋼の籠手を使用するオプションはゲームから削除されることとなりました。

トップに戻る

バグ修正

  • ドレイヴンがモルデカイザーのR - 死の国の中にいる際、強化されていない通常攻撃で正常にダメージを与えられるようになりました
  • ケインがその体に侵入している間に対象が倒された場合、R - 真影侵壊が正しくクールダウンに入るようになりました
  • ラックスがR - ファイナルスパークの詠唱中に倒された場合、クールダウンタイマーが正常に表示されるようになりました
  • ハウリングアビスとサモナーズリフトの川の中で、イレリアのE - 無欠の連舞とゾーイのE - スリープバブルが誤った位置に向けて発動されてしまう不具合を修正しました
  • ゼラスのQ - アルカノパルス、タリヤのE - アンレイベルアース、ジェイスのE - アクセルゲート、ジグスのE - ヘクステックマインの使用時に画面内外のキャラクターがカクつかせてしまうことはなくなりました
  • カタリナのE - 瞬歩が「電撃」と「フェイズラッシュ」の発動条件に正しくカウントされるようになり、モルデカイザーのR - 死の国の中でも発動できるようになりました
  • ミス・フォーチュンの固有スキル - ラブタップで「電撃」のスタックを追加で獲得できる不具合を修正しました
  • グラガスのE - ボディスラム+通常攻撃のコンボで獲得する「電撃」と「征服者」のスタック数がおかしくなっていた不具合を修正しました
  • ザヤの固有スキル - クリーンカットが通常攻撃の回数に応じて適切な数の「電撃」のスタックを付与するようになりました

トップに戻る

近日公開のスキンとクロマ

今回のパッチ期間中に、以下のスキンがリリースされます。高解像度のスプラッシュアートをリーグ・ディスプレイで手に入れましょう!

今回のパッチ期間中に、以下のクロマが公開されます。

トップに戻る


2 weeks ago

タグ付け: 
Patch Notes

関連コンテンツ