パッチノート 9.18

shio shoujo, Riot Aetherによる

パッチノート読者の皆さん、こんにちは――早速ですが、私と契約してくれませんか?

いよいよ今シーズンも佳境に入りました! 次のパッチ9.19はWorldsで使用されるパッチとなりますので、このパッチ9.18はあまり波風が立たないようにしながらも、年に一度の祭典をより楽しいものにするべく、ピックの多様性を高めるための変更を行っています。

“ピックの多様性を高める”という点で言えば、この1年を通して高いバン/ピック率を誇り続けたエイトロックスとアカリに関しては、メタを完全に支配してしまうことを防ぐため、今回も調整の対象としています。

それでは、2週間後にまたお会いしましょう――ああ、この宇宙のために死んでくれる気になったら、いつでも声をかけてくださいね。
Hanna “shio shoujo” Woo Paul "Aether" Perscheid

トップに戻る

パッチ・ハイライト



スターガーディアン ラカン、ザヤ、ゾーイ、ニーコ(プレステージエディション含む)は日本時間2019年9月13日に発売予定です。

トップに戻る

チャンピオン

エイトロックス

固有スキルの回復量が、ミニオン攻撃時は低下するように。Qのミニオンに対するダメージが低下、かつ固定値に。

エイトロックスは依然としてプロシーンでのピック率が非常に高いため、さらに弱体化を行うことにしました。今回対象となるのは、レーン戦終盤(チャンピオンレベル7~11あたり)におけるサステイン能力(体力回復能力、ひいては長くレーンに留まることができる能力を指します)とウェーブクリア能力です。これらに手を入れることにより、幅広いマッチアップに対応できる柔軟性、及びフレックスピック(複数のレーンを担当できるピックという意味です)としての汎用性を低下させられるはずです。

固有スキル - 死兆の構え

体力回復 対象の種類を問わず、与えた追加物理ダメージと同量の体力を回復 ミニオン攻撃時に与えたダメージの25%に相当する体力を回復(その他の対象を攻撃した際の回復量は変更なし)

Q - ダーキンブレード

ミニオンに対するダメージ 50%~100%(チャンピオンレベル1~18) チャンピオンレベルにかかわらず40%

アカリ

Rのクールダウンが低スキルレベルで延長。Rの1発目のスタンを削除。Rの2発目の最大基本ダメージが低スキルレベルで低下。

エイトロックスと同様、プロシーンにおけるアカリのバン/ピック率の高さを考慮して、(Rのスキルレベルが2になる)レベル11でのパワースパイク到達以前の強さを抑えることを目的とした調整を行いました。Rの1発目のスタンを削除することで、カウンタープレイの余地が増え、さらには彼女と対面し得るチャンピオンの数も増えるはずです。長期的な観点から見た場合、この変更はアカリをバランス調整するうえでの一助となってくれることでしょう。

R - 完遂

削除Rの1発目のスタン 敵を0.5秒間スタンさせることはなくなりました
Rの2発目の最大ダメージ 255/450/645(+魔力×0.9) 195/420/645(+魔力×0.9)
クールダウン 120/110/100秒 160/130/100秒

アニー

Eで徐々に減少する増加移動速度を獲得するように、ダメージ軽減率が低下、クールダウンが延長。

アニー単独でのプレイメイク能力向上を目的として、Eにレーン戦で役立つ新たな効果を追加することにしました。

E - モルテンシールド

NEW増加移動速度 1.5秒かけて減衰する増加移動速度25%(+チャンピオンレベル×1.5%)を付与するようになりました
ダメージ軽減率 16/22/28/34/40% 10/13/16/19/22%
クールダウン スキルレベルにかかわらず10秒 スキルレベルにかかわらず15秒

オレリオン・ソル

基本体力が増加。

パッチ9.17における変更のフォローアップとして、レーン戦序盤で対抗手段を取られやすくなったことをカバーする若干の調整を行いました。

基本ステータス

体力 510 575

ケイトリン

基本攻撃力が上昇。

スケーリング性能(ここでは“試合終盤に向けての成長具合”を指します)に依存している対戦相手の頭を押さえ付けやすくなるよう、レーン戦序盤でのパワーを高めることにしました。

基本ステータス

基本攻撃力 60 62

エコー

Wのマナコストが低下、スタンの効果時間を延長。

パッチ9.16にてエコーを強化しましたが、残念ながら思ったほどの効果は上がりませんでした。そこで今回は、スキルのマナコスト低下、及び正しく運用した際のリターンを増やし、より攻撃的なプレイスタイルを後押しすることにしました。

W - パラレルトラップ

マナコスト 50/55/60/65/70マナ 30/35/40/45/50マナ
スタン効果時間 1.75秒 2.25秒

イブリン

Rの強化時のダメージ増加率および最大ダメージが上昇。

イブリンは現状、弱すぎるというほどではありません──とはいえ敵の体力が“確殺ライン”以下になった際には、もっと確実にキルを取ることができても良いはずです。

R - ラストカレス

強化時ダメージ増加率 残り体力が最大体力の30%以下の対象に対して100% 残り体力が最大体力の30%以下の対象に対して140%
強化時ダメージ 250/500/750(+魔力×1.5) 300/600/900(+魔力×1.8)

ジン

基本攻撃力が上昇。

スケーリング依存度の高い相手をこれまで以上にいじめ抜けるよう、若干のパワー向上を図りました。

基本ステータス

基本攻撃力 57 59

カイ=サ

Eの増加攻撃速度が高スキルレベルで低下。

カイ=サの与ダメージ能力の安定性を低下させることで、迫りくる敵を順番に倒していくプレイスタイルから、優先して倒すべき敵の暗殺を狙うプレイスタイルへとシフトさせたいと考えました。

E - スーパーチャージ

増加攻撃速度 40/50/60/70/80% 40/45/50/55/60%

ケイル

Eの自動効果による基本追加ダメージが増加。

パッチ9.17でケイルに行った変更は良好なようですが、本来意図していたよりも若干弱くなってしまいました。今回Eの自動効果による追加ダメージを強化し、試合全体を通して通常攻撃を活かせるようにします。

E - 星炎の刃

自動効果による基本追加ダメージ 10/15/20/25/30 15/20/25/30/35

リー・シン

基本体力、基本攻撃力が上昇。Rのダメージが増加。

序盤に築いた有利をもっと活かしやすくするため、アルティメットスキルを強化しました。

基本ステータス

体力 570.8 575
基本攻撃力 69.2 70

R - 龍の怒り

基本ダメージ 150/375/600 175/400/625

ミス・フォーチュン

Eのスロウ効果が低スキルレベルで上昇。

費用対効果で考えた場合、スキルレベル1のEは使う価値がほとんどありませんでした――そこで、低スキルレベル帯における効果を強化することにしました。

E - レイニングバレット

スロウ効果 28/36/44/52/60% 40/45/50/55/60%

ヌヌ&ウィルンプ

基本ステータスが低下。Eのスロウ効果はスキルレベルに応じて上昇するように。

ヌヌ&ウィルンプコンビの雪だるま転がしは、少々精度が高すぎたようです……。そんなわけで、序盤のギャンク性能を若干低下させるとともに、防御力の伸びを抑えることで“ある時点からまったくダメージが通らなくなる”ことがないようにしました。

基本ステータス

レベルアップごとの体力 90 82
レベルアップごとの基本物理防御 3.5 3
マナ 283.56 280
マナ自動回復 7.44 7

E - 雪玉連射

スロウ効果 50% 30/35/40/45/50%

ティーモ

QとWの使用感を改善。Rのキノコのチャージ数を増加、無限にバウンドするように。

これらの変更により、調整の荒かった部分が修正されるはずです。また、試合終盤におけるキノコの有用性も高めています。

Q - 目つぶしダーツ

なんだか眩暈が…… ティーモのQのブラインド効果を受けているプレイヤーは画面の端が緑色に光るようになりました

W - 駆け足!

スクショとってくれた? 「駆け足!」のスキルアイコンの上に残り効果時間を示すバーが表示されるようになりました

R - 毒キノコ

ご賞味あれ 特に敵がキノコの上を素早くダッシュで通過した際などに、キノコがより早く発動するようになりました
カニさん、お行き 戦闘中でない場合にキノコがリフトスカトルに反応して発動することはなくなりました
カエルぴょこぴょこ キノコは他のキノコの上に置かれた場合 1回だけバウンド 飛んだ先にキノコがあり続ける限り無限にバウンド
最大チャージ数 スキルレベルにかかわらず最大3個 スキルレベルに応じて最大3/4/5個

ワーウィック

Wでマーキングされた敵を攻撃する際に正しく攻撃速度が増加するように。

バグ修正ではあるものの、これによってワーウィックは大きく強化されるため、バグ修正一覧ではなくこちらに記載することにしました。

W - 血の追跡

バグ修正 「血の追跡」が適用された(マーキングされた)敵を攻撃する際に正しく攻撃速度が増加しないことがある不具合を修正しました

ザヤ

基本物理防御が減少。Rのクールダウンが延長。

ハイレベルな試合において、ザヤはそのダメージ性能と試合序盤での逃げ性能の高さ故に、非常に安全かつ信頼性の高いピックとなっています。この2つの利点のうち、後者の弱体化を図ることで、ほかのADCと比較した際の“ザヤならではのリスク”を明確化することにしました。

基本ステータス

基本物理防御 28 25

R - フェザーストーム

クールダウン 140/125/110秒 160/145/130秒

ゾーイ

固有スキルのダメージが上昇。

現在、ゾーイのレーン戦序盤でのパワーは意図していたよりも低くなってしまっています。そこで、その瞬間火力をさらに高めてしまうことがないような形で強化を施すことにしました。

固有スキル - スパークル!

追加魔法ダメージ 10/12/16/20/24/28/34/40/46/
52/60/68/76/84/94/104/114/124
16/20/24/28/32/36/42/48/54/
60/66/74/82/90/100/110/120/130

トップに戻る

ビデオ補助機能オプション

ゲーム内設定のビデオ項目に新たなオプションが追加されました。これらのオプションは、それを必要とする人たちにとって、ゲームをより快適にしたり、あるいはプレイするうえでなくてはならないものです。補助機能については将来的にさらに増やしていきたいと考えていますので、機能を使ってみてのご感想や、ほかに追加してほしい機能などについて、どしどしご要望をお寄せください。
画面の揺れを有効にする デフォルトではオンになっていますが、オフにするとパルスファイア エズリアルのリコールやオーンのアルティメットスキルなどで発生する画面の揺れを無効化できます。
ビジュアルスライダー 色のレベル、ガンマ値、明度、コントラスト値などを調整できます。これらのオプションはユーザーインターフェースを除く、ゲーム全体の見た目を変化させるものであり、手軽にゲーム内のビジュアルの差異を目立たなくしたり、逆に際立たせたりすることができます。

トップに戻る

バグ修正

  • ジェイスのE - アクセルゲートを自身の真上で発動すると正しく機能しない不具合を修正しました
  • パンテオンのR - 偉大なる星路をピンすると、スキルの射程内にいる敵をチームメイトに知らせることができるようになりました
  • キンドレッドの周囲を狼が回っている際、実際には機能していない追加の視界を確保してしまう不具合を修正しました
  • 固有時停止効果中のチャンピオンが、効果中に動いてしまうことがある不具合を修正しました
  • タム・ケンチが敵の攻撃を受けるとR - 船旅に乗ろうとしている味方が動けなくなることがある不具合を修正しました
  • W - びっくり箱でフィアー効果を与えた直後に敵が倒された場合、シャコがアシストを獲得できない不具合を修正しました
  • ダイアナのE - 崩月のスキルレベルを上げても固有スキル - 繊月の刃のツールチップが正しく更新されない不具合を修正しました
  • ジンクスのE - パックンチョッパー!の上をアカリがR - 完遂で通過した場合、アカリが移動妨害効果を受けない不具合を修正しました
  • タリヤが「加工された地面」の範囲外に出た際、Q - スレッドボレー発動時に通常のマナコストを消費しない不具合を修正しました
  • イラオイがスネア効果を受けていてもW - 過酷なる教訓を使用すると短い距離をダッシュできてしまう不具合を修正しました
  • バードのミィプによる扇状攻撃でスペルシールドを破壊できない不具合を修正しました
  • カーサスが固有スキル - 怨嗟の叫びの効果中にW - 嘆きの壁で壁の周囲の視界を得られない不具合を修正しました

トップに戻る

近日公開のスキンとクロマ

今回のパッチで、以下のスキンがリリースされます。高解像度のスプラッシュアートをリーグ・ディスプレイで手に入れましょう!

トップに戻る


1 week ago

タグ付け: 
Patch Notes

関連コンテンツ